サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 大学のあり方 諸学の知と神の知

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大学のあり方 諸学の知と神の知
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2014/04/14
  • 出版社: ヨベル
  • サイズ:21cm/382p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-907486-04-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

大学のあり方 諸学の知と神の知 (青山学院大学総合研究所叢書)

著者 スタンリー・ハワーワス (著),東方 敬信 (監訳),塩谷 直也 (ほか共訳)

現代の大学で、もはや必要な科目と考えられていないキリスト教神学。その困難の中で、神の知を追究する挑戦にはいかなる意義や可能性があるだろうか。現代アメリカの指導的神学者が大...

もっと見る

大学のあり方 諸学の知と神の知 (青山学院大学総合研究所叢書)

3,780(税込)

ポイント :35pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代の大学で、もはや必要な科目と考えられていないキリスト教神学。その困難の中で、神の知を追究する挑戦にはいかなる意義や可能性があるだろうか。現代アメリカの指導的神学者が大学における神学の課題と未来とを照射する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章
  • 第1章 神学の知と大学の知
  • 第2章 廃墟をあとにして
  • 第3章 教育の危機とはいかなる危機なのか?
  • 第4章 「宗教多元主義」の終焉
  • 第5章 大学の悲哀
  • 第6章 キリスト教大学の将来の理想の姿とは?
  • 第7章 石を彫るか、もしくは、キリスト教という言語を学ぶか
  • 第8章 エクレシアのため、テキサスのため
  • 第9章 キリスト者と(私たちが住む)国家と呼ばれるもの

著者紹介

スタンリー・ハワーワス

略歴
〈スタンリー・ハワーワス〉1940年生まれ。デューク大学神学部に所属し神学的倫理を教えるギルバート・ロー教授。2013年名誉教授になる。英語圏で最も著名な神学者。著書に「主の祈り」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/14 17:12

投稿元:ブクログ

現代の大学はキリスト教でれ世俗的であれ、新生の国民国家システムのしもべだった。
キリスト者が大学に参加することを正当化する試みも自己欺瞞である。
学問分野の専門化は大学が資本主義社会から必要とされると支持を受けないかぎり重要だとは考えられない。

大学・高等教育 ランキング

大学・高等教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む