サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナショナリズム入門(講談社現代新書)
ナショナリズム入門(講談社現代新書) ナショナリズム入門(講談社現代新書) ナショナリズム入門(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288263-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ナショナリズム入門 (講談社現代新書)

著者 植村 和秀 (著)

クリミア、尖閣、竹島…。衝突はなぜ起こるのか? 世界の様々な地域の多様なナショナリズムの構造を分析し、21世紀世界の最大の問題であるナショナリズムの基礎的な知識を解説する...

もっと見る

ナショナリズム入門 (講談社現代新書)

907(税込)

ナショナリズム入門

756 (税込)

ナショナリズム入門

ポイント :7pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クリミア、尖閣、竹島…。衝突はなぜ起こるのか? 世界の様々な地域の多様なナショナリズムの構造を分析し、21世紀世界の最大の問題であるナショナリズムの基礎的な知識を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

尖閣諸島問題を巡る中国との軋轢などによって、「ナショナリズム」という言葉を目にすることが多くなってきました。しかし、では「ナショナリズム」とはいったい何なのでしょうか? 著者は「ナショナリズムとは、『ネイション』への肯定的なこだわり」であると定義します。ネイションは日本語では「国家」「国民」「民族」などと訳されますが、日本語に訳すると日本語独自のニュアンスにどうしても染まってしまうので、やはり「ネイション」と言わざるをえません。本書ではそのため日本語にはあえて翻訳せず、「ネイション」そのものからナショナリズムを理解するというスタンスを取ります。では、なぜ日本人には「ネイション」を理解することが難しいのか? それは日本が、日本列島という「地域」と、日本人というそこの「民族」とが一致している(もちろん、アイヌ、沖縄という例外もありますが)世界的に見てもごく稀な「ネイション」だからです。ですから日本の事例を自明と見なしてしまうと、世界での様々な軋轢が、かえって見えにくくなってしまうのです。例えばドイツは、現在でも日本のように「民族」と「領土」が一致してはいません。ドイツ語を国語とする国としてはドイツ以外にオーストリアがあります。また領土的に言っても、プロシア王国の領土は現在のポーランドに当たる部分を広く含んでいましたので、その地域に住んでいたドイツ系の住民は現在のドイツからは切り離されてしまいました。近代とは「民族」と「領土」が一致しているべきという理念のもと、「近代国家」を形成することが国際競争上も優位だと考える時代です。しかし世界中の国々は、日本のようにはその「ネイション」自体が自明ではありません。いえ、両者がずれている場合の方がほとんどなのです。各地で起こっている民族問題も、この「ズレ」に起因したものがほとんどです。中国の「チベット問題」なども、「チベットも含めた中国全体が一つのネイションである」と「チベットは中国とは別のネイションである」という二つのネイション観の衝突と捉えることができるでしょう。本書は、ネイションという、何でも入れられる「透明で空っぽな袋」に、なぜ人々はこだわるのか?という問題意識の元、世界の様々な地域における多様なナショナリズムの構造を分析し、21世紀の世界における最も大きな問題であるナショナリズムについての基礎的な知識を与えるものです。【商品解説】

目次

  • 第一章 ナショナリズムの作り方
  • 第二章 ナショナリズムの動き方
  • 第三章 ネイションの自明性──日本の形
  • 第四章 ネイションの多義性──ドイツの変形
  • 第五章 人間集団単位のネイション形成(1)──ドイツと東欧
  • 第六章 人間集団単位のネイション形成──(2)ユーゴスラヴィアの滅亡
  • 第七章 地域単位のネイション形成(1)──新世界の状況
  • 第八章 地域単位のネイション形成(2)──ヨーロッパの西と南
  • 第九章 ネイション形成のせめぎ合い──重複と複雑化
  • 第一〇章 ナショナリズムのせめぎ合い──東アジアの未来

著者紹介

植村 和秀

略歴
〈植村和秀〉1966年京都生まれ。京都大学法学部卒業。京都産業大学法学部教授。合同会社植村文庫業務執行社員。専攻は政治思想史・ナショナリズム論。著書に「丸山眞男と平泉澄」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/28 08:16

