サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

葉隠物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/04
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:15cm/422p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-28034-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

葉隠物語 (日経文芸文庫)

著者 安部 龍太郎 (著)

理不尽な理由で牢人を命じられた祐筆・田代陣基。武士の気概を示すため切腹を決意するが、先々代藩主に仕えた「曲者」、山本常朝に武士の生き方を説かれ、衝撃を受ける。いかに生きる...

もっと見る

葉隠物語 (日経文芸文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

理不尽な理由で牢人を命じられた祐筆・田代陣基。武士の気概を示すため切腹を決意するが、先々代藩主に仕えた「曲者」、山本常朝に武士の生き方を説かれ、衝撃を受ける。いかに生きるか、いかに死ぬか。常朝が語る「真の武士道」とは―。佐賀鍋島藩藩主三代と家臣たちの壮絶な「命がけの言行録」。【「BOOK」データベースの商品解説】

今、命を懸けて信義を貫くとはどういうことか。佐賀鍋島藩三代と家臣たちの命懸けの言行録である「葉隠」。その誕生の背景と現場を描いた物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/04 18:59

投稿元:ブクログ

全1巻。
「武士道とは死ぬ事と見つけたり」で有名な葉隠を
葉隠を生んだ鍋島藩の歴史的エピソードとともに紹介した物語。

物語ではあるけれど、
解説書って印象の方が強かった。
頭書きに葉隠の一説を引用し、
それに関連したエピソードを紹介って形で
時系列にそって一話完結で進む。

葉隠を生んだ土壌の理解にはなるけど、
物語に引き込まれて血沸き肉踊る〜ではなかった。
個人的には。

なかなか「これは好き!」ってのに出会わんなあ。
安倍先生は。

2014/08/10 11:29

投稿元:ブクログ

一度挫折した本だったが、改めて読み始めるとするすると入ってきた。

鍋島藩の藩主となった三人、直茂、勝茂、光茂の生き方を追いながら、武士とは何かを問いかける一冊。

三人の異なった美点が、時代と共に上手く回ってゆく様も面白いが、光茂に仕えた常朝が何を考えて陣基に『葉隠』を編ませたかまで辿り着くと、ただの物語には収まらない唸りが生じると思う。

「武士道と云ふは、死ぬことと見つけたり」

然しながら、それは死ぬことを良しとする言葉ではない。

直茂は、「死にさえすれば面目が立つと思うのは、心得ちがいもはなはだしい」と、十八人の殉死に対して憤りを見せる。

時を経て、書庫の近くで火を出すという失態を犯し、沙汰を待つ前に自害してしまった五郎左衛門に対しても、「不覚悟」だと咎められる。

死ぬことへの「覚悟」とは、常日頃、「ありとあらゆる場面を想定し、いつ命が終わっても構わないと覚悟を定める」ことである。

しかし、だからこそ、「より良く生きる」ことへの思いも強固なものとなる。

死ぬことを前に、生きることを重んずる。

それを人を介して伝えられることの強さに敵わないと感じた。

改めて、新渡戸稲造の『武士道』を読み返したくなった。

2014/05/03 05:27

投稿元:ブクログ

葉隠を書いた山本常朝の一生涯。どんな立場であれ私心なく上司のためだけに行動するための心構えを書いている。現代人にも通用する。素晴らしい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む