サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 無罪請負人 刑事弁護とは何か?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

無罪請負人 刑事弁護とは何か?(角川oneテーマ21)
無罪請負人 刑事弁護とは何か?(角川oneテーマ21) 無罪請負人 刑事弁護とは何か?(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

無罪請負人 刑事弁護とは何か? (角川oneテーマ21)

著者 弘中 惇一郎 (著)

ロス疑惑事件、薬害エイズ事件などを担当した弁護士が、それらの事件を材料に、刑事司法の構造、メディアと刑事事件の共犯関係、弁護士の在り方、現在の刑事事件の捜査・裁判・弁護活...

もっと見る

無罪請負人 刑事弁護とは何か? (角川oneテーマ21)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

無罪請負人 刑事弁護とは何か?

864(税込)

無罪請負人 刑事弁護とは何か?

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロス疑惑事件、薬害エイズ事件などを担当した弁護士が、それらの事件を材料に、刑事司法の構造、メディアと刑事事件の共犯関係、弁護士の在り方、現在の刑事事件の捜査・裁判・弁護活動などについて綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

弘中 惇一郎

略歴
〈弘中惇一郎〉1945年山口県生まれ。弁護士、法律事務所ヒロナカ代表。多くの薬害事件で弁護士として医療被害と闘うほか、ロス疑惑をはじめ様々な著名事件で弁護を担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

有罪率99.9%のからくり

2014/06/11 19:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を読んで、検察が冤罪を生む元凶であり、その片棒を担ぐのがマスコミという構図が良く分かりました。前近代的な日本の刑事司法(213ページ)には恐怖さえ覚えます(第5章は必読です)。とにかく、諸悪の根源である検察組織とマスコミ報道をどうにかしないと、冤罪はどんどん生み出されていくことでしょう。まずは、検察が抵抗している「取調べの可視化」を一刻も早く進めるべきです。

 ただし、弘中氏の身びいきも酷いと思いました。例えば、小沢一郎や鈴木宗男は、弘中氏が言うほど清廉な政治家とは、到底思えません。それを「米国の圧力で潰されたのではないか」という陰謀論(117ページ)は、終戦直後じゃあるまいし荒唐無稽です。
 また、三浦和義にしたって、弘中氏は高潔な人物であるかのように言っていますが、コンビニで万引きするような人物ですよ。しかも三浦和義は、証拠のビデオがあるにも関わらず、この万引きを否認する訴えを起こしました。「罪を犯しても無罪になる」と思っていたのではないでしょうか。本書は、この万引き事件には何故か一切触れていません。

 その点、あの「パソコン遠隔操作事件」は、検察組織と弁護人の両者の虚飾が見られた貴重な事件だと思います。この事件で、検察サイドは何人もの冤罪を作りました。一方、弁護人サイドは、「容疑者は無実だ」と強弁しました。仮に犯人が自ら墓穴を掘らなければ、証拠不十分で無罪になる恐れもあったのです。
 本書は、あくまでも弁護人サイドの一方的な見方であることは留意しておく必要があります。第1章の村木さん以外は、清廉潔白か否かはわからないというのが、率直な感想です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/10 17:11

投稿元:ブクログ

郵便不正事件、小沢一郎と鈴木宗男、ロス疑惑事件と薬害エイズ事件、これらの事件の被告弁護人をつとめたのが著者。

これらの事件のうち第1の事件だけは、完全に検察のチョンボであったが、その他の事件は、起訴された当時はさんざんの疑惑報道ばかりだったので、そうかもしれないと思わされ、とはいうもののモヤモヤの状況になってきて、そのうちに報道もなくなって忘れられて・・・結局どうだったのか? というのが自分の認識でした。

本書を読むと、これらの事件すべてにおいて被告は無罪であるとしか言い様がなく、検察やマスコミの非道に憤りを感じられずにいませんでした。

とかく検察は非常に強力な権力を持っているので、その暴走を許してはいけない。これらの事件に対して自分と同じような認識しか抱いていない人には是非読んでもらいたい本でした。




