サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. タカラヅカという夢 1914〜2014 100th

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

タカラヅカという夢 1914〜2014 100th
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/15
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:19cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7872-7348-2
  • 国内送料無料

紙の本

タカラヅカという夢 1914〜2014 100th

著者 津金澤 聰廣 (編著),田畑 きよ子 (編著),名取 千里 (編著)

宝塚歌劇は、なぜ百年の時を刻むことができたのか。小林一三の教育観・興行観を反映した音楽学校の創設、新たな試みに挑戦して発展した戦前、戦中−戦後の実像、OGインタビューなど...

もっと見る

タカラヅカという夢 1914〜2014 100th

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宝塚歌劇は、なぜ百年の時を刻むことができたのか。小林一三の教育観・興行観を反映した音楽学校の創設、新たな試みに挑戦して発展した戦前、戦中−戦後の実像、OGインタビューなどを通して、タカラヅカの魅力に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

小林一三の教育観・興行観を反映した音楽学校の創設、新たな試みに挑戦して発展した戦前、戦中―戦後の実像、歌舞伎との比較、OGインタビューなどをとおして、100年の美麗な夢の世界をより深く味わい、その歩みの先にある輝かしい未来を豊かに照らす。
【商品解説】

目次

  • 凡例
  • はじめに 津金澤聰廣
  • 第1部 始まりはここから――宝塚音楽学校という装置
  • 第1章 宝塚音楽歌劇学校校長・小林一三――その教育観と危機管理を中心に 津金澤聰廣
  •  1 学校の目的は技芸の向上、品性の陶冶
  •  2 小林一三の学校経営における恋愛観、結婚観、女性観
  •  3 父兄の注文と生徒自治による協和会

収録作品一覧

宝塚音楽歌劇学校校長・小林一三 津金澤聰廣 著 18−40
宝塚音楽舞踊学校校長・森隼三 貫田優子 著 41−62
宝塚女子青年会について 松本佳子 著 63−79

著者紹介

津金澤 聰廣

略歴
〈津金澤聰廣〉1932年群馬県生まれ。関西学院大学名誉教授。専攻はメディア史、文化社会学。
〈田畑きよ子〉1945年兵庫県生まれ。元阪急文化財団池田文庫司書・学芸員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/27 22:11

投稿元:ブクログ

論文集。私にとっては、知らなかったことや新たな観点に気づかされたりと、ためになった文章が多かったです(竹内平吉の来歴や戦争前後の劇場公演についてなど。ただ、逆に、一定の水準をクリアしていないものもあった。1次資料にあたっていないことが丸わかり、そのうえ、事実誤認を多く含んでいるとか)。戯曲にせよ上演にせよ、作品の分析を行っている論文がほとんどないのは、物足りない感じです。これは個別の筆者の問題ではなく、編集方針の問題だと思いますが。