サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. 大事なことなので、二度。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大事なことなので、二度。(GUSH COMICS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2014/05/10
  • 出版社: 海王社
  • レーベル: GUSH COMICS
  • ISBN:978-4-7964-0567-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

大事なことなので、二度。 (KAIOHSHA COMICS GUSH COMICS)

著者 黒岩 チハヤ

大事なことなので、二度。 (KAIOHSHA COMICS GUSH COMICS)

670(税込)

大事なことなので、二度。(11)

54 (税込)

大事なことなので、二度。(11)

ポイント :0pt / 紙の本より616おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

大事なことなので、二度。(10)

54 (税込)

大事なことなので、二度。(10)

ポイント :0pt / 紙の本より616おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

大事なことなので、二度。(9)

54 (税込)

大事なことなので、二度。(9)

ポイント :0pt / 紙の本より616おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS BS Reader 無制限
Android BS Reader 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

ジャケが気に入った!

2016/01/26 19:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jelly - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の近付いてるふたりが良い感じだったんで気に入って購入。

ノンケ攻xゲイ受の親友同士!
攻がバカっていうか鈍感っていうか空気読めないって感じ。フラれ続ける攻だけど、受に気が向き始めー。
ちょっとだけ惜しいのは、カツラ被っただけでバレないと思ってる受が…(笑)

もう1作はゲイ社長受と派遣社員の攻の話。
特に印象に残ったインパクトはなかったけど、さらさらと読みやすかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

攻めのデリカシー…

2017/03/31 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵がきれい。
受けが健気すぎてぐるぐるしてるし、攻めはデリカシーと思いました。
お互い付き合った相手と長続きしないのは、一番大切な相手がお互いだからということにさっさと気づけと忠告したかったです。
もう1つのお話の社長も可愛いかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/26 22:44

投稿元:ブクログ

★3.2
腐男子くんが面白かったから他のも読みたくて買ったけどこれは好みじゃなかった。話やキャラ設定が地雷に近くてダメ。絵はキレイで好きなのに残念。

2014/05/11 01:03

投稿元:ブクログ

黒岩チハヤさん、二冊目の読了。絵が綺麗で好きなんだけど、この話ツッコミどころ満載だな…。
友達同士で方やノーマルの竜二、方やゲイの友也は学生時代からの親友で、お互いが失恋すると慰めあう仲。そこからどうBL的進展で楽しめるかが重要だと思うんだけど、友也に対して中途半端に手を出す竜二が最低な気がするし、初エッチが「そんなんで良いんか!」と怒鳴り込みたくなるような展開で…これは好みの問題なのかな?
なんかモヤモヤして仕方ない読後感(#・∀・)なし崩し的な流れの方がリアリティあるのかしら?でも恋人になってからセックスを我慢して、お泊まりの最中にトイレでオ⭕ニーとかも意味がわからない。倫理的に、我慢はくっつく前にした方が良かったよね!

収録作もイマイチで残念。受が亡くなった父親の跡を継いで社長になったのは良いけど、圧力がなくなった開放感からのイメチェン、変わりすぎて変身というより別人★
話は悪くない…というか王道な「貴方好みになってみました♪」って感じだけど、話の進め方がテンポ良くない印象。もっとキュンっなりそうなのに勿体なかった。

2015/05/30 14:06

投稿元:ブクログ

絵が綺麗。攻めも受けも色っぽい。でも帯に書いてあるほど攻めのダメリーマン感は無かったのでクズ攻め好きとしてはちょっと違った。幼馴染がようやく恋心に気づくって感じのお話し。

2014/07/05 00:21

投稿元:ブクログ

表紙が素敵で、好みの絵柄だったので購入しました。
更にノンケ×ゲイは大好物なので、大期待。

そうなんですよ。表紙の絵はとても綺麗で好みなんですが、現代物で男性がピアスしているのが理由なく不得手なので「ん?」と思い、更に未だ面白いくらい自分と合わない出版元、と不安要素はあったのですが、例外だってあるさ!と思ったのですが、例外ではなかったようです。とほほ。

あらすじにもあったのですが、とにかく攻めがダメでした。空気が読めないけれど憎めないヤツではなくて、ただの空気が読めないデリカシーのない男でした。これはあかん。
時々いい事云ってたりしてたりしてるのに、全般的にデリカシーがないので台無しです。勿体ない。
もっと普通の子で良かった気がするんですが。
あと、化粧していた話、アレ女装だったのでしょうか?
何かとてつもなく中途半端だったような。

絵はとても綺麗だったので、同じ作者さんの他の出版社の本も読んでみたいと思います!
何だか私だけのマーフィーの法則っぽいので(笑)

2014/08/19 03:23

投稿元:ブクログ

“ダメリーマン×不憫で健気なバーテンダーのアダルトラブ!”

…って、全然ダメリーマンじゃなかったよ!!?
むしろ仕事一生懸命だし受けにめっちゃ気ぃ回してるし普通にイイ奴じゃね攻め男!!??

二人の優しくて切ない両片想いが素敵な一冊でした。
黒岩先生初めて読んだんですが、絵(特に表情)うますぎてびっくりしたわ…たまらん……

GUSHコミックス ランキング

GUSHコミックスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む