サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. ひとつひとつ。少しずつ。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとつひとつ。少しずつ。
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/08
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-600297-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ひとつひとつ。少しずつ。

著者 鈴木 明子 (著)

誰かと比べない。戦うのは自分自身−。32キロまで体重が落ちた摂食障害を乗り越え、オリンピックに2度出場したフィギュアスケート日本代表・鈴木明子が、スケート人生を振り返りつ...

もっと見る

ひとつひとつ。少しずつ。

1,296(税込)

ひとつひとつ。少しずつ。 電子特別版

1,296(税込)

ひとつひとつ。少しずつ。 電子特別版

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誰かと比べない。戦うのは自分自身−。32キロまで体重が落ちた摂食障害を乗り越え、オリンピックに2度出場したフィギュアスケート日本代表・鈴木明子が、スケート人生を振り返りつつ、不安や恐怖を乗り越える方法を明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鈴木 明子

略歴
〈鈴木明子〉1985年生まれ。愛知県出身。東北福祉大学卒業。6歳からスケートをはじめる。バンクーバーオリンピック、ソチオリンピックで2大会連続8位入賞。2013−2014全日本選手権優勝。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/03 01:52

投稿元:ブクログ

鈴木明子さんは、私の甥と、同年です。
(生まれたのは彼女の方が一月ほど早いので、学年はひとつ上になります。)
だから、姪のような、年の離れた妹のような気持ちで応援してきました。

でも、彼女に色々学ばされました。
共感できる部分も多かった。

この本は市の図書館にリクエストして
購入してもらったのですが
自分でも購入して、読み返したくなったほどです。

2014/12/28 14:04

投稿元:ブクログ

【No.252】「生きているから痛みもわかる。苦しいのも辛いのも生きているから」「いまできることを全部やる。自分の持っている力を出す」「目立たないことをコツコツと。地道に少しずつやっていくことが大切」「他人の評価は二の次。他人の評価に成果を委ねるとおかしなことになる」「大事なのは自分に何ができたのか。他人と比べてできたかどうか、ではない」「泣く日があっても愚痴をこぼすときがあってもいい。でもまた元に戻れる強さを持ちたい」「いつもそのときの自分が決めたことはベストだと思っている。あのときの自分がたくさん迷って決めたこと、出した結論を自分で信じないでどうする」「きちんと準備ができていないから本番が不安になる」「自分で変えられるものは頑張って買えるけど、変えられないものを無理に変えてやろうとは思わなくなった」「内面を見つめることなく、評価を他人に委ねるばかりではいい結果は得られない。まずやるべきことをやることが大切」「スポーツでもそれ以外の世界でも、成功している人は横着しない。どんなに才能とセンスに恵まれた人でも、ひとつひとつやっている」

2014/09/27 11:20

投稿元:ブクログ

どのページも、どの言葉も心に響きます。
子供から大人まで、いろんな立場・状況の人がこの本を読んで励まされたり、勇気づけられると思います。
何度も何度も読み返したくなるタイプの本でした。

2014/04/22 03:28

投稿元:ブクログ

真央ちゃん、美姫ちゃん、かなちゃん、ゆかりちゃん…、
世界の表彰台に上がる素晴らしい日本女子のフィギュアスケーターの中でも、
特に鮮烈に覚えているのが、あっこちゃんの滑り。

高難度のジャンプではなくても、その視線で、そのステップで、その演技で観るもの、すべての視線を奪っていった
数々のプログラム。

2008年のNHK杯で生で観られたのが、いかに幸いだったか。それから6年間、ひとつ、ひとつ、着実に積み上がっていって、毎年毎年、わんわん泣かせてくれた、あっこちゃんの演技がとても好きだった。

ふと気づくと、いつも、あっこちゃんがスタオベに時には涙で、時には笑顔で答えている姿を思い出す。
バンクーバーの「ウエストサイド」、はじめて3回転-3回転を決めてぴょんぴょん跳び上がっていた「ハンガリアン・ラプソディ」
キル・ビルのハイドロブレードも最高にかっこよかった!

