サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 合本日本美術がわかる。西洋美術がわかる。 一気に読み切る総まとめ。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

合本日本美術がわかる。西洋美術がわかる。 一気に読み切る総まとめ。(マガジンハウスムック)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
ムック

紙の本

合本日本美術がわかる。西洋美術がわかる。 一気に読み切る総まとめ。 (マガジンハウスムック)

著者 橋本 麻里 (著),藤原 えりみ (著)

縄文時代から明治時代まで、東京国立博物館オールタイムベストで日本美術を総まとめし、画家・山口晃が中世美術や抽象美術といった西洋美術を総ざらいする。『BRUTUS』掲載を改...

もっと見る

合本日本美術がわかる。西洋美術がわかる。 一気に読み切る総まとめ。 (マガジンハウスムック)

780(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

縄文時代から明治時代まで、東京国立博物館オールタイムベストで日本美術を総まとめし、画家・山口晃が中世美術や抽象美術といった西洋美術を総ざらいする。『BRUTUS』掲載を改訂・再編集。【「TRC MARC」の商品解説】

「東京国立博物館に行けば、ぜんぶわかる!」をコピーに、東博所蔵品だけで日本美術史を整理した、2013年の『日本美術総まとめ』特集。そして、画家・山口晃さんを案内役に3,000年の西洋美術史を辿った、2012年の『西洋美術総まとめ』特集。本誌BRUTUSで好評を博した2号を合本し、日本美術と西洋美術の名品250点のカラー図版が掲載された豪華なムックができました。日本美術がわからない。西洋美術がわからない。だからちっとも興味が持てないと諦めていた人にBRUTUSが提案するのは、作品と個別ににらめっこするのではなく、少し離れて美術の歴史を俯瞰してみること。全体図があると眺めが良くなるもの。各時代を背景に、ひとつひとつの作品が生まれた理由がわかってくると、美術の成り立ち自体が見えてきます。日本美術は縄文時代から近代まで、西洋美術は古代ギリシャ・ローマから第一次大戦後まで。まずは、美術の全体図をひとつかみ!
【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/25 21:39

投稿元:ブクログ

2014/9/25 近所のコンビニにて購入。
2014/9/26〜10/18

コンビニで見かけて新刊と思って購入したが、結構前にでていたみたい。和洋の芸術の歴史が代表作とともに分かりやすく解説されている。先日上野に行く機会があったのに、国立博物館に行っておくんだった。

2014/06/08 14:57

投稿元:ブクログ

そこまで深く調べる程の覚悟はないけどなんだかちょっと今知りたいって時にありがたい一冊。
ダイニングテーブルに常置してペラペラめくると目が喜びます。

2015/03/15 19:06

投稿元:ブクログ

長らく積読してたのですが、久しぶりに美術館に行くことがあり、予習用として読みました。

日本美術、西洋美術ともにコンパクトにまとまっており全体をばーっと捉えるにはとてもよいまとめです。

特に西洋美術については、世界史についての理解も浅かったため、「古代ギリシャ・ローマ」「キリスト教」という西洋文化における2代要素がどのように美術に影響し、各時代でどのように変わっていったのかを把握することができました。

ちなみに見に行ったのは、東京都美術館の「新印象派展」この展示も、印象派→新印象派→フォービズムという流れやその背景にある配色理論の発達など、とても分かりやすく、ものすごく良い展示でした。

2014/04/24 08:58

投稿元:ブクログ

日本美術は東京国立博物館のもののみ。橋本麻里さんがまとめ、西洋美術は山口晃さんが解説。
日本美術はわかるが、対象が狭すぎ、西洋美術はわかる部分が少なかった。年寄りにはもうちょっと字が大きいといいなぁσ(^_^;

2014/04/21 21:29

投稿元:ブクログ

よかった。山口氏の西洋美術の解説と
セザンヌの解説は面白いと思いました。
西洋美術の歴史的流れを端的に解説してあるのですが
これを実際に、実物を見ながら耳から聴ける機会が
あればと思います。

2016/09/05 23:14

投稿元:ブクログ

正直言うと、日本美術の方はほとんど頭に入ってこなかった…。
日本人なのに、ここに載ってる西洋の絵画や彫刻の方が見覚えあるものが多かったからか、西洋美術の方が面白かった。絵筆の跡や、絵画の大きさも評価のうちに入ること、美術品の社会的価値の変遷、歴史と相互に及ぼし合う影響、製作者たち自身の考えや眼差しの変化、それに伴う様々な流派の発生…。
美術品、芸術作品がたどってきた流れを知ることで、凄さを感じることができる人だけの高尚な趣味…なんて近寄りがたく思ってた美術品が、人間の欲望や憧れやあがきから生まれた背景を持つ表現物なんだって思えた。

2014/05/09 07:16

投稿元:ブクログ

レファレンス用

マガジンハウスのPR
http://magazineworld.jp/books/paper/8908/

2014/10/28 22:53

投稿元:ブクログ

日本美術史と西洋美術史の流れを、1冊でまとめて読める本。
江戸以降の日本美術についての記述が薄いのが残念な点ではあるが、この値段で日本美術史の基本について一通り知ることができる本というのは貴重だと思う。
安く、速く、かつ最低限の知識を押さえつつ美術史の基本を理解するには良い一冊なのではないか。

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む