サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第2巻 「和」と「結い」の心と対等意識

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第2巻 「和」と「結い」の心と対等意識
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/12
  • 出版社: 彩雲出版
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-18995-1
  • 国内送料無料

紙の本

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第2巻 「和」と「結い」の心と対等意識

著者 小名木 善行 (著)

縄文クッキーと和菓子、額田王と白村江の戦い、日本初の小学校女性教師、女工さんと日本的経営…。日本人が知らない日本のすごい話や感動する話全18話を厳選して紹介。ブログをもと...

もっと見る

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第2巻 「和」と「結い」の心と対等意識

1,458(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

縄文クッキーと和菓子、額田王と白村江の戦い、日本初の小学校女性教師、女工さんと日本的経営…。日本人が知らない日本のすごい話や感動する話全18話を厳選して紹介。ブログをもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

1日に3万人が訪れる人気ブログ「ねずさんのひとりごと」の書籍化第二弾! 日本人のDNAに刻まれた「和」の心が目覚める感動の20話。
元文部科学大臣、中山成彬氏が「日本人に生まれて、本当によかったと思える本です」と推薦する。

「和」を尊ぶ日本においては、人生において生じるさまざまな対立や闘争でさえ、その究極の目的を「和」に置きます。対立や闘争といった障害を建設的に──つまり「結い」の精神で乗り越えることで、さらに大きな「和」を築こうとします。これが日本精神です。対立と闘争の目的が「勝利」に置かれる諸外国とは、根本的に異なる精神文化です。(本文より)【商品解説】

目次

  • 序にかえて 日本アニメと対等意識
  • 1 和菓子 縄文クッキーと和菓子
  • 2 和菓子 桜餅物語
  • 3 女 神 土偶にこめられた思い
  • 4 女 神 愛する夫よ、愛する妻よ
  • 5 和 歌 小野小町の美しさ
  • 6 和 歌 額田王と白村江の戦い
  • 7 静御前 死を覚悟の舞
  • 8 清少納言 『枕草子』とセーラームーン

著者紹介

小名木 善行

略歴
「日本の心をつたえる会」代表。昭和31年1月16日生まれ。静岡県浜松市出身。国史研究家。平成12(2000)年に独立し、食品製造販売業を営むかたわら、インターネットで日本の良い話を中心に情報発信を開始したブログ「ねずさんのひとりごと」では、近時、月80~100万人の訪問者を有している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/13 11:55

投稿元:ブクログ

争いではなく、協同の大切さを教えてくれる。その協同することを「結(ゆい)」と呼び、みんなが結ばれるから、良いことがおこる。結ぶのは「糸」、良いことは「吉」。だから「結」なのだと。中には、正直出来すぎな話もあるかもしれない。しかし、全編にわたり、日本人の本来の素晴らしさを感じられる良書だと思われる。改めて、妻を大切にしようとも(^^;;

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む