(2014/7/7)

2014/07/01 17:09

投稿元:ブクログ

小沢一郎事件、厚生労働省の村木厚子さんの事件、薬害エイズ、三浦和義ロス疑惑等の事件は、ともすればメディアの影響で、捜査を受けた側があたかも悪者であるかのような印象をもってしまうが、それはしばしば警察とメディアがお互いに情報を提供しあうことで、つまりぐるになることで起こることだという。いや、メディアだけでなく、弁護士自身も権力とつるむことがあるようだ。弘中さんはあえてこうした被疑者側の弁護を引き受け、その無罪を勝ち取るべく奮闘する。この本を読めば、それが他人事でなく、わたしたち一般庶民も容易に犯人にされてしまう可能性が常に存在することがわかる。こうした刑事事件において、鍵となるのは検察での調書で、検事は自ら事件のすじがきを考え、硬軟いろんな手を使って容疑者に罪を認めさせる。とりあえず認めておけば出れる、ここで認めても裁判で否認すればいいのだと言って。ところが、調書は裁判での証言より重んじられるらしく、一旦認めてしまうとそれをひっくり返すことは至難の業になる。そもそも、民事事件と刑事事件は違って、刑事事件ではなにが真実かより、どちらに有利になるかが戦われる。検事は自分に不利な事実は出さないし、被疑者側も黙秘権を行使することが可能だ。本書のタイトルは無罪請負人であるが、弘中さんが手がけた事件のすべてで無罪を勝ち取ったわけではない。しかし、弘中さんはつねにそうした不当に犯人にされる人々の側に立ち、戦いつづけている。本書は週プレの読書案内で知った本で、さっそく求めて読んだが、実に置くあたわざる本である。

2015/09/13 12:22

投稿元:ブクログ

特捜部による捜査の酷さを説く。
厚生労働省 村木事件、小沢 陸山会事件 などの内情
最も興味を持ったのは、池田弁護士(オウム弁護を担当)の逮捕についてRCCの中坊公平に質問状を送ったこと。
弁護士が権力と結託する危険性に警鐘を鳴らしている。

2015/11/08 15:30

投稿元:ブクログ

弁護士として活動されて45年を振り返りまとめられた本である。
序章 刑事弁護とい仕事
第1章 無罪判決まで ― 郵政不正事件
第2章 国策捜査の罠 ― 小沢一郎と鈴木宗男
第3章 メディアとの攻防 ― 薬害エイズ事件とロス
               疑惑事件
第4章 弁護士が権力と手を結ぶとき
第5章 刑事司法の現実

という内容である。
権力が束になって弱い者いじめ、また、マスゴミも同調。そのような日本の刑事司法に独特な感覚で立ち向かう弘中惇一郎氏。
不勉強で、知らなかった事実、法の適用の仕方。
勉強になりました。 

2014/05/24 20:36

投稿元:ブクログ

被告人の利益を護ることだけを考える。弘中先生のおっしゃる「正義」というものがよくわかった。知識も能力も経験も,何一つ弘中先生に勝てるところはないけれど,せめて刑事弁護についての「気持ち」は負けたらあかんなと思いました。修習生時代に教官から言われた「刑弁魂」という言葉を思い出しました。

