サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か? 聖書の物語と美術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か? 聖書の物語と美術
ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か? 聖書の物語と美術 ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か? 聖書の物語と美術

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/01
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-823030-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か? 聖書の物語と美術 (小学館101ビジュアル新書 Art)

著者 高階 秀爾 (著)

巨匠は聖書の物語をどのように描いてきたのか? 名画のなかに息づくキリスト教の世界を読み解く。2013年9〜10月に行われた講座の内容を再編集し書籍化。「ミロのヴィーナスは...

もっと見る

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か? 聖書の物語と美術 (小学館101ビジュアル新書 Art)

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

巨匠は聖書の物語をどのように描いてきたのか? 名画のなかに息づくキリスト教の世界を読み解く。2013年9〜10月に行われた講座の内容を再編集し書籍化。「ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?」姉妹編。【「TRC MARC」の商品解説】

名画に描かれた聖書とキリスト教の世界

ヨーロッパ社会において2000年以上にわたり、人々の日常生活や精神活動の礎として大きな役割を果たしてきたキリスト教。美術の分野もまたその例外ではなく、キリスト教と聖書の物語は、多くの名画を生み出す源泉となってきました。
本書は、レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ミケランジェロ、ボッティチェリ、フラ・アンジェリコ、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベンス、モロー、マネなどルネサンスから近代に至る数々の巨匠たちが、聖書の物語をどのように描いてきたのか、またそれらの名画のなかに聖書がどのように息づいているのかを読み解き、多くの美麗な図版、詳細な部分図とともに、わかりやすく解説していきます。
既刊『ミロのヴィーナスはなぜ傑作なのか――ギリシャ・ローマの神話と美術』(823029)の姉妹編ともいうべき入門書です。2013年9月~10月に行われたNHK文化センター講演「聖書の図像学――物語とイメージ」(全7回)をもとに、大幅に加筆修正。

【商品解説】

著者紹介

高階 秀爾

略歴
1932年東京生まれ。美術史家。大原美術館館長。東京大学教養学部卒業。東京大学教授、国立西洋美術館館長などを経て現職。東京大学名誉教授。 著書に、『誰も知らない「名画の見方」』(小学館)、『名画を見る眼』『続 名画を見る眼』(以上 岩波新書)、『ルネサンスの光と闇』(中公文庫)、『世紀末芸術』(ちくま学術文庫)、ほか多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/21 01:51

投稿元:ブクログ

絵画を読み解くのはなんとエキサイティングな営為なのか。聖書の物語と描かれた時代の背景。素材と表現の両方を知らなければ、正しい鑑賞も成り立たない。表現者と社会の関係を位置付ける作業とも言える。自分の社会の基層に何があるのかを知ることが重要だとも思った。

2016/01/09 21:45

投稿元:ブクログ

近代になって風景画や静物画が独立したジャンルとして成立する以前は、西欧では絵画は基本的には何らかの物語りと結びついて、その中身を人々に語り伝えるためのツール。つまり絵画とは「読む」ものだった。
その中心となるのが、「ギリシャ・ローマ神話」であり「聖書」の世界である。

本書では、後者の「聖書」を中心とした絵画の話で、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の天井に描かれた「天地創造」から始まり、最後の第7章はタイトルにもなっているレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」へと続く。

特に第7章は面白く「最後の晩餐」のテーマが過去にどのように描かれてきたかということから説き起こし、レオナルドの「最後の晩餐」への話へ展開してゆく。

この作品はその誕生から極めて不幸な歴史を歩んできた。遅筆で描き直しを好んだレオナルドは(堅牢で保存性の高いフレスト画を嫌い)テンペラ画で描いたため、レオナルドの生前から既に剥落が始まり、その後2度の洪水に水没し、第2次世界大戦では連合軍の爆撃で、建物が半壊し3年も雨ざらしになり、16世紀~19世紀にかけての修復作業が結果として、かえって絵を損傷させた。このような度重なる不幸にもかかわらず、今でもこの絵を観ることができるのは奇跡であるという。本当に奇跡としか言いようがなと思う。
そしてこの絵が何故名画なのかの解説が始まる。これ以上書くと、まだこの本を読んでいない人は、楽しみが減ってしまうので、以下省略します。

ただこの絵にしろ初めに書いたミケランジェロの絵のにしろ、壁や天井に描かれているので、日本では観る事が出来ないのが残念です。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む