サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略(星海社新書)
「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略(星海社新書) 「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略(星海社新書) 「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略(星海社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 星海社
  • レーベル: 星海社新書
  • サイズ:18cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-138551-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略 (星海社新書)

著者 杉山 茂樹 (著)

WC優勝を目指す国のうち、ただ1チームを除いては全て敗者だ。サッカーの本質は「敗戦」の中にこそある。敗戦の価値とは何か? サッカーの見方が変わる脱「勝利至上主義」の杉山流...

もっと見る

「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略 (星海社新書)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

WC優勝を目指す国のうち、ただ1チームを除いては全て敗者だ。サッカーの本質は「敗戦」の中にこそある。敗戦の価値とは何か? サッカーの見方が変わる脱「勝利至上主義」の杉山流蹴球論!【「TRC MARC」の商品解説】

サッカーの見方が一段深くなる、脱「勝利至上主義」の蹴球論!
はっきりと言おう。今の日本のサッカーに足りないのは、負けに向き合う勇気だ。メディアもファンも、サッカー関係者さえも、勝利至上主義、結果至上主義に毒されている。常に「絶対に負けられない戦い」に臨み、勝っている間はただ騒いで、負けたらハイおわり。反省も検証も、ほとんどなされない。敗戦は「なかったこと」にされてしまう。これでは一向にサッカーの質は向上しないし、何よりサッカーの魅力から自らを遠ざけてしまっている。僕が思うにサッカーとは、じつは「負け方を競うスポーツ」であり、その真のエンタメ性は、敗戦の中にこそ見出すことができるのだ。「負け」は決して、辛くて苦しい出来事ではない!【商品解説】

著者紹介

杉山 茂樹

略歴
スポーツライター
1959年静岡県生まれ。大学卒業後、フリーのスポーツライターとしてスポーツ総合誌などで執筆。得意分野はサッカーで、モットーは「サッカーらしさ」の追求。海外取材が豊富で、ワールドカップには82年のスペイン大会以降8大会連続、チャンピオンズリーグに至っては300試合以上の現地観戦取材を行っている。オリンピックも夏季冬季合わせて9度取材。9大会目となる14年ブラジルW杯の取材でも、ピッチ上に描かれる両チームの“デザイン(布陣)”に目を凝らす。主な著書に、サッカー戦術本としては異例の大ヒットとなった『4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する』や『敗北を恐れぬ監督たち』『布陣図鑑』など。杉山茂樹ブログマガジンhttp://blog.livedoor.jp/sugicc402/

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いまいち・・・

2014/08/19 09:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒジカタくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

言いたいことの繰り返しで、ごちそうさまって感じです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/10 05:35

投稿元:ブクログ

開眼の1冊。




今までサッカーを観るときに抱えていたジレンマを一気に解消して

くれた本。

自分は相当天の邪鬼なんじゃないかと思っていたけど

サッカーに関しては間違ってなかったと思えた。

何より世界では自分のような見方が絶対的な多数派であるということは

うれしかった。

ただ、いくつか自分にも心当たりのある恥ずかしいこともあった。

そういうことを気付かせてくれたという点でも

この本を読んだ価値があった。

ワールドカップ前に出会えてよかった。







○勝てば喜び、負ければ悲しむ一喜一憂は、0か100かの極端な選択肢の中に身を委ねることを意味する。思考停止の状態にあると言っていい。





○五輪で試合を終えたばかりの選手にすかさず4年後について水を向けるインタビュアーは、その選手の応援者なのだろうか。

感動がお安いものであることが、明らかになる瞬間と言ってもいい。





○日本戦にはもちろんしっかり目を凝らすが、W杯観戦をそれだけで終わりにしている人は、サッカーファンとは言いがたい。日本代表ファンになる。

日本戦以外を何試合見たか。サッカーファン、サッカー好きの度合いはそれで決まる。そう言い切っていい。地球上にはそうした人がそれこそ無数に存在する。サッカーが世界で断然№1スポーツと言われるゆえんだ。





○笛に関する問題は、口にしない方が得策なのだ。自分たちが得をした笛には黙りを決め込み、ライバルが得した場合のみ騒ぐ。

第三者にはその姿がかなり見苦しく見える。

2014/07/07 23:36

投稿元:ブクログ

標題にはサッカーと入っているが、それだけにとどまらずあらゆるスポーツを引き合いに出して、日本に足りない視点とそれを克服するためにどうするべきかという著者の思いが書かれている。
メディアの担う責任と役割と、今のメディアが行っている現状はほぼ共感できる。正直、ワールドカップや五輪で騒ぎ立てるだけのメディアにはウンザリです。
これから各スポーツが目指すべき姿が見えていないとしか思えない。。。
それに迎合してしまう日本人の国民性にも辟易ですが。
サッカーやそのほかのスポーツが今より1段も2段も上のレベルに上がることを祈りつつ、いち観客としての目線も上げていきたいと思う1冊でした。

2014/05/14 18:14

投稿元:ブクログ

サッカーの見方が一段深くなる、脱「勝利至上主義」の蹴球論!
はっきりと言おう。今の日本のサッカーに足りないのは、負けに向き合う勇気だ。メディアもファンも、サッカー関係者さえも、勝利至上主義、結果至上主義に毒されている。常に「絶対に負けられない戦い」に臨み、勝っている間はただ騒いで、負けたらハイおわり。反省も検証も、ほとんどなされない。敗戦は「なかったこと」にされてしまう。これでは一向にサッカーの質は向上しないし、何よりサッカーの魅力から自らを遠ざけてしまっている。僕が思うにサッカーとは、じつは「負け方を競うスポーツ」であり、その真のエンタメ性は、敗戦の中にこそ見出すことができるのだ。「負け」は決して、辛くて苦しい出来事ではない!

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む