サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

もじ笑う
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/17
  • 出版社: 芸術新聞社
  • サイズ:20cm/186p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87586-401-1
  • 国内送料無料

紙の本

もじ笑う

著者 石田 千 (著)

日常のさまざまな出来事をみつめ、活字や町の看板がほほえむ瞬間を描き出す。書道雑誌『墨』の好評連載に書き下ろしを加えた待望の書籍化。【「BOOK」データベースの商品解説】文...

もっと見る

もじ笑う

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日常のさまざまな出来事をみつめ、活字や町の看板がほほえむ瞬間を描き出す。書道雑誌『墨』の好評連載に書き下ろしを加えた待望の書籍化。【「BOOK」データベースの商品解説】

文字とからだ、文字とこころ。手書きだいこん、万年筆、きょうのピリオド…。日常のさまざまな出来事をみつめ、活字や町の看板がほほえむ瞬間を描き出す。書道雑誌『墨』連載に書き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石田 千

略歴
〈石田千〉1968年福島県生まれ。國學院大學文学部卒業。「大踏切書店のこと」で第1回古本小説大賞を受賞。他の著書に「きなりの雲」「バスを待って」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/15 08:46

投稿元:ブクログ

言葉選び、漢字かひらがなかの文字選び、言い回しにこだわり、個性が感じられる。言葉が多すぎる。読み慣れないと読みにくい。身の回りを文字視点で見渡すとおもしろそうだ。

2014/11/17 19:20

投稿元:ブクログ

『あたらしく生まれたことば、外国のことば。あふれかえり、出むかえの場にあらわれる。ただしく読み、書いて覚える。けれども声に出し、まる飲みするとき、カタカナが背負いつづける景色を、死んでしまった星ほどにと思い出さない』ー『レストラーソ』

石田千の視線は遠くに向けられることがない。遠くを思うのはいつも決まって心のまなざし。目の前に見えているものは、いつもほんの少しピンぼけ。足下の小さなものたちに向ける視線は、たおやかで確かなものだけれど、すぐにもとの場所に戻ろうとする。内省はいつまにか、穏やかな憤りとなったり、堪えた後の悲哀となったり、自分の感情の起伏の描写となる。見えているものは見ているもの。客観と主観は容易に入れ代わる。そのナルシシズムのような言葉の響きが、何故か心地好い。

言葉を尽くせば遠ざかり、言葉を省けば響き合う。重なり合ったと思った相手は、まぼろしのように、触れることも出来ず、すれ違う。どこまで行っても、頭の中はひとりきり。ひとりがさみしいと幾ら嘆いても、触れ合う相手がすぐそばに居ても、その事実は変えられない。そんなひとりの潔さが、幾ばくかの未練を残しつつ表現される、それが、石田千の魅力のひとつ。

『厭世隠遁を決意した西行も、死を覚悟で旅に出た芭蕉も、文字を残すことはやめられなかった。いまの世なら、むしろ雑踏のなかにこそ、孤独と静寂がある。なにが美しいか、なにが善いかは、ひとりもおなじではない。その健やかな別べつは、天からあたえられたもっとも豊かな贈りものと思う』ー『夏の手紙』

そう言い切ってみたとしても、それで心のなかが全てきれいに片づく訳でもなし。また明日になれば、人恋しくて、いそいそと夕方の湿り気の中に紛れにゆく。いつもの角を曲がりながら、見知らぬ街角に迷いこむことを、夢想して。その刹那的な生きざまの価値観を、拡大鏡でじっくり見つめれば、さっきまでのよるべなさは霧散する。その繰り返し。寂しくなって、じたばたと足掻いて、これで善いのだと達観して、その解脱したような思いを書き留める。言葉が、何かを定着してくれると信じて。でも書き留めた言葉の寿命も覚悟する。そんなひりひりとした思いを、イノセントに、だが、しなやかに辿る石田千の、不思議な艶やかさを思う。

2014/09/20 06:07

投稿元:ブクログ

常にとても丁寧な言葉を書く著者が、文字を題材に綴るエッセイ。滋味掬すべし。著書を読む度、日本という国が持っていた美しい部分の名残を感じる。

2014/09/15 08:23

投稿元:ブクログ

さらさらっと読むと、
時々頭に入ってこないところがあるけれど、
この文章が好き
リズムや言葉遣いが気に入っている

小説とはちがって、
勝手な想像だけど、
石田さんのお人柄を感じる気がする

読むとほっとするので、
おやすみ前に毎日少しずつ読んだ

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む