サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 戦国法の読み方 伊達稙宗と塵芥集の世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦国法の読み方 伊達稙宗と塵芥集の世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/26
  • 出版社: 高志書院
  • サイズ:20cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86215-136-0
  • 国内送料無料

紙の本

戦国法の読み方 伊達稙宗と塵芥集の世界 (高志書院選書)

著者 桜井 英治 (著),清水 克行 (著)

歴史について書かれたものを読むのは、楽しい。そのもとになった史料を読むのは、もっと楽しい。伊達稙宗が定めた分国法「塵芥集」を素材に、2人の研究者が史料解釈のテクニックを披...

もっと見る

戦国法の読み方 伊達稙宗と塵芥集の世界 (高志書院選書)

2,700(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歴史について書かれたものを読むのは、楽しい。そのもとになった史料を読むのは、もっと楽しい。伊達稙宗が定めた分国法「塵芥集」を素材に、2人の研究者が史料解釈のテクニックを披露しあう対談集。【「TRC MARC」の商品解説】

日本史や戦国時代は好きだけど、史料をどう読んでいいのかわからない。そんな悩みをかかえる人たちのために、斯界の切れ者二人が史料読みのテクニックをさらけだす真剣勝負の対談集。東北の戦国大名伊達家を悩ます犯罪やトラブルの数々がリアルタイムに記された戦国法「塵芥集」(じんかいしゅう)を片手に、戦国乱世の現実を実感しながら、史料読みのおもしろさとだいご味も同時に体感できる、臨場感たっぷりの新手の歴史入門書。【商品解説】

目次

  • 序 戦国法の魅力
  • Ⅰ 犯罪者をつかまえろ
  • 1 山の世界は無法地帯?~アジールへの挑戦1 ~
  • 2 家宅捜索のあの手この手~アジールへの挑戦2~
  • 3 被害者が犯人をあげろ!~自力救済と当事者主義1~
  • 4 犯罪者を成敗せよ~自力救済と当事者主義2~
  • Ⅱ 売買のトラブルはゆるさない 
  • 1 土地の安堵と売買のいさかい~買地安堵状の効果~

著者紹介

桜井 英治

略歴
〈桜井英治〉1961年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。著書に「贈与の歴史学」など。
〈清水克行〉1971年生まれ。明治大学商学部教授。著書に「室町社会の騒擾と秩序」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

史料への取り組み方を紹介

2017/08/08 21:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊達稙宗が定めた「塵芥集」を題材にして、中世史料への取り組み方などを紹介する。対談のスタイルのため、気軽に読むことができた。桜井氏と清水氏の議論にはかみ合わない部分もみられたが、2人の発言には示唆に富む指摘が随所にあり、中世史研究の奥深さを垣間見ることができた。西山城をめぐる議論は、通常の論著などにはみられないような想像力が発揮されていて、楽しめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/15 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む