サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. もういちど生まれる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もういちど生まれる(幻冬舎文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 141件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/05
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42171-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

もういちど生まれる (幻冬舎文庫)

著者 朝井 リョウ (著)

彼氏がいるのに、別の人にも好意を寄せられている汐梨。バイトを次々と替える翔多。絵を描きながら母を想う新。美人の姉が大嫌いな双子の妹・梢。才能に限界を感じながらもダンスを続...

もっと見る

もういちど生まれる (幻冬舎文庫)

583(税込)

【期間限定価格】もういちど生まれる

324 (税込)

【期間限定価格】もういちど生まれる

ポイント :3pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彼氏がいるのに、別の人にも好意を寄せられている汐梨。バイトを次々と替える翔多。絵を描きながら母を想う新。美人の姉が大嫌いな双子の妹・梢。才能に限界を感じながらもダンスを続ける遙。みんな、恥ずかしいプライドやこみ上げる焦りを抱えながら、一歩踏み出そうとしている。若者だけが感受できる世界の輝きに満ちた、爽快な青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

バイトを次々と替える翔多。才能に限界を感じながらもダンスを続ける遙。みんな、恥ずかしいプライドやこみ上げる焦りを抱えながら、一歩踏み出そうとしている…。若者だけが感受できる世界の輝きに満ちた、爽快な青春小説。〔2011年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ひーちゃんは線香花火 7−66
燃えるスカートのあの子 67−119
僕は魔法が使えない 121−173

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー141件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

期待外れ

2016/03/29 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞候補作という事で、期待して読み始めたけれど、第一話ですでにガックリしてしまった。期待外れ。私のツボが違うのか、それとも若い人にしか、この本の良さがわからないからだったのか。。。後半の話は程よく面白かったけれど、時すでに遅しと言った感じ。もっと初めからグイグイ引っ張って行って欲しかった。オムニバス形式の話としては、ツナグの方がよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/05 08:12

投稿元:ブクログ

おもしろかった。
最初、ふつうって思ってたし、上手だなとも思ったけどさらさらよんでて、読み終わったらおもしろかった。まあでも好き度はふつう。解説西加奈子。

2014/07/16 21:33

投稿元:ブクログ

やっぱり同世代だし考え方も似ている気がするからか、すごく良く理解できる。人の黒い部分というか、内側にあって誰にも見て欲しくないところとか。
ひとつづつの話のリンクさせ方も上手い。ごめんちこくすりってどこに出てきたかな、と思わず探してしまった。

大学生とか高校生の話をリアルに書けるのはその世代に近いからこそできるような気がする。もしかしたらそれは読む人にも当てはまって、これをもっと上の世代の人が読んだら良く分からないのかもしれない。そういう意味だと、朝井作品はこれからも自分の気持ちとリンクさせて読むことができる気がする。
これからはもっと社会人の小説書いてくれることに密かに期待してしまう。

2014/06/18 22:25

投稿元:ブクログ

一言で言うと桐島部活やめるってよの大学生版。
正確に言うと浪人生とか専門学生もいるからハタチ版という感じですかね。
何人かの主人公が登場しますが微妙に関連し合っていて
こういうのを描かせると朝井リョウという作家は本当にうまいですね。
関連のさせ方がしつこ過ぎずさり気無く。
最初の2作品はイマイチ感情移入しにくかったですが
3作目くらいから急激にのめり込んでしまいました。

大学っていうのは無責任を背負って自由を装っているという
表現があったのですがまさにその通りだと思いますし
こんな視点を持って大学生活を送れば少しは違ったかななんて思ったり。
いずれにせよ20歳(大学2年)ってリア充では決してなかった自分でも
一番面白かった時期でその頃を思い出しながら読むことができました。

2017/04/15 22:31

投稿元:ブクログ

時間と自由をもてあまし不器用に生きる若者たちに訪れる、5つの転機(ドラマ)。
●収録作●
「ひーちゃんは線香花火」
 …彼氏がいるのに、親友に思いを寄せられている、汐梨。
「燃えるスカートのあの子」
 …平凡な日常と、特徴のない自分に飽き飽きしている、翔太。
「僕は魔法が使えない」
 …絵を通して、壊れた家族に向き合おうとする美大生、新。
「もういちど生まれる」
 …美人で器用な双子の姉にコンプレックスを抱く浪人生、梢。
「破りたかったもののすべて」
 …才能の限界を感じつつも、バイトをしながらダンス専門学校に通う、遥。

19歳から20歳になる、大人の一歩手前の若者が主人公。
それぞれのストーリーに出てくる脇役が次のストーリーでは主役になっていたり、脇役で出てきたり、脇役はずっと脇役で何回も出てきたり(笑)繋がりが縦横斜めに絡み合っててなかなか面白い。
朝井さんの描く青春群像劇はキラキラしつつも心にぐさっと刺さる。
負の感情へ流されてしまう自分をわかっていながら、人の前ではそんな姿はかっこ悪いと強がってしまう、そんなお年頃な時期もあったなぁと。
でも最後にいやな気持にならずスッキリと着地する朝井さんの文章は好きです。
学生時代に読んでいたら、もっとぐさぐさ刺されていそう。でも後味スッキリ、みたいな。
彼の作品を読むと、戻りたいなあの頃に。って感慨深くなります。

この作品であと一人、主人公で描いてほしかったのが、学生映画を撮っている虹色メガネくんこと、礼央。
彼目線ではみんなはどう見えていて、自身にはどんなコンプレックスや不安を胸に抱えていたんだろうか。とても気になります。

