サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. マンガ評論・読み物
  4. 再び大阪がまんが大国に甦る日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

再び大阪がまんが大国に甦る日
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/10
  • 出版社: ブレーンセンター
  • サイズ:18cm/690p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8339-0706-4
  • 国内送料無料

再び大阪がまんが大国に甦る日 (新なにわ塾叢書)

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貸本まんがの衰退とともに終焉を迎えたまんが大国大阪が、独立系の若者たちの地道な活動から再生していく過程を解説する。貸本「ばくだんくん」も収録。市民講座「新なにわ塾」での講演をまとめたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

駒画×劇画対談 松本正彦 述 19−110
関西の若手まんが家にきく 助野嘉昭 述 111−195
パリを沸かせた花村ワールド 花村えい子 述 197−265

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/10 10:11

投稿元:ブクログ

戦後、手塚治虫や辰巳ヨシヒロ、花村えい子…らが築いたまんが大国OSAKAは、貸本まんがの衰退とともに終焉をむかえた…かにみえた。しかし、その後、大手出版社とは一線を画した独立系の若者たちが地道な活動をつづけ、やがてそのことが関西の美大に世界でも珍しいアニメ学科・学部誕生へと発展していった。新たな才能がプロとして続々と芽吹きはじめた今、まんが大国OSAKA再生への道が少しずつ拓けてきたのではないか。

松本正彦(まつもと・まさひこ)
漫画家。日の丸文庫が創刊した短編集『影』に発表した『隣室の男』で見せた新たな手法を「駒画」と呼んだ。近年再評価が進み、短編集『たばこ屋の娘』『劇画バカたち! ! 』はフランスでも翻訳出版された。2005年没。

辰巳ヨシヒロ(たつみ・よしひろ)
漫画家。リアルな表現を追求しその手法を「劇画」と名付ける。以降、社会の底辺を描いた短編連作を手がける。仏アングレーム国際BDフェスティバル遺産賞、米ウィル・アイズナー賞、手塚治虫文化賞大賞など受賞歴多数。主な著書は『劇画大学』『劇画漂流』など。

斧田小(おのだ・しょう)
劇画史研究会主宰。貸本劇画および貸本劇画家の研究を続ける傍ら、執筆活動も。

助野嘉昭(すけの・よしあき)
漫画家。2008年から2013年まで『ジャンプSQ.』誌上にて『貧乏神が! 』を連載。2013年12月号から『ジャンプSQ.』にて『双星の陰陽師』を連載中。

谷岡曜子(たにおか・ようこ)
漫画家。神戸芸術工科大学非常勤講師。2010年『コミック怪』でデビュー後、同誌及び『サムライエース』にて『死舞能』を連載。

森下真(もりした・まこと)
漫画家。2011年『鴉檻~レイヴンケイジ~』でスクエアエニックスマンガ大賞・準大賞を受賞しデビュー。それ以降は、読み切り『Im~イム~』を掲載。

吉村和真(よしむら・かずま)
京都精華大学マンガ学部教授。京都国際マンガミュージアム研究センター長。専門は思想史・まんが研究。主な業績に『差別と向き合うマンガたち』『マンガの教科書』など。

中野晴行(なかの・はるゆき)
編集者・ライター。京都精華大学客員教授。日本漫画家協会、日本SF作家クラブ会員。『マンガ産業論』で、日本児童文学学会賞奨励賞、日本出版学会奨励賞、『謎のマンガ家酒井七馬伝』で、日本漫画家協会特別賞を受賞。

花村えい子(はなむら・えいこ)
漫画家。日本漫画家協会理事。SNBA正会員。大阪で貸本漫画『虹』でデビュー。代表作は『霧のなかの少女』『花影の女』『花びらの塔』など。最近刊ではマンガ古典文学『源氏物語 全3巻』がある。

竹内オサム(たけうち・おさむ)
同志社大学社会学部メディア学科教授。評論研究誌『ビランジ』主宰。手塚治虫につけてもらった、おさ・たけしのペンネームでまんがを執筆。著書は『手塚治虫論』『戦後マンガ50年史』など。

ビッグ錠(びっぐ・じょう)
漫画家。大阪で貸本漫画『ばくだんくん』でデビュー。週刊少年マガジンに『釘師サブやん』を連載。大ヒット作品『包丁人味平』のほか、『どくろ坊主』『一本包丁満太郎』など著作多数。

村上知彦(むらかみ・ともひこ)
まんが評論家・編集者。神戸松蔭女子学院大学教授。スポーツニッポン新聞大阪本社文化部、チャンネルゼロ取締役、プレイガイドジャーナル編集長などを経て現職。著書は『黄昏通信・同時代まんがのために』など。

マンガ評論・読み物 ランキング

マンガ評論・読み物のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む