ひとつずつ、ひとつずつ、積み重なって
完成されたあっこちゃんのスケート人生。

次は振付師として、ひとつずつ積み上げる大事さと
あっこちゃんが身につけたその演技を次の世代につなげてもらいたい!

2014/05/11 23:05

投稿元:ブクログ

鈴木明子選手のファンです。彼女の演技はみてるだけで熱くなって、魅入ってるうちに涙がこぼれ落ちてしまう、いつもいつも。
この本もそう。文字はすかすかなのに、読んでいると熱いものがこみあげてきていつのまにか涙がこぼれ落ちてしまう、そんな本でした。
でも。もっといい本に出来たんじゃないかなって思うんです。中身がすかすかに見えてしまうのは、編集でカバー出来たんじゃないかな。もっと写真を入れるとかして。
ファンであるわたしはこの本はいい本だと思うけれど、フィギュアにそこまで興味がない人が読んでも響かないんじゃないかな。
鈴木明子選手が書いてる言葉はどれも素敵だけれど、一冊の本しては残念な箇所がたくさんありすぎて…ね。もっと丁寧に作って欲しかったです。

2014/04/14 15:03

投稿元:ブクログ

(No.14-11) フィギュアスケーター鈴木明子さんの自伝的エッセイです。

本を読んで、明子さんは私が抱いていたイメージそのままの方だと思いました。
真面目で誠実で完璧主義、要領よくごまかすことが出来ないので大変なことも多い。

そんな真面目な方ですから、あまり触れずにさらっと流してしまってもよかったかもしれない摂食障害のことも詳しく書いてありました。
この病気は、根っこに親子関係が潜んでいることが多いと聞きます。
明子さんの場合もお母さんとの関係が原因の一つだったようです。でも不思議なことに発症したのは一人暮らしをはじめてから。
環境の変化がそれまで抑えていたことを表に出したのでしょうか。
そして何も出来なくなってしまった状態で家に戻った明子さんを、丸ごとお母さんが受け入れてくれたことで回復していくことが出来ました。心って不思議ですね。

長久保先生も辛かったでしょう。小さい時から長期の休みのたびに仙台まで練習にやってきていた生徒が大学生になり、さあこれから本格的に教えて上げられるというとき病気になってしまった。(本にはそういうことは書いてありませんでしたが)長久保先生は、自分のせいではないかと悩んだりしたこともあったのでは?と思います。
仙台のリンクが閉鎖になった後拠点を名古屋に移す決断では、明子さんのことを考えたからかもしれないな、なんて考えました。

諦めないでこつこつ努力を続けることで、異例の遅咲きのフィギュアスケーターとして活躍した明子さん。
今後試合に出ることはなくなりますが、プロスケーターとして滑り続けたいとのこと。
振付師になる夢も、明子さんならきっと叶えることができるでしょう。
明子さんの振り付けで試合に出る選手を見るのを、楽しみに待ってます!

2015/06/06 20:40

投稿元:ブクログ

フィギュアスケート競技22年を終え、オリンピック二度出場を果たしたあっこちゃんの自叙伝というか啓発本。
努力の大切さとか、目標の大切さとか、病気を経てから変わった考え方とか。
いろいろな経験をして、でもぶれなかったスケートへの思いとか、現役を終えてすぐに語られる彼女の言葉が勇気を与えてくれる。

2014/04/27 22:50

投稿元:ブクログ

ファンとしてはこの分量でも満足だけど、せっかく内容がいいのだから
スケートファン以外の人にも判りやすいように、編集サイドで
補足説明があればもっと良かったのではないかな?と思う。
そういう意味で「急いで発行しちゃった」という感じが否めない。

2016/11/15 19:17

投稿元:ブクログ

焦ってうまくいかない今だから
とても響きました。

鈴木選手のおっとりとひとつひとつ。少しずつ。積み重ねる姿勢。
なによりも、落ち着くことが大切なのだと。

ありがとうございます。

2015/10/02 19:57

投稿元:ブクログ

オリンピックへ2度出場したフィギュアスケーター鈴木明子。
彼女は遅咲きとも称された。摂食障害を経験したことから、リンクに再び上がることは難しいと思われていた時期もあったが、それでもスケートが好きという気持ちは変わらなかった。