2015/11/28 06:38

投稿元:ブクログ

凄く凄く、瑞々しい感性の、時々言葉あそびも交えちゃったりするような、イマドキ大学生の視線だなー、と思う小説。
読んでいてこの感じ何かに似ている、と感じたのは江國香織を最初に読んだときと似ているから、かもしれない。

2014/04/20 01:27

投稿元:ブクログ

書き出しにはずっこけてしまった。
読み始めてからもやばい、なんだかあどけなさすぎてこれついていけないかも…と不安に駆られる。が、なんとか読み進めて行くともう止まらない止まらない。
「もういちど生まれる」「破りたかったもののすべて」がすごく良かった。

自分で認めたくなくて恥ずかしくて蓋をしてしまった感情を、朝井さんはすべて書き残しておいてくれる。だからわたしは朝井さんの小説を読まずにはいられない。

2014/05/09 00:11

投稿元:ブクログ

このハタチ前後に何かしら経験するであろう、
痛さとか青さみたいなものを書かせたら
現時点で朝井さんにかなう人はいないんじゃないかなあ。
「今」を書かせたら今ピカイチだと思う。

ハルとナツ先輩のお話が好きだった。
「普通の女子大生になることを選べなかった」
「普通になることを選ぶ勇気がなかった」
とハルは言うけど、私は特別になることを選べなかった。
だからハルのことを誰も笑うなんてできないはずだ。

椿も梢も翔多も結実子もオカジュンも礼生も、
大人からみたら下らないかもしれないけれど
この下らなさの中でもがいていた自分たちを、
私は知っている、あの若さと苦さを覚えている。
まだ覚えている内に読めて良かったなと思います。
下らないと一蹴する人間にはなりたくないな。

2014/08/10 23:34

投稿元:ブクログ

この溢れ出る自意識も含めて認めてほしい。
そうしたらもう一度生まれて先に踏み出せる気がする。
特別でありたいと思えば思うほど
自分が普通であることがありありと伝わってきて
それでも誰かと繋がりたいし共有したい。
そのことで自分は普通じゃないと思いたい。
だけど普通じゃない=特別ではない。
特別は最初から特別。
そう感じること自体が自意識の塊である気がする。
ナツ先輩とハルの不安定にバランスをとっている自意識の爆発している兄妹関係が好きだった。

2015/06/12 07:28

投稿元:ブクログ

20歳になる若者たちの話なんだけど、はっきり言って私が20歳の頃は、将来のことは全然考えてなかった。目前に迫ることだけで精一杯だったし、もっと自己中な感情が100パーセント。
この話に出てくる人たちはみんな大人だなぁと思った。

2014/08/14 21:37

投稿元:ブクログ

外から見たら悩みなんてなさそうでも、それぞれに思うことはある。
みんな「何者」かになろうと大なり小なり将来とか今のこととかを考えながら
10代から20代になる、その直前のぎゅってなる感情がちりばめられた短編集。

思わず書き留めておきたくなるような秀逸な表現がいっぱいあったので
もう一回さらっと読み直したいなぁ。

2015/07/04 20:34

投稿元:ブクログ

少しずつリンクし合ってる短編集。最初の物語の「好きな人」が、こっちの物語で判明したりして、もう一回読みたくなる。リア充だらけの大学生活。19歳ってすごい年齢。

朝井リョウすごい、と改めて思って解説読んでたら解説でも同じこと書いてあって、そしたら西加奈子さんだったからさりげなく嬉しかった

2014/08/11 20:51

投稿元:ブクログ

読んだことのない人の本を読もう月間その2.
『桐島、部活やめるってよ』すら読んだことない.完全にタイトル&装丁で選びました.自分より若い作家さんを読むのは初めて(多分).

20歳前後の若者が代わる代わる主人公をつとめる連作短編集.どれも少しずつ人間関係がリンクしている.
何かになれると信じてたけれど何者にもなれない現実にぶち当たった人たちの話、と読んだ後に思った.大学生とかその辺りって、自分が何にでもなれるような期待と、そうはならない現実を薄々感じ取りつつもそれでも何かにすがってしまうような時期なのかなというのが、自分もその年齢を通り過ぎてずいぶん経った今だから思う感想なんだけれど、その渦中にいる人間の戸惑いとか葛藤なんかの心の動きがリアルで、読んでて思い当たる節がある人はきっと大勢いると思う.これは世界の大多数を占めてる「持ってない」側の人間の話だ.

好きだった話は『僕は魔法が使えない』『もういちど生まれる』.話の終わりに光が射すような話が好きだった.最後を『破りたかったもののすべて』(名前違うかも)で締めたのはどうしてだろう、不思議な終わり方.もうちょっと考える.

2014/05/23 01:44

投稿元:ブクログ

自意識の息苦しい感じが懐かしくもあり、この後そこまで人って変わらない気もする。私が成長遅いだけ? 登場人物の名前のセンスが好き。

#bookoff

2015/06/27 18:42

投稿元:ブクログ

桐島部活やめるってで、朝井リョウが気になる、で次に読んでみたのだけど…これもすごい大好きでびっくりした。

桐島よりは少し年令が上がって、これもまたあの頃のきらきらっていうか、あの特別な時間だった日々を見ている感じで、すごい入り込む。

たぶん、今度は、私はまだこの延長線の上にいるんだ…みたいなことを感じる部分もあって、そういうところにもなんとも言えない気持ちになるのかも。
時はどんどん過ぎているのに。

なんか、心の描写の仕方が、すごくささるんだろうな。江國香織と同じような感じの感じ。

ひーちゃんは線香花火がなんともいえない気持ちになった。