サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 君と僕。 14 (ガンガンコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

君と僕。 14 (ガンガンコミックス)(ガンガンコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

君と僕。 14 (ガンガンコミックス)

著者 堀田 きいち (著)

最後の夏がはじまる。 高校生活最後の夏休みを迎えた5人。センチメンタルな状況とは裏腹に「高3の夏」は補習に課題に忙しく…?子どもでいられるのもあと少し、ちょっと切な...

もっと見る

君と僕。 14 (ガンガンコミックス)

453(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

君と僕。 14巻

453(税込)

君と僕。 14巻

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「君と僕。 14 (ガンガンコミックス)」が含まれるセット商品

商品説明

最後の夏がはじまる。 高校生活最後の夏休みを迎えた5人。センチメンタルな状況とは裏腹に「高3の夏」は補習に課題に忙しく…?子どもでいられるのもあと少し、ちょっと切ない夏のはじまり、14巻!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

君と僕

2016/08/31 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほたる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆうきの金魚の話が好き。金魚の名前w春君の家族がさらにでてきます!ちょっと予想とは違った家族構成でした。最近ゆうたの出番多い気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/31 22:45

投稿元:ブクログ

なんでもない毎日、でもかけがえない綺羅綺羅。人を好きになるって難しいけど幸せ。
このお馬鹿ダンシーズが大学と言う岐路が分かれた時どんな風になっていくか判らないけど、きっと数年ぶりに出逢ってもすぐこのノリになれるであろう。
そして要パパはもっと愛されても良い。

2014/05/27 19:08

投稿元:ブクログ

もう、ゆうたんにめろめろであかんです。千鶴くんとぎくしゃくしちゃう感じ、わかります。まぶしいんですよね。相変わらず、どの話も頬がゆるむ感じで、読み終わってほうっとため息がでました。最後の千鶴くんとおばあちゃんの話、すごく良かったです。

2014/06/03 23:35

投稿元:ブクログ

ゆうきはお父さんに対してだと男の子!な口調になるんだね。日焼けの描き方、ゆうたの照れた顔、千鶴の切ない表情、すべて素敵でした。

2014/06/06 21:15

投稿元:ブクログ

相変わらずほのかなBL臭を漂わせまくっている漫画だぜ…。
でもこの漫画、私より弟(高校生)のがハマっている。ちなみに弟の感想は「春ちゃんが男らしくチューチューアイス割ってたよ」でした。そこか。
あとおばあちゃんの話は!泣いてしまうから!やめて!よかったです!

2014/12/23 16:31

投稿元:ブクログ

祐希と悠太の兄弟話は相変わらずいいなぁ。
お兄ちゃんかっこいい。

あとは何と言っても勇ましい春ちゃん(笑)
春ちゃん家族の話も良かったなー。
兄弟で四季を一周する名前って憧れだったからなんかニヤニヤしてしまった。

2014/05/31 22:16

投稿元:ブクログ

一番良かったのは千鶴君とおばあちゃんの話。
同じようなことを、自分も感じたことがあるから。そして、千鶴の良さがとても出ていた話でした。

2014/06/06 00:33

投稿元:ブクログ

高校生の夏って「とても輝いていたのかもしれない」と不思議と懐かしい気持ちになりました。夏休みに行く学校はいつもと違う雰囲気で、遠くに見える陽炎には追い付けなくて、お祭りの屋台の食べ物は特別な物に見えたり、おばあちゃんちの縁側はなんだか落ち着くし、きらきら輝く花火は夏の象徴に見えたり。大人になるとあまり深く感じなくなるかもしれない事が、1つ1つ特別な感情で埋まっていく気がします。もう学生ではないけれど、今年の夏は「感じる夏」にしたい。
個人的に、祐希くんとお父さんの話が特に印象に残っています。

