サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 「考える力」をつける本 続 勉強法、議論の作法から歴史の使い方、人生の楽しみ方まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「考える力」をつける本 続 勉強法、議論の作法から歴史の使い方、人生の楽しみ方まで

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/23
  • 出版社: 三笠書房
  • サイズ:18cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8379-2540-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

「考える力」をつける本 続 勉強法、議論の作法から歴史の使い方、人生の楽しみ方まで

著者 轡田 隆史 (著)

「自分の考え」をどう深め、広げ、伝えるか? 勉強法、議論の作法、歴史との対話、発想の技術、人生の楽しみ方など、持てる力を最大限に引き出し、あらゆる場面で役立つ頭の使い方を...

もっと見る

「考える力」をつける本 続 勉強法、議論の作法から歴史の使い方、人生の楽しみ方まで

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

続「考える力」をつける本

864(税込)

続「考える力」をつける本

ポイント :8pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「自分の考え」をどう深め、広げ、伝えるか? 勉強法、議論の作法、歴史との対話、発想の技術、人生の楽しみ方など、持てる力を最大限に引き出し、あらゆる場面で役立つ頭の使い方を教える知的実用書。〔「「考える力」をつける本 2・3」(1997,1998年刊)の加筆・改筆・再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

「自分の考え」をどう深め、広げ、伝えるか――。

◎「わからない」を前提に思考をスタートさせる
◎わからなくなったら「さかさまにものを見る」
◎何事も「自分に引きつけて考える」ノウハウ
◎より「公平な考え方」に近づくには?
◎批判は「受ける」のではなく「利用」せよ
◎歴史の中にある「無数の伝記」を読む
◎「素直に感動し、素直に疑問を抱く」大切さ
……

仕事、人生のあらゆる場面で役立つ「知的生産」のヒントを紹介。
100万部突破のベストセラーシリーズ!【商品解説】

著者紹介

轡田 隆史

略歴
〈轡田隆史〉1936年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。朝日新聞東京本社論説委員、日本大学法学部非常勤講師などを務めたあと、著作、講演などで活躍。著書に「小論文に強くなる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/18 23:52

投稿元:ブクログ

第一弾よりもいい意味で力が抜け、自然体が感じられ、好感を持った。理論ではなく、経験からくる実用的な教えは、じんわりと効いてくる感じ。十を聞いて一を知る姿勢、批判を糧とし、ユーモアで応える。平凡の日常にこそ愉しみが宿り、歴史に記録されないムコの先人を想う。考える自分を磨きたいと感じた。
14-117

2014/08/24 00:27

投稿元:ブクログ

専門バカというのは知識ばかり詰め込んだ結果、何事にも感動できなくなってしまった人のことを言う。あらゆる分野で、いい仕事をしている人というものはどこか子供っぽいういういしさを持っている。
自分がつらい時は、他の人だって辛い思いをしているのである。自分が不安を感じているときは、他の人だって不安にさいなまされている。

自分という存在があるからこそ、思ったり感が寝たりすることができる。つまり何ごとも、自分自身から出発sるうのである。迷ったり、困ったり、自信を失いかけたら、自分に戻ること。

2016/10/07 07:45

投稿元:ブクログ

先日、友人に考える力があると言われた。そんなこと言われたことがなかったので、嬉しくはなってみたものの、はて、考える力とはなんぞや、と考え笑 この本を購入。

要約すると、考える力とは周りに流されずに物事を復元的に見る力ということでしょうか。
転んでも失敗してもすぐに立ち上がる力とも巻末にはありますね。

自己評価としては、
起き上がりこぼしのようにそんなにすぐたちあがれはしない気がする苦笑  よって60点。

2014/06/23 09:07

投稿元:ブクログ

考える力の続編。

考える力とは「感動する力」である。その一言に集約されています。

今日の常識が明日には非常識になるかもしれない。まわりがそうだからと、今日の常識に立っていたかもしれない。自分で考えるとはしがらみを捨てて、様々な考え、普遍的な芸術や自然が発するメッセージに触れることだと思いました。

こどもの時の素直な発想や感動は大切ですね。

2014/07/30 19:42

投稿元:ブクログ

好評だった前著の続編です。
与えられた情報を鵜呑み、流されるのではなく、自分の頭で考えること、素直に疑問を抱くこと、そのために何をするのかについて書かれています。
世間一般で言われている考え方に対して、新聞記者をしていた著者はちょっと違うようです。その部分を具体的な例を挙げて読者にも考えることをさせることで訴えているようにも感じます。
私は、そのちょっと違うと感じる部分、非常に納得がいきます。

2015/05/24 21:49

投稿元:ブクログ

前作と同様、著者の経験談などを通して書いてあり、○○をやりなさい、というのが主体の本ではない。ので、そういう本を求めている人には向きません。

前作よりは良かった気がします。

個人的には、あまり読んでいない海外文学を読んでみるとまた新しい考え方に気づくのかな、と思いました。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む