サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハジの多い人生

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/25
  • 出版社: 新書館
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-22077-7
  • 国内送料無料

紙の本

ハジの多い人生

著者 岡田 育 (著)

文化系WEB女子改めハジッコ女子・岡田育の自伝的エッセイ集。デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」の人気連載がついに書籍化!!【「BOOK」データベースの商品解...

もっと見る

ハジの多い人生

1,620(税込)

ハジの多い人生

1,296(税込)

ハジの多い人生

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文化系WEB女子改めハジッコ女子・岡田育の自伝的エッセイ集。デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」の人気連載がついに書籍化!!【「BOOK」データベースの商品解説】

中心で愛を叫んじゃう系の人からは、浮いてる、トンデる、変わってる、終わってる、と笑われたり哀れまれたり…。ハジッコ女子の自伝的エッセイ集。デジタルコンテンツプラットフォーム『cakes』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/25 19:41

投稿元:ブクログ

 この国には、何かメイドインジャパンが偉業を達成すると、それがそのまま日本人すべての手柄になると思い込む人がやたらと多い。スポーツ選手のみならず、家電のブランドからi PS細胞まで、「○○を生んだ日本に生まれた自分が誇らしい」と言いはじめる。集団への帰属意識が強すぎて自己と他者の区別がついていない、ちょっと高等生物らしからぬ感覚のように思う。
(P.267)

2015/01/11 01:36

投稿元:ブクログ

「cakes」連載されていたらしい岡田育のエッセイ。
何かの拍子で知りポチったはずだが、切っ掛けを忘れてしまった...(^^;)ハハハ。
エッセイというモノはけっこう好きである。
しかし中身はどぉ〜でもいい。

ボクがエッセイに求めるモノは作者の語り口、文体、言葉遊びにつきると思っている。
そういう意味では作者である岡田育のエッセイは好みなほうだ。
『文化系WEB女子』あらため『ハジッコ女子』という単語もいい。

小中高と12年間女子校という特殊な環境。
特殊な環境故か『女子をこじらす』作者。
『女子をこじらした』作者の心の滓を読み進めるうちにふと思い立つ。
『女子をこじらせた』女子と『男子をこじらせた』男子とは、男女の『性』を超越した同質のジェンダーに括られるんではないだろうか? 特に女子校生活についての部分では、男子校あがりのボクとしてもつくづく頷かざるを得ない。

持って生まれた先天的な個人の性格のほか、男子校だったり女子校だったりこの世の理を無視した無理矢理な世界で育った後天的な性格がもたらすハジっこ意識を感じる方には、オススメできるエッセイである。
が、教室のど真ん中で我が世の春を謳歌してきた健全な方々にはオススメできかねます(笑)