サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハムレットの大学
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/09
  • 出版社: 新評論
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7948-0964-3
  • 国内送料無料

紙の本

ハムレットの大学

著者 岡山 茂 (著)

われわれのなかに眠る神性を目覚めさせる大学、人文学、書物という翼−。大学と、そこで紡がれる人文学の未来を、「3・11以後」の視座から編み直す柔靱な思考の集成。【「TRC ...

もっと見る

ハムレットの大学

2,808(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

われわれのなかに眠る神性を目覚めさせる大学、人文学、書物という翼−。大学と、そこで紡がれる人文学の未来を、「3・11以後」の視座から編み直す柔靱な思考の集成。【「TRC MARC」の商品解説】

大学は800年前の水源に発して今も流れる河のようなものだ。そのなかで教員はつねに若返る学生を眺めながら老いてゆく。教員が教えたいと思うことは、学生が学びたいことであるとは限らない。教える者と学ぶ者はどのように出会うのか、あるいは出会い損ねるのかという問いは、さらに歴史を遡らねばならない永遠の問いだろう。ソクラテスによるソフィスト批判、キリストとその弟子たちの対話は、ボローニャ大学を創った学生たちの要求、ベルリン大学の教授たちの「学問の自由」をめぐる議論、1960年代末に起きた「五月革命」へとつながっている。
 もちろん「河」を流れる水にすぎない教員や学生には、水かさの増した河の護岸工事や、その流れを変えるような土木作業はできない。それは官僚や政治家など、すでに「陸」に上がった人たちに任せるべき仕事だ。しかしそういう「大人たち」への信頼は、フクシマ以後の日本において失われてしまっている。今や学長ばかりでなく、教員や職員や学生でさえ、自らがそのなかにいる大学について、その社会や国家との関係について、根源的な反省を強いられている。
 ところでそういう大学人にも、つねに生まれ変わりながら流れる大学という「行く河」の、3・11以後という岸辺に立ち、そこに生える「葦」となって「河」の来し方・行く末を想うぐらいのことはできるのである。パスカルやシェークスピアの昔から、それはむしろ人間としての本分であった。われわれは「考える葦」のように、あるいは一人のハムレットのようにこの地上に在る。人文学と大学をめぐるこの書物も、「地上にいる自分を、限りなく、単純なものとして、知覚する」というマラルメ的な欲望から生まれている。フクシマ以後を生きるにあたって、この欲望ほど切実なものもないのである。(おかやま・しげる)【商品解説】

著者紹介

岡山 茂

略歴
〈岡山茂〉1953年生まれ。パリ第4(パリ−ソルボンヌ)大学第3課程修了。専攻はフランス文学。早稲田大学政治経済学術院教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店難波店

翼となって私たちの精神を解き放ち、扇となって埋もれ火を掻き立てる書物

ジュンク堂書店難波店さん

21世紀を迎えた今、世界の大学は、「グローバル企業」の下請け機関となることによって、命脈を保とうとしている。
 大革命期にその源泉を中世に持つ大学をすべて廃止してしまい、世界最古のパリ大学も未だ分割されたままであるフランスでは、エリート養成機関である「グランド・ゼコール」が益々その力を増し、ナポレオンへの抵抗の中で「学生を学問に目覚めさせる」ためにベルリン大学を創設したドイツの大学理念も、変節した。イギリスではオックスフォード、ケンブリッジの伝統が「サッチャー改革」によって破壊され、日本の「大学改革」も、それらの国々同様、「アングロ・サクソン・モデルの戯画的コピー」でしかない。
 だが、今ほんとうに求められているのは、「グローバリゼーション」にふさわしい大学ではなく、「グローバリゼーション」そのものを問い直すことのできる、デリダの言う「条件なき大学」である。
ハムレットのように、自らは死しても、民衆を守ることのできる大学なのだ。
 マラルメは、ハムレットをこう評した。“英雄がいる―他はすべて端役だ。彼は歩きまわる、ただそれだけだ。自分自身という書物を読みながら。”
 そうした大学の闘いに参戦すべき書物を、著者は次のように美しく表現する。
“それらのページは、翼となって私たちの精神を解き放ち、扇となって埋もれ火を掻き立て、私たちにふたたび情熱を見出させてくれるのです。”
 そして、そうした書物と出遭うことのできる場、それが大学なのだ、と。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/08 17:20

投稿元:ブクログ

☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB15721685

教育学・教育思想 ランキング

教育学・教育思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む