投稿元:ブクログ

非常勤で「エスニシティ・地域・境界」というテーマを持った社会学の講義を担当しているが、最後の事例でヨーロッパの話をする予定である。国民国家という政治システムは近代期にヨーロッパで誕生した、みたいないい加減な話をしているが、じゃあ、実際にヨーロッパ内部で国境の変動がどのようなものであったのかという知識を私はあまりもっていない。
それこそ、最近は授業の補足資料として高校の世界史の教科書を使っているが、そこにそれぞれの時代のヨーロッパの地図が載っている。しかし、地図を見せただけではなんの説明にもならないので、これから勉強していくつもり。そんなつもりで手を出した、講談社現代新書の1冊が本書。別の大学では前期にナショナリズムをテーマとした講義をしたが、本書はナショナリズムについてはあまり書かれていないようなきがする。
以下、目次で分かるように、事例を挙げて説明されているのは「ネイション」についてである。

はじめに——ナショナリズムを見た日
第一章 ネイションの作り方
第二章 ネイションの自明性──日本の形
第三章 ネイションの多義性──ドイツの変形
第四章 人間集団単位のネイション形成(一)──ドイツと東欧
第五章 人間集団単位のネイション形成(二)──ユーゴスラヴィアの滅亡
第六章 地域単位のネイション形成(一)──アメリカ大陸の状況
第七章 地域単位のネイション形成(二)──ヨーロッパの西と南
第八章 ネイション形成のせめぎ合い──重複と複雑化
第九章 ナショナリズムのせめぎ合い──東アジアの未来
第一〇章 政治的仕組みとネイション

本書では、nationを国民とは訳さず、もちろん民族とも訳さず、ネイションというカナ表記にしている。ナショナリズムを考える前提としてのネイションの理解である。そういう意味では、本書のタイトルは相応しいが、一般的な理解としての「入門」とはいえないかもしれない。ともかく、内容をパラパラめくって購入した私の必要とする知識には十二分に応えてくれる内容だった。
ナショナリズムや国家論に関しては、著者の専門分野である政治学(法学部所属)が最も中心だと思うが、私が読んできたのは社会学や歴史学が中心だったので、本書はちょっと読みにくい。加えて、新書ということで「ですます」調を使っていることも、私のような読者には読みにくい点。しかし、読みにくい分、第一章で示される著者の立場、認識をさらっと読み流すのではなく、何か違和感が残るまま読み進めることができる。
その違和感は第二章以降の事例の話で解消されていき、説得されていきます。「おわりに」にも書かれているように、著者の専門はドイツと日本、多少の東欧ということですから、本書の第六章以降は専門外ということになります。ただ、だからこそ翻訳のある文献からの説明を中心とした内容は、それ以上知りたい場合には参考文献にあたるという形で理解を深められるようになっていて、新書らしい内容だといえます。
内容に関しては目次にほとんど示されているので、詳しく説明しませんが、国民国家は国土という空間的に連続する範域を必要としますので、地域というのは必須です。しかし、一方では国民を形成する人間集団はなるべく均質であることが望まれますから、人間集団単位でまとめることが要求されます。このある意味では相容れないものを整合させようという試みがさまざまな問題を生んでいるということになります。

2014/06/10 21:52

投稿元:ブクログ

インターネットを介する人間のつながりはネイションと呼ぶことはできない。
ドイツが多様であることは国家的な統一の後も、ドイツネイションのある方に不安定性さをもたらした。
こだわるものが多すぎて、こだわりが落ち着かない。
ネイションは歴史的に形成されるものだから台湾ネイションが現在と未来に形成されることになっても不思議はない。
民主主義やナショナリズムとは緊張関係が生じやすい。

2016/02/11 23:36

投稿元:ブクログ

本書ではナショナリズムをネイションへのこだわりと捉え、ネイションを中心に紐解いていく。特にネイションの形成が人間集団単位の形成と地域単位の形成とふたつに区分し、それぞれのこだわりと、両者のせめぎ合いによる紛争やネイション形成について、さまざまな事例をもって解説する。

ナショナリズムや民主主義は人間集団を動かそうとするアクセル役であり、自由主義は個人の自由を守ろうとするブレーキ役となるという視点は自分にとって新しいものだった。

改めて思うのは、日本人にとってネイションという概念を理解するのは簡単ではない。ネイション=民族=国家=地域という類稀な条件に置かれるからだ。同時に日本ネイションへのこだわりに対する拒否感は、大戦の記憶ゆえなのか、自由主義による抵抗感なのか、まだよく整理ができていない。

淡々と論じる中で最後の一文は大変印象に残る。
「ナショナリズムの流行はネイションの流行であり、それはつまり、世界の分裂です。世界を分裂させていくネイションをまとめ、意味のある世界を新たに作り出していく知恵を出すことが、二一世紀の人類の課題ではないでしょうか。」