2014/07/03 23:32

投稿元:ブクログ

冤罪、国策捜査、検察のストーリーに沿った供述の強要、自白するまで保釈しない人質司法等々、刑事弁護の経験豊富な著者による検察や司法制度に関する批判の数々。そして、こういうことは決して他人事ではないと著者は警告する。
確かに、こういう事例を並べられると、検察は怖い、日本の刑事司法はめちゃくちゃだという気にさせられるが、他方、犯罪が裁かれ、これにより社会に秩序がもたらされていることも事実であり、これに関する評価は本書には書かれていないが、そういう事実も踏まえて本書を読む必要があるだろう。
たしかに、検察に不利な供述調書の隠蔽のように、冤罪を生みかねない行動はよくないが、かといって、検察官は国家権力と大勢の人員を使っていて、徒手空拳の弁護人と対峙するのは不公平という主張は正しいのだろうか。立証責任は検察官にあり、疑わしきは罰せずとの原則によれば、検察官の方が有利とは一概には言えないように思える。
それはともかく、記憶に新しく、生々しい事例が多いので、ドキュメントとしても面白く読めることは間違いない。

2014/06/17 21:39

投稿元:ブクログ

郵便不正事件、薬害エイズ事件、ロス疑惑事件等での無罪獲得で名高い弘中淳一郎弁護士の書き下ろしの1冊。週刊文春での阿川佐和子氏との対談でも、人を惹きつける巧みな話術を見せていたので、各事件の裏を知る弁護士ならではの面白い話を期待したところ、些か期待外れであった。

弁護士故の守秘義務等の制約があったことは想像に固くないが、残念だったのは、読者が期待するような、事件の真相に迫る裏話などが一切ないこと。郵便不正事件などは、他の本を読んでいれば聞いたことのある話ばかりだ。同事件について知りたければ、村木厚子さんの『私は負けない』が、(当たり前だが)臨場感に溢れ、はるかに読ませる作品だと思う。

もちろん、本書を書いた弘中弁護士の意図は、我が国の刑事司法について、それほどの知識を有していない読者へ、弘中氏の考えるところの実情を示すことにあるのだろう。その意味では、本書は十分にその役割を果たしていると思われるが、刑事司法に関心の強い読者には少々物足りないのではないか。

刑事司法の実情についても、人質司法、自白の強要、国策捜査等々、ステレオタイプな、どこかで聞いたことのあるような記述が目立つ。やはり、その半生を刑事裁判に捧げてきた筆者ならではの、より深みのある分析、このような刑事司法の実情の背景、理由は何なのか、どのように変えていけば良いのか、具体的な提言が聞きたかった。

それから、村木女史の著作と比較して、何となく後味が悪いと思っていたが、その理由にはたと思い当たった。それは、村木女史は、あのような目に遭っても、問題は刑事司法のシステムにあることを分かっていて、そのシステムの中で、やはり溺れ、もがいている警察官、検察官への視点が暖かいのだ。対照的に、弘中弁護士の描く警察官や検察官、裁判官は、まるで血の通わないモンスターだ。だが、果たして、それが正しい捉え方なのだろうか?刑事司法が鏡に映った我々自身の自画像に他ならないとすれば、その欠陥を指摘すべきはもちろんだが、その欠陥の背景にある事情への理解や共感も必要なのではないか。

ともあれ、弁護士からみた、我が国刑事司法の問題点を知るには良い本である。

2016/03/26 16:28

投稿元:ブクログ

「弁護士には情報収集の力や論理的な思考力がもちろん求められるが、それとともに欠かせないのは、想像力と想像力だ。目の前にあるものだけでなく、事件全体をイメージして「何が足りないか」を常に考えなくてはいけない。」(136頁)

「おそらく人々は「かわいそうな被害者」を引き受けたくないのだと思う。被害者に同情を寄せながら、ではその被害者を自分たちが受け入れるかといえば、それはしないのだ。被害の原因・責任の追及、制度改善に向けた努力など、その被害の全体を社会で引き受けること避け、「悪者」を叩くことを自分たちを免責する。それ以上、被害の本質に近づかなくてすむ言い訳を自分にできるよう「悪者叩き」を繰り返すのだと思う。」(243頁)

