サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

季節のうた(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/08
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41291-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

季節のうた (河出文庫)

著者 佐藤 雅子 (著)

昭和40から50年代、婦人誌等で家族への愛情に溢れた料理やすみずみまで行き届いた暮らしぶりを披露し、女性たちの憧れの的だった主婦・佐藤雅子さん。半世紀近く経た今なお、生活...

もっと見る

季節のうた (河出文庫)

745(税込)

季節のうた

745(税込)

季節のうた

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和40から50年代、婦人誌等で家族への愛情に溢れた料理やすみずみまで行き届いた暮らしぶりを披露し、女性たちの憧れの的だった主婦・佐藤雅子さん。半世紀近く経た今なお、生活を愛する人々に影響を与えつづけている著者の、唯一のエッセイ集。初針仕事の指抜きづくり、初夏のティーパーティー、秋のいんげんを使ったピックルス、年こしのための支度の数々―毎日をいろどる54篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

初針仕事の指抜きづくり、初夏のティーパーティー、年こしのための支度…。婦人誌等で家族への愛情に溢れた料理やすみずみまで行き届いた暮らしぶりを披露し、女性の憧れの的だった主婦・佐藤雅子さんの唯一のエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 雅子

略歴
明治42年、東京・小石川生まれ。政治家の夫を支える傍ら、持ち前の料理の腕を活かして女性誌にレシピを発表するなど、元祖カリスマ主婦として知られた。他著書に『私の保存食ノート』『私の洋風料理ノート』。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/23 23:58

投稿元:ブクログ

図書館で本を返したあと、珍しく受けとる予約本もなく、面陳棚をぶらーっと見ていたら、この本が目に入って、なんとなく借りてきた。文庫カバーの袖にある著者略歴を見ると、1909年うまれ、1977年に亡くなったこの人の夫は、元人事院総裁の佐藤達夫氏とあった。

佐藤達夫の名は、『日本国憲法の誕生』で見たおぼえがある。法制局部長で、日本国憲法がつくられていくときに深く関わった人だ──と、思っていたら、一月から順に、月ごとの暮らしぶりを書いた中に、三月「憲法起草のころ」という文章があった。

▼昭和22年3月4日の晩、これまでだまって家をあけたことのない主人が、いつまで待っても帰ってまいりません。物騒な時代のことで、私と娘たちは一睡もせず朝を迎えたのでございました。(中略)
 6日の朝、主人の帰りを待ちながら立ちつくしておりますと、坂道をはうようにしてのぼってくる主人の姿が見えました。とても生きた人間の顔ではありません。GHQ(当時の占領軍総司令部)で一晩、首相官邸で一晩、二日二晩ぶっつづけの徹夜作業だったとのことでございました。当時は何の仕事か主人は一言も申しませんでしたが、ずっとあとになって、それが憲法起草の仕事のはじまりだったことを知りました。(pp.58-59)

著者が、こうした「主人」の仕事のことを書いている箇所は他にはない。文中に出てくる「主人」は、食事に神経質で、そして花が好きで、たまの休みには早朝から弁当持ちで山へ出かけるような人であったらしい。「主婦」たる著者が書きとめているのは、食事の用意や、季節の家事のこと、母や姑のおしえのことなど。

この世代の「上流」の家庭はこのような言葉遣いがふつうだったのか、著者の書く文章は「ございます」「いたします」調で、出てくる料理がまたハイカラで、バターのことを「バタ」と書く『暮しの手帖』のレシピを思いださせるものがあった。

文庫カバーの裏表紙には「昭和40から50年代、婦人誌等で家族への愛情に溢れた料理やすみずみまで行き届いた暮らしぶりを披露し、女性たちの憧れの的だった主婦・佐藤雅子さん」とある。昭和40~50年代に、どんな人たちが著者に憧れたのだろうなーと想像した(もしかしたら、専業主婦がいちばん多かったという団塊の世代?)。

ひんぱんに出てくる料理レシピのなかで、お菓子はちょっと手が出ないが、保存食の一部はわりとかんたんにできそうだったので、こんど『私の保存食ノート』というこの著者の本を見てみたい。

(8/23了)

2015/04/12 13:18

投稿元:ブクログ

新聞に掲載されたエッセイをまとめているので、1月から時系列に並んでいるので、それに則って読んでいます。
ゆっくり丁寧に流れる時間はとても愛おしくて、現代の私たちは、どれほど時間を無為に粗雑に使っているかと反省しつつ読みすすめてます。
高峰秀子・沢村貞子・向田邦子系列の書籍がお好きな人には、大変「ウケる!」一冊。贈り物にいただきました。送り主さんは私の好みをよくご存知ですこと。

2014/05/13 19:09

投稿元:ブクログ

何だか、ホッとする感じがするのは何故でしょう、、、

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309412917/
文化出版局のPR(単行本)
http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579303915/

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む