自称「できないくせに完璧主義」の性格。
そんな性格を見据えて、鈴木明子は自分でひとつひとつ、少しずつを心がけるようになる。


できない自分を受け入れること
遠回りではないことを結果で証明すること
そのときの自分が決めたことを信じること
心の弱さは技術の不安、打破するには練習を積み重ねること
瞬時にミスを分析して、できることを探すこと
まあ、いいかと思うこと
落ち込んだときは小さなことに感謝すること
願うだけでは何も叶わないこと
楽しい!と思える方法を見つけること
何も考えずに言われたことを素直にやること



生きるためのエッセンスのようなものが凝縮された本。

2016/06/23 00:37

投稿元:ブクログ

苦しいこともつらいことも、嫌なことも、すべて自分には必要だったのです。152
135、何かを手に入れたいと思うなら、我慢や犠牲は仕方がない
つらい練習をがんばった経験が無いのに、心だけが強い人がいるでしょうか?106
摂食障害からの復帰
「もどる」んじゃなくて「進む」んだ、と思ったときに一歩前に進めた気がします

63、自分の弱さに向き合うことは、強い人にしかできません
私がずっと取り組んできたのは「底辺を上げること」27

2014/04/22 19:06

投稿元:ブクログ

心が折れることがあってもいい。でも、あきらめないことが肝心です。この言葉が、私にとって折れてもいいんだってことで、肩の荷をおろしてくれました。

落ち込むとき、元気がないときがあってもいいんです。でも、そのときには小さなことに感謝してください。誰かに笑顔を向けてください。
完璧主義である私に完璧すぎる必要がないと言ってくれた気がします。

「大丈夫だ」と言ってくれる人がいるだけで、人はこんなにも強くなれるんだということがわかりました。
そういう人を見つけたいし、そういう人になりたいと思いました。

泣く日があっても、愚痴をこぼすときがあってもいい。でも、また元に戻れる強さを持ちたいと考えています。
元に戻れる強さ…そんな風に考えたことがありませんでした。自分自身のことは完璧に求めてしまうから泣いちゃダメ!愚痴をこぼしちゃダメ!ってダメ事項どんどん増やしていって、しまいにはやっぱり自分って駄目だ…みたいに思っていました。。。
元に戻れる強さがあれば、泣いてもいい。
そんな風に私は解釈しました。

明子さんは、完璧主義でストイックな方なんだなと感じました。

2014/06/25 19:59

投稿元:ブクログ

このひと、摂食障害になったことあったのか、それがびっくりでした。
そんな逆境があっても自分のやれる範囲のことをこつこつと続けることが大切。
決してできるひとではない、鈴木さんの努力が垣間見れる本でした。

2014/04/29 09:19

投稿元:ブクログ

 日本を代表するフィギュアスケーターである著者の原点は、
「いまできること」を全部やる。自分の持っている力を出す。
ということです。
 本書は、様々な苦しみや困難を乗り越えて成長し、息長く第一線で活躍し続けることができた秘訣をまとめた一冊です。

 詳細なレビューはこちらです↓
http://maemuki-blog.com/?p=2477

2014/12/04 14:14

投稿元:ブクログ

もっといい本にできたと私も思います!
写真だってもっと(もちろんカラーで)入れてくれたらいいのに。

彼女が摂食障害であったこと、そして素晴らしいスケーターだったこと、
彼女の演技の素晴らしさ、これらをすべて知ってる人には素晴らしい本だけれど、
そうじゃなければ伝わりきらない。

だけどやっぱり、読んでると彼女の演技が懐かしくなるよね、もう。
見たくなる。

生で見た彼女の演技のスピードと迫力はTV以上で素敵だったなぁ。

今後の夢である振付師としてぜひがんばって欲しいです。

スケート・フィギュアスケート ランキング

スケート・フィギュアスケートのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む