サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 死んでいるかしら

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死んでいるかしら
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/04
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:15cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-28033-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

死んでいるかしら (日経文芸文庫)

著者 柴田 元幸 (著)

『生半可な學者』で講談社エッセイ賞も受賞した名手の作品を初の文庫化。レストランにおける食べ方の美学、消しゴムの自己実現と自己消滅、文庫本とラーメンの知られざる相似性。―世...

もっと見る

死んでいるかしら (日経文芸文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『生半可な學者』で講談社エッセイ賞も受賞した名手の作品を初の文庫化。レストランにおける食べ方の美学、消しゴムの自己実現と自己消滅、文庫本とラーメンの知られざる相似性。―世界がすこし違って見える、柴田目線の徒然なる日常。【「BOOK」データベースの商品解説】

他人の口からは言いにくいのかもしれないけれど、ひょっとして自分はもう、死んでいるのでは…。「生半可な学者」柴田元幸のヘンな取越し苦労の話、音楽の話、食べ物の話などを収録した抱腹絶倒エッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

文庫本は

2016/12/05 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

2本初収録があってお得気分。複数回目にしているが、「だいたい、日本人の友だちだって数えるくらいしかいないのだ。外国人が相手になったら急に誰とでも仲よく、なんてできるわけがない」(国際親善ばんざい)が好き。気持ちよくわかります。私は国際親善しなきゃいけない立場じゃないけど。他の方の感想にもあるけれど、紹介されている本を面白そうと読んでみると、結構当てが外れるのもお約束。私は『飢ゑ』を以前読んだら、結構印象が違っていた(主人公は結構泡銭を手にする)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/17 23:21

投稿元:ブクログ

村上春樹さんと仲がいいようなので、どんなおもしろい人かな、と期待して読み始めました。
自分が関心のある人が、親しくしているからと言って、その人にも関心が向く、と言うわけではないよです。薄い本ですが、最後まで読むのが苦痛でした。途中で、やめればよかった。

2014/06/19 10:07

投稿元:ブクログ

翻訳家の柴田元幸さんのエッセイ集。
元は1997年に単行本として刊行されたものらしい。結構前ですね。
当時の本業は東大の先生だったみたい。

帯の「文庫本とラーメン」から引用されたラーメンと本の相似性に関するくだりを読んだことが、この本を買ったきっかけ。

内容は日常のことや英語や英米文学作品、食べ物、モノ、音楽、ショートショートっぽい読み物などなど、いろいろと多岐に渡っていて、統一感は感じられない(笑)

先の「文庫本とラーメン」はもちろん、クロコダイルとアリゲーターの違いの話とか、「人工」と「自然」をCDとレコードやエアコンと扇風機に例えた話とか、とてもおもしろかった。

英米文学ってあんまり読んだことないんだけど、柴田さんの翻訳作品に興味が湧いてきた。
まずはこの本に紹介された作品から読んでみようかな。

2016/01/10 13:51

投稿元:ブクログ

翻訳ものは余り多くは読みませんが、有名な柴田元幸さんのコラムってどんなだろう?と読んでみた。

うん言語にまつわるエピソードや技術的なこと?は面白かった!?

2014/02/26 13:06

投稿元:ブクログ

どんな内容かなぁ、、、(金銭感覚の鈍い私には縁遠い日経)

日経文芸文庫創刊 | 日本経済新聞出版社
http://www.nikkeibook.com/bunbun/

2014/04/17 01:11

投稿元:ブクログ

『生半可な学者』に続くエッセイ集。
時代を感じさせるテーマのものが少なかったせいか、単行本が17年前に出ていたと知って吃驚。
冒頭の元号についてから、日常のことまで書かれているが、秀逸なのが文庫本とラーメンの価格を対応させたくだり。
柴田説によると、『薄い文庫本と普通の醤油ラーメン』、『厚めの文庫本とチャーシューメン』が大体同じ価格帯に属していることになるのだが、その『薄い文庫本』にカテゴライズされるであろう本書の定価が680円(税抜)、手近にあったものでちょうど本書の倍ぐらいの厚みがある『マインド・イーター[完全版]』の定価が1100円(税抜)。かなりいい線じゃない?

2015/06/15 10:02

投稿元:ブクログ

なんたる目線。
かなり新鮮。
ただの変人。笑

薄い本なのに、なぜか
読み進めない。

でも読み終えた。

そんな本だった。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む