サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

人間をみつめて
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/14
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:18cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02281-9
  • 国内送料無料

紙の本

人間をみつめて

著者 神谷 美恵子 (著)

50年代から70年代、精神科医としてハンセン病療養所での治療を体験した著者が、療養所とハンセン病者をとりまく厳しい現実に向き合い、格闘する日々を綴る。【「TRC MARC...

もっと見る

人間をみつめて

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

50年代から70年代、精神科医としてハンセン病療養所での治療を体験した著者が、療養所とハンセン病者をとりまく厳しい現実に向き合い、格闘する日々を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神谷 美恵子

略歴
1914年生まれ。精神科医、文筆家。ハンセン病の治療でも知られる。美智子妃の相談役ともいえる存在でもあった。本書、『生きがいについて』『こころの旅』はベストセラー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/02 14:48

投稿元:ブクログ

ふせんだらけになってしまった。精神科医としての視線だけではなく人として人間の深いところを探究しわかりやすい言葉で表現されている。畏れ多くも価値観が驚くほど合致した文章を著書に発見できたのは星野道夫さんと神谷美恵子先生。

2014/04/14 05:30

投稿元:ブクログ

河出書房新社も新書を出しているとは気づかなかった。その名も「河出書房新社の新書」。装丁も含め、これだけ新書が出ている中でちょっと地味な存在だが、こんなんで棚を取れるのだろうか。ちょっと心配。
その地味なラインアップのひとつがこの本。神谷美恵子「人間を見つめて」。特に言うことはないが、飲み屋で昔の担任の先生に偶然に会って、あらためて諭される気分。特に目新しいことはない。でも、なんか忘れていたことを思い出させられた。気合いが入らないとき、これを読むと静かにギアが入るような感じか。

2014/05/31 23:32

投稿元:ブクログ

たまたま仕事帰りに立ち寄った本屋で見つけ、神谷美恵子が文庫で読めるとはという驚きとともに迷わず購入。

神谷美恵子は学生の時に「生きがいについて」を読んだ時の印象が強く残っている。青臭いとも受け取られがちな人生に関わる問題を恥ずかしげもなくそのまま受け止め、冷静な分析を加えていく、しかし、冷静である一方で泥臭く思い悩む姿も垣間見える。そんな印象。本の内容を覚えているというよりは、その文章にあらわれる雰囲気、人となり、力強さなどが強烈だ。神谷美恵子ほど力強い文章にはめったにお目にかかれない。

この本では、前著「生きがいについて」で客観的、分析的に見極めた「生きがい感」について、"人生というものを根底から問いなおすことなしに、ただ表面的にいきがいとうものをあげつらうことへの空しさ"を感じ、"前著で考えたりなかったところを考えてみる必要がある"としている。さらには、昨今の生きがい論へのアンチテーゼでもあると。

神谷美恵子がその考えをとりとめなく読者に語りかけてくるような本だ。文章は平易だが、読み手は著者とともに考えることになる。前著と比べれば重厚感はないが、内容は簡単ではない。何度でも読み、大切なことを考えることのできる良書だと思う。

第一章は生命にについて、そして人間に特有の条件について考える。第二章は"主体性"、"反抗心"、"欲望"、"生存競争"、"使命感"といったさまざまな観点から人間を捉えていく。神谷美恵子は決して読者を、また、自分を甘やかすことがない。現実をありのまま受け止め、それでも絶望することはなく、泥臭く考えていく。この狂人な思考力というか、考える体力とでもいいたくなる力はどこからくるのだろうか。

・自分が置かれた立場、制約の中で主体的に生きること。
・主観的に「生きがい感」を感じるか否かはそうたいした問題ではない-永遠の相のもとに-人生を捉えること
・人生は生存競争に振り回され、努力とかよい心がけだけで人間が幸福になれるとは限らない。


そして、第三章「人間をとりまくもの」では、"人間を超えたもの"を想定し、それに支えられたものとして、人間を捉えなければ人間は安定して生きられないと結論づける。存在してしまっていることを引き受けること、そして永遠の相のもとに自己の生を捉えることを-そのことの難しさを知りながら-説く。

われわれは何かをすることに意味を見出そうとし、ただあるということに満足できない。日常の忙しさにかまけて存在そのものに思いを巡らすことはない。われわれは現実を受け入れず、ああであったなら、こうであったならと考えてしまう。神谷美恵子の結論を本当の意味で理解することは簡単ではない。

医療・衛生 ランキング

医療・衛生のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む