2014/09/24 23:17

投稿元:ブクログ

千鶴〜〜〜
泣かせるぜぇこやつ〜〜〜

14巻は千鶴の、双子の、春ちゃんの、それぞれお家での様子が描かれていて、みんな友達同士では見えてこない表情が見れてとても良かった

とくに千鶴とおばあちゃんのお話しはとっても素敵

あとたまにショタ

2014/10/30 21:48

投稿元:ブクログ

家族に触れた話が多かった14巻でしたね。千鶴とお婆ちゃんの物語はじーんとするお話でヤバかったです。ちずる〜〜〜〜〜ほんと良い奴。
成長して失うものもあれば、得るものもある。大きくなることで知るものもある。当たり前に居た存在が、より大切な存在へと変わることもある。
高校生活ももうすぐ終わりを告げますが飛び立つ彼らをちゃんと見届けたい気持ちがより強くなってきました。千鶴は卒業出来るのか危うそうだけど(笑)
あと、普段学校では見られない意外な一面にはニヤニヤしてしまいました。

2014/06/02 18:53

投稿元:ブクログ

Scene62 夏色
Scene63 goodnight goodnight
Scene64 キミハトモダチ
Scene65 おとうさんといっしょ
Scene66 夢みる金魚
Scene67 short film
Scene68 めがねがね。
Scene69 光

まずは表紙。やはり浅羽兄弟は映えますね。目の保養(笑)

全体的に家族の話が多かった14巻。祐希とお父さんの話はほっこりしたし、春ちゃん家の話は春ちゃんの意外な一面を垣間見、千鶴とおばあちゃんの話は切なくなりました。
個人的には『キミハトモダチ』の話が1番好きです。悠太をも振り回してしまう千鶴の底力を感じました(笑)
おそらく幼馴染四人組は、千鶴に出会うことがなければなんの変哲もない平凡な高校時代を過ごしたのではないでしょうか。それがいけないことではないけれど、きっと後に思い出す高校時代はどこか味気ない。けれど、千鶴と出会って、千鶴に振り回された高校生活はきっと思い出すたびに、千鶴のキラキラな髪のように輝いてるんじゃないかな?
などと、千鶴の株が一気にあがったのが14巻でしたw

個人的には、千鶴、小学校の先生とか向いてるんじゃないかなー?あ、学力的に、ムリ、か、

2014/06/18 19:28

投稿元:ブクログ

相変わらず、良い!

最近家族ネタ多いですね。思春期ならではの家族との
やりとりが可愛らしくて切ないです!
この巻では一番何も考えてなさそうな千鶴の
様々な顔が見ることができて思う存分「千鶴充」できます♪

2014/06/08 01:37

投稿元:ブクログ

高校三年生の最後の夏。高校生の終わり、つまり最終巻に近づいていってるのかなと思うと本を開くのが少し辛くなりましたがそれでも楽しみには勝てず読み進めると、個々の私生活にクローズアップした話しが多くて物語の中での時間はそこまで進まず(よかった…)、5人の夏休みをゆっくりたっぷり楽しませて頂きました。
主人公5人の高校生活を覗き見るのはとても楽しいです。私も同じ高校三年生ですが、この5人を見ていると私も高校生活をもっと楽しみたくなります。歳をとって高校生活を振り返った時、この5人みたいに小さな事で笑って騒いで楽しんでたな〜と思い返せるように。
浅羽家族の話しも、千鶴とおばあちゃんの話しも、ほんとに全てのお話が素敵で面白かったです。家族の登場が多かったですね^ ^
千鶴の「ほら、」にはキュンときました。
安定の面白さと可愛さと感動のつまった14巻でした。

2014/06/21 20:53

投稿元:ブクログ

千鶴とおばあちゃんの話にしんみりしちゃった。悠太くんと高橋さんが未だに意識し合ってて可愛い、とか。松下くん、祐希に夢見すぎwwwとか、千鶴が広太くんにとっていいお兄ちゃんだったり、悠太の千鶴に対する苦手意識が徐々に薄れていく様(まだまだ??)だったり、浅羽兄弟と浅羽父との関係だったり、意外に勇ましい春ちゃんと、相変わらず面白いコントを繰り広げてくれる要くんと千鶴くん、そして、要くんと東先生の優しい空気感。君僕はこのあたたかさが大好きです。

2016/09/26 09:20

投稿元:ブクログ

千鶴は余り好きなキャラじゃないんだけど、おばあちゃんとの話はズルい!

あれは、ほろっと来てしまう

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む