2015/12/21 04:38

投稿元:ブクログ

郵政不正事件。一般には厚生労働官僚の村木厚子氏が冤罪に陥れられた事件を指す。もとは郵便割引制度を悪用した罰金刑レベルの事件。手柄を焦る大阪地検特捜部が政官に及ぶ大事件にしようと関係者の供述をでっちあげ、あろうことか、重要証拠書類であるフロッピーを検察官が改ざんしていたというもの。有罪率99。9%、日本最強の捜査機関。裁判では完全無罪を出さない不敗神話さえ謳われていた検察の信頼を地に貶めた事件である。ドキュメンタリーなのに、さながら心躍る勧善懲悪劇。水戸黄門を見るような爽快感があった。とりわけ村木さんの言葉には泣いた。「私にとって犯罪者にされるかどうか、ゼロか百かの大問題。公務員として30年間やってきたことの信用を全て失うかどうかの問題。」保釈という甘い餌の誘惑に負けた公務員が続出する中で一貫して容疑を否認し、自白調書を一本も作らせなかった。起訴されても執行猶予がつくからとの検察の甘言に最後まで揺るがなかった。見事なまでの信念にただただ敬服するばかり。
小沢陸山会事件、ロス疑惑三浦事件、薬害エイズ安倍事件を通して日本の刑事司法の現実を炙り出す。人を有罪にするための仕組みはますます巧妙化される一方、救出する仕組みはほとんど整っていない。代用監獄、自白の強要、独房への監禁、死刑・・・・・警察・検察の力はあまりに強大すぎる。

2014/09/03 23:06

投稿元:ブクログ

厚生労働省・村木事件、ロス疑惑三浦事件、小沢一郎氏の弁護等著者の弘中氏の語りくぐさわよくわかるけろども、この国日本の司法がこれほど病んでいるとは・・・。
検察の行政はもう、無きに等しい。なら、弁護士、判事は何を基本に判断しているのか。
この本に書かれている通りの司法であるならこの国は終わりだ。テレビ等に出ている「元東京地検特捜部」の奴らイイカゲンニしろ。

2014/07/09 10:44

投稿元:ブクログ

○弁護士の弘中氏の著作。
○村木事件や小沢陸山会事件など、数々の刑事事件の弁護を担当した著者による、刑事裁判の真実について、検察の捜査や取り調べの実態を通じて明らかにしたもの。また、弁護士の職域の拡大に伴う副作用やマスメディアを中心とする「つるし上げ」社会について警鐘を鳴らしている。
○著者の経歴や有名事件ばかりを担当していることから、「目立ちたがり屋」という偏見を持っていたが、それが間違っていることに気づき、恥ずかしい。著者の弁護士としての真摯な仕事ぶりや取り組み方、全体を見通す姿勢は、(本書だけで判断するのは早計だが)尊敬に値するもの。
○数々の事件をみると、いつ自分も「無実の罪」に問われるか分からないし、マスコミや世間から「悪者」にされるかが分からないという現実に、恐怖を覚える。そんなときに、自分の見方になってくれる弁護士が身近にいるのかも不安だ。(小沢事件やロス疑惑、ミドリ十字事件などは、自分もマスコミと同じく、「悪者」のイメージを持っていた。)
○本書では、様々な提言もなされており、一般市民としても、読む価値がある。取り調べの可視化や司法取引の解禁などは現実にも実現しつつあるが、さらなる司法改革、刑事裁判、検察行政の改革を望みたい。

2016/08/21 15:57

投稿元:ブクログ

素晴らしい本だと思った。当たり前のように、ニュースや、新聞に書かれている事が事実だと思い、無罪判決が出ても、本当は悪い事したのに、いい弁護士に、無罪にしてもらったみたいな感じで、ニュースを見ている人がたくさんいると思う。
無罪判決の重み、マスコミの恐ろしさ、権力との戦いを詳細に分かりやすく書いている。

2016/07/25 02:56

投稿元:ブクログ

優秀な人は自分の先入観に自覚的だ、と思った。
弘中弁護士から見た、安田弁護士や中坊公平に関する記述もとても面白かった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む