2014/07/20 08:20

投稿元:ブクログ

ナショナリズムを、「土地を持ち、その土地の上に文化的なものや国家的なもので歴史的に形成され、ネイションへの命式と意欲が目覚めて、ネイションとして広く認知されたもの」という定義(フリードリッヒ・マイネッケによる 本書P.36より)を、いろいろな実例で検証し紹介している。

日本の形、ドイツの変形、ドイツと東欧、ユーゴスラヴィアの滅亡、アメリカ大陸の状況、ヨーロッパの西と南、重複と複雑化(ロシアやトルコやアラブ)、東アジアの未来、政治的な仕組みの各章に分けて解説している。

個人的には章末の参考資料が最近の著作が多く、筆者が持論を展開するのではなく、啓蒙書の新書としてまとめているように感じられた。

2015/03/11 22:36

投稿元:ブクログ

文章がところどころ細かすぎる部分があるが、ナショナリズムという抽象的かつ複雑な概念(特に日本人には感覚的に理解しにくいもの)を入門者に理解できるように書かれている。

昨今のISISの動きや異文化を考える際には役に立つ本

2014/08/02 22:33

投稿元:ブクログ

負の歴史は、世界の至るところにあります。横目で見れば争いは絶えず、悲劇が繰り返されるだけでしょう。多くの人がネイションにしがみつかないようにするには、しがみつかなくても生きていける、あるいはより良く生きていける展望が必要です。(p.146)

近代化が中途半端な時期にこそ、ナショナリズムは盛り上がるのではないかと思うのです。それは簡単に言えば、普通の人が外国のことを知っていても、現実にはまだ行ったことがない時期です。近代化が成功して強大化した実感はあるものの、自分自身の生活に関して言えば、まだそれほどでもない、という頃合いになります。ネイションへのこだわりが大衆にまで普及し浸透するこの時期は、力強さと一体性へのこだわりが強くなり、ネイションにすがって暮らしを良くしてもらおうと期待しがちな時期なのです。(p.248)

近代化の進展は、近代国家の権力を急速に増殖させていきました。軍事力にせよ経済力にせよ、近代国家が動員することのできる権力資源は、時とともに増大し、近代国家は政治的に一人勝ちしていったのです。ネイションは、そのような国家と結びつくことによって、絶大な力への通路を確保しました。その結果、ネイションは、国家の力に直接アクセスできない人々にとって、権力への迂回通路となったのです。(p.270)

2016/11/14 14:01

投稿元:ブクログ

【簡易目次】※Amazon掲載の目次にはズレや違いがあるので注意。
目次 [003-006]

はじめに――ナショナリズムを見た日 007
第一章 ナショナリズムの作り方 023
第二章 ネイションの自明性──日本の形 029
第三章 ネイションの多義性──ドイツの変形 063
第四章 人間集団単位のネイション形成(一)──ドイツと東欧 091
第五章 人間集団単位のネイション形成(二)──ユーゴスラヴィアの滅亡 119
第六章 地域単位のネイション形成(一)──アメリカ大陸の状況 149
第七章 地域単位のネイション形成(二)──ヨーロッパの西と南 175
第八章 ネイション形成のせめぎ合い──重複と複雑化 197
第九章 ナショナリズムのせめぎ合い──東アジアの未来 227
第一〇章 政治的仕組みとネイション 255

おわりに [280-283]

2014/10/06 09:59

投稿元:ブクログ

・ナショナリズム・・・ネイションに対するこだわり
→ネイションには、人間集団単位のネイション形成と地域単位のネイション形成がある

第一章
・ネイション・・・何らかのまとまりであり、ある人間集団にとって特別な土地
→日本は、形がわかりやすく、歴史の堆積が分厚いので、ネイションとしての自明性がとても高い。

第十章
・ネイションによって、国家と住民のつながりができる。住民の心が入り込み、国民国家の国民が名実ともに成立して、国家は支配の根拠と発展への推進力を獲得する
→警察や、国家で秩序をつくったとしても服従しないのはこれが理由

・民主主義は、公的な事柄について「自分たちの国を自分たちでつくる」ということ。これは、ネイションへのこだわりからくる。他方、自由主義は個人の権利を尊重しているので、民主主義やナショナリズムとは対にある、
→やはり、歴史的にみても自由主義が尊重されない国は、打倒されている

・自己の生きる枠組みを自分で確保する上で、ネイションが最も低コスト

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む