サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねえ、委員長(幻冬舎文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/05
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42172-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)

著者 市川 拓司 (著)

学級委員長のわたしは、貧血の時に助けてもらったことから、落ちこぼれの鹿山くんと親しくなる。読書が苦手だと言う彼に、わたしはある小説を薦め、それは彼の思わぬ才能を開花させる...

もっと見る

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)

626(税込)

ねえ、委員長

595(税込)

ねえ、委員長

ポイント :5pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

学級委員長のわたしは、貧血の時に助けてもらったことから、落ちこぼれの鹿山くんと親しくなる。読書が苦手だと言う彼に、わたしはある小説を薦め、それは彼の思わぬ才能を開花させるきっかけとなった。だが周囲の反対で、二人は会えなくなってしまい…。実らなかった初恋が時空を超えて今の自分に届く。表題作ほか二作を収めた傑作恋愛小説集。【「BOOK」データベースの商品解説】

品行方正・成績優秀な学級委員長のわたしと、小説を書き始めた落ちこぼれの鹿山くん。周囲の反対で、2人は会えなくなってしまい…。実らなかった初恋が、時空を超えていまの自分に届く。表題作をはじめ全3編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

Your song 7−93
泥棒の娘 95−129
ねえ、委員長 131−294

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ほっこり

2015/07/06 17:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんかすごく好きな本です。
涙が出ました。
ほっこりする。
恋愛小説は苦手だと思ってたけど、この人のなら読めそう。
他の本も読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/06 23:50

投稿元:ブクログ

うーんまぁまぁかな

不器用だったりなんだりでうまく生きれていないひとたちに惚れる話

短編3つだけどどれも似たようなテイスト

雰囲気重視
すきなひとはすき
わたしはふつうかな

感受性が強いかんじ?

2014/06/18 19:43

投稿元:ブクログ

自分だけが彼(彼女)の才能に気付いている、というところからこじらせる青春小説。YourSongがよかった。

2014/06/02 20:46

投稿元:ブクログ

不器用な人々が一生懸命つむいだ物語だった。

真実の世界を生きようとするひたむきな姿に心奪われた。

「負けるな」って励まされたような暖かい読後感。

すごく良かった

2014.5.26

2015/02/22 18:36

投稿元:ブクログ

久しぶりの市川本。
市川さんの登場人物は、どこか似ている。
不器用で、社会から見るとどこか外れているんだけど、魅力的で、生命力に溢れている。
今回も、そんな人物達の物語。
今回は短編集なのだけれど、歯切れのよい文章で、どれも読み終わった後にしみじみとして、あったかい気持ちになれる。
やっぱり市川さんの本っていいな。そう思える作品でした。

2014/07/13 10:09

投稿元:ブクログ

どのストーリも全く別で、オリジナルなんだけれど、市川拓司の本に出て来る人たちは、どこか似ている。
不器用で、生きて行くのに精一杯で、でも、自分の感覚を大切にしようとしてる人たち。
非常に純粋で、読んでいると、ずっと昔、自分にもそうやって、自分の感情をこじらせた時があったなぉと懐かしく、痛々しく感じます。
共感出来るところが多くて、登場人物が非常に愛おしくなります。

今回は、短編3つと、一つ一つが短かったためか、要らない部分が削げていて、より純度が増した感じです。
まさに、削いで削いで、それでも豊か。

2014/05/06 22:36

投稿元:ブクログ

学級委員長の少女と落ちこぼれの少年,本を通して紡がれる絆の物語「ねぇ、委員長」を含む全3編の短編集.(気恥ずかしいので)恋愛小説に★5は付けない主義なのだが,やむなく撤回,文句なしである.青春小説と恋愛小説の間,洗練された文章と,純度の高い透明な物語.ぜひ手に取ってもらいたい1冊.

2014/06/15 13:37

投稿元:ブクログ

苦手な市川拓司に挑戦。3つの短編集。表題作は少しダラダラと続く感じが無理だった。しかし、『Your song』は作品の雰囲気が好きだが他作品に比べたら良いかなという風な気もする。

2015/06/05 18:05

投稿元:ブクログ

どれも少し変わった二人の恋についてのお話。
相手を表現する言葉がどれも素敵で、メロディーみたいで、読んでいて心地よかった。

2014/10/26 19:35

投稿元:ブクログ

どの話も登場人物が、「みんな同じ」が得意な日本人的社会からは逸脱していて枠に収まらずに、集団から浮いている。
若さって躊躇がない。その人の本質を見ようとしない浅はかさが痛い。でも確かにある習性を垣間見て、「あ”ーーーー」とうなだれてしまった。

そんな環境に置かれた拗れに拗れた、若い恋たち。みんなそれぞれに不器用で、でも自分たちを自分たちたらしめる為に一生懸命だった。どの話も、学生の頃の恋を回想して、大人になった今「これから何か始まる予感」を孕んだ希望で締めくくられていた。まだ終わってない、これからスタート、これから続いてく、そんな風に主人公達が前に前に進んで行く感じが良かった。

2015/01/06 12:07

投稿元:ブクログ

時折、ピントがあったみたいにスッと入ってくる物語がある。この本もそうでした。

もどかしい切なさと純粋で透明感のある文章、けれど登場人物の感情は激しく伝わってきて胸をえぐっていきます。
一作読んだら、また次が読みたくなる、そんな短編です。
初恋の不器用な、憧れと恋の中間みたいな、でも決してベタベタと甘くはありません。

市川拓司さんの作品は初めて読みましたが、違う本も手に取ってみたくなりました。

2015/10/10 20:37

投稿元:ブクログ

優等生と落ちこぼれ。でも他の大勢とはちょっと違っている二人。
いいですね、なんだかキュンとしました。

1冊の文庫本に3編。長すぎず短すぎず、グズグズした感じにもならずよく味わうことも出来て、ちょうど読みやすい長さでした。

2017/01/22 21:29

投稿元:ブクログ

純愛の物語。
まだ子どもの時、みんなと違う、ということは受け入れられづらい。
そんなひとをわかってあげられる人が、ひとりでもいるといい。

2016/07/30 17:03

投稿元:ブクログ

本屋でふと適当なページを開いて立ち読みしただけで、少し泣きそうになるセリフをいくつか見つけたので、即購入。短編集だけれど、主題の作品が一番やさしくて素敵だと思う。 市川さんの作品は問題を抱えた登場人物が恋をする、ほぼ安定した内容だけれど、だからこそ自分には欠陥がある、と思ったことのある人の心に、何度でも触れるのだと思う。

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む