サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

柳田国男の話
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/25
  • 出版社: 東海教育研究所
  • サイズ:20cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-486-03783-5
  • 国内送料無料

紙の本

柳田国男の話

著者 室井 光広 (著)

流転の運命と響き合う柳田国男の詩学への扉。キルケゴール、プルースト、カフカらの言葉を手がかりに、日本民俗学の巨人の魂に新たな光を照射する。『望星』ほか連載をもとに書籍化。...

もっと見る

柳田国男の話

2,970(税込)

ポイント :27pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

流転の運命と響き合う柳田国男の詩学への扉。キルケゴール、プルースト、カフカらの言葉を手がかりに、日本民俗学の巨人の魂に新たな光を照射する。『望星』ほか連載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

室井 光広

略歴
〈室井光広〉1955年福島県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。88年「零の力」で群像新人文学賞評論部門、94年「おどるでく」で芥川賞を受賞。他の著書に「プルースト逍遙」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/23 12:43

投稿元:ブクログ

室井光広『柳田国男の話』東海大学出版部、読了。震災以降、柳田国男に関する論評を多く眼にする。本書もその問題意識から、柳田のアクチュアリティを浮き彫りにする一冊。厄災という不条理に対するやあ犠打の眼差しは、近代主義者に見られない暖かさを秘めているが、それは「煽り」がないからだろう。

日本各地を自身の足で闊歩し、近代以前を狩猟した柳田の民俗学を著者は「神聖平人喜劇」と呼ぶ。普通の人の「平語」で語る柳田には、近代/近代以前という二項対立とは無縁なのかも知れない。柳田民俗学の可能性と魅力を縦横に語る一冊。

民俗学 ランキング

民俗学のランキングをご紹介します一覧を見る