サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 絶対服従!言いなり許可証でお嬢様と調教生活

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絶対服従!言いなり許可証でお嬢様と調教生活(二次元ドリーム文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

絶対服従!言いなり許可証でお嬢様と調教生活 (二次元ドリーム文庫)

著者 栗栖 ティナ (著)

幼なじみのお嬢様のピンチを助けたお礼として、提示すれば何でも言うことを聞いてもらえる許可証を手に入れた紀洋。最初は怪我の介抱などをお願いしていたのだが、お嬢様の莉緒やその...

もっと見る

絶対服従!言いなり許可証でお嬢様と調教生活 (二次元ドリーム文庫)

721(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼なじみのお嬢様のピンチを助けたお礼として、提示すれば何でも言うことを聞いてもらえる許可証を手に入れた紀洋。最初は怪我の介抱などをお願いしていたのだが、お嬢様の莉緒やその母親の可南子、屋敷で働くメイドのくるみへのお願いはどんどんエスカレートしていき…!?【「BOOK」データベースの商品解説】

提示されれば命令に従わなければならない許可証を手に入れた紀洋は、お嬢様の莉緒やその母親、メイドさんにエッチな命令をして!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/10 01:10

投稿元:ブクログ

 序盤に、ヒロインの母親に童貞を奪われるのは実に良かった……が、登場人物すべてが巨乳で似たような体型であるし、違いがもっと欲しかった。最後はいつもの通り大団円。登場する女性全員と男一人でエロいことする、まるで日米オールスター戦だ。
 エロ小説で最も重要なのは……というか楽しみどころは、描写と効果音もあるが、特に終わり方なのだ。だいたいがターミネーター2みたいな感じで終わるのだが、この小説もそうだった。

 有効期限のあった言いなり許可証でエッチな命令ばかりされていたが、ヒロインはあらためてその許可証に「一生有効」と書いて主人公に手渡す。二人は結ばれてめでたしめでたし。
【ニヤニヤ笑う母とメイド少女へ、照れくさそうに目線を外して訴えるお嬢様。
 紀洋はそんなやり取りを横目に、「偽物」から晴れて「本物」に変わった「言いなり許可証」をしげしげと眺める。愛しい美女達が何でも自分に言いなりになってくれる幸せの日々がこれから一生続くなんてまさに夢のような気分だ。
 その喜びをしみじみ噛み締め、早速考え込む。
 さあ――今度はどんなお願いをしよう。】

 ここで話は終わる。実に爽快だった。読み終えて窓の外を見ると、朝の冷たい空気と雲一つない青空が見えてきそうなものである。
 なぜエロ小説は、終わり方がいつも「はじまったな」「いや、終わったのさ」みたいな、ちょっと煙草で一服する感じになるのだろうか。作者の「ふぅ……」という声が聞こえてくるような……。