サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

忍者文芸研究読本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/12
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:21cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-305-70732-1
  • 国内送料無料

紙の本

忍者文芸研究読本

著者 吉丸 雄哉 (編著),山田 雄司 (編著),尾西 康充 (編著)

「忍者像」はどのように創られたのか。小説・芸能・漫画・映画など、フィクションの世界における忍者像を、国内外の視点から解き明かす。和田竜×川上仁一×山田雄司の鼎談、文献ガイ...

もっと見る

忍者文芸研究読本

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「忍者像」はどのように創られたのか。小説・芸能・漫画・映画など、フィクションの世界における忍者像を、国内外の視点から解き明かす。和田竜×川上仁一×山田雄司の鼎談、文献ガイド、史料紹介も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「忍者像」はどのように創られたのか。

小説・芸能・漫画・映画…フィクションの世界における
忍者像を、国内外の視点から解き明かす!

【忍者の実像を明らかにすることは大事である。それと同様に、人々の心をとらえ、娯楽として楽しまれてきたフィクションの忍者の姿の研究もまた、大事である。人々が愛してきたその姿こそ、本当の忍者といえるのではないだろうか。フィクションのなかの忍者を研究することは、日本の文化や精神をあきらかにすることにつながり、また世界の中で忍者が、あるいは日本と日本人がどのように見られているのかを知る手がかりにもなると考えている。………「はじめにかえて」より】【商品解説】

目次

  • 〈カラー口絵〉伊賀流忍者博物館所蔵・沖森文庫 忍者浮世絵セレクション
  • はじめにかえて●吉丸雄哉
  • 1 鼎談 史実の魅力、小説の魅力 —忍者小説の新たな地平
  • 和田 竜(作家・『忍びの国』『のぼうの城』他)×
  • 川上仁一(伊賀流忍者博物館名誉館長・三重大学特任教授・最後の忍者)×
  • 山田雄司(三重大学教授・忍者研究)
  • 各論を読む前に知っておきたい 忍者関連作品史●吉丸雄哉

著者紹介

吉丸 雄哉

略歴
〈吉丸雄哉〉三重大学人文学部准教授。研究分野は日本近世文学。著書に「武器で読む八犬伝」ほか。
〈山田雄司〉三重大学人文学部教授。研究分野は日本古代・中世信仰史。著書に「崇徳院怨霊の研究」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/22 18:49

投稿元:ブクログ

 今日は、「ニンニンニン」ということで、「忍者の日」だそうです。笑点の大喜利を見ていて初めて知りました。この日を仕掛けたのは、伊賀と甲賀の観光協会。ライバルがタッグを組んで忍者で町おこしか。

 そんな今日にぴったりの本が「忍者文芸研究読本」。忍者の実像とフィクションについて研究することで日本での忍者、あるいは世界における忍者像を知るヒントになるという主旨でこの本が出版された。

 忍者をめぐっていろいろな視点から語られているのが面白い。忍者の世界も奥が深いなあ。

 三重大学の人文学部の研究者が中心となって忍者研究を行って情報発信をしてきたとある。こういう地味な研究をするには、国立大学の人文学部の存在意義が大いにある。金にならない研究はダメよなんて無粋なことを言わずにもっと奨励していいのになあ。

忍者の日

http://222.ninja/

2014/10/10 22:43

投稿元:ブクログ

史実、創作、芸能…様々なテーマ毎に展開される忍者論文集みたいな感じ。作品年表や一次資料なども紹介されており、忍者研究の概論として非常に価値のある内容かと。

しかし、やはり忍者文芸において『NARUTO』というのは物凄い存在感を持つコンテンツなんだなあw

2014/09/09 20:25

投稿元:ブクログ

こういう忍者研究もあっていいと思う。
図書館の本で時間切れで全部読めなかったけど、今度借りたら海外での忍者文芸の評価についての項を読んでおこうと思う。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む