サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. SFを実現する 3Dプリンタの想像力

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

SFを実現する 3Dプリンタの想像力(講談社現代新書)
SFを実現する 3Dプリンタの想像力(講談社現代新書) SFを実現する 3Dプリンタの想像力(講談社現代新書) SFを実現する 3Dプリンタの想像力(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288265-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書)

著者 田中 浩也 (著)

3Dプリンターやレーザーカッターをはじめとする、「21世紀のSF」を支援する新しい技術と社会の動きを紹介し、情報と物質とが相互に混ざりあいながら展開する新しいネットワーク...

もっと見る

SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

SFを実現する 3Dプリンタの想像力

756(税込)

SFを実現する 3Dプリンタの想像力

ポイント :7pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

3Dプリンターやレーザーカッターをはじめとする、「21世紀のSF」を支援する新しい技術と社会の動きを紹介し、情報と物質とが相互に混ざりあいながら展開する新しいネットワーク社会のイメージを伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

「情報処理」から「物質変換」へ
おどろきの未来はもう始まっている!


私は「3Dプリンタで何がつくれるのですか」という質問をよく受けるのですが、
そのたびに「ワープロで何が書けるのですか」や
「ピアノで何が弾けるのですか」という質問と同じような奇妙さを感じてしまいます。

3Dプリンタをはじめとするデジタル工作機械は、
既存の何かを効率化したり、つくりだしたりするツールというよりも、
……創造や発想を刺激する「発明」ツールだと常々考えてきたからです。

3Dプリンタは、私たちに「何をつくりたいのか」を問いかけているのです。
――本文より【商品解説】

目次

  • まえがき モノとインターネット
  • 第1章 SFとFAB――空想から現実へ
  • 第2章 メディアとFAB――情報から物質へ
  • 第3章 パソコンとFAB――「つかう」から「つくる」へ
  • 第4章 地域・地球環境とFAB――グローバルからグローカルへ
  • 第5章 「ものづくり」とFAB――工場から工房へ
  • 第6章 デジタルとFAB――そして「フィジタル」へ
  • 第7章 日本とFAB
  • リアル・バーチャリティ あとがきに代えて

著者紹介

田中 浩也

略歴
〈田中浩也〉1975年北海道生まれ。東京大学工学系研究科社会基盤学専攻修了。博士(工学)。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)准教授。総務省「『ファブ社会』の展望に関する検討会」の座長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

デジタル工作機械が広げる世界の意味。「いまさら聞けない」と思っていたので役立ちました。

2016/11/09 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書タイトルにもある3Dプリンタ。ニュースなどで「凄い」と聞いてもホントのところどうなのか。今一つわからないまま「乗り遅れているのかな」と思っている所に良い刺激をくれる一冊だった。

著者自身の3Dプリンタ体験や実際に行われている世界の活動から、「情報とモノ」「人の関係」などについての少し踏み込んだ考えまでが本書では述べられている。SF映画の引用などをしながらの説明は結構わかりやすかった。

「モノ」を作成する図面や工程などの情報は、インターネットを通じて世界中どこでも手に入れられる。しかしそれを「モノ」として出現させるためには材料が必要だし、つくるための道具(ここで3Dプリンタなどが登場だ)が必要だ。材料が違えば出来上がったものは同じではない、などの変更が少しずつ加えられることに意味がある、などの考え方はそれまで気づいていなかったこと。

「いろいろ作れる」「凄い」といわれる内容が少しわかりかけてきた気がする。そこから発展しての「考え方」の部分は興味深い。それを表現するための著者の「グローバルからグローカル」「フィジタル」などの造語は印象に残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/06 20:22

投稿元:ブクログ

こんなにわくわくした本は久しぶり。楽しい!中の、ニューヨークのアパートでガーデニングをやってる人のブログ、私も読みたい…

2016/11/05 17:30

投稿元:ブクログ

リバースイノベーションとはイノベーションgあ先進国から途上国に普及すると思われていたのに、むしろ逆で、より個別具体的な問題にそくした途上国の現場でまずいのべー所願起こり、それが先進国へと逆流するtこを説明した概念。

2014/08/04 22:14

投稿元:ブクログ

 ある意味SFを実現していると言っていいと思った。FABに関する成書。オライリー系以外で、しかも新書ということで即入手。一気読み。
 3Dプリンタの課題の1つである、印刷速度の遅さについてはそのうちなんとかなるんであろうか?とか思いつつも、欲しくてしょうがない。近所にはFAB工房はないが、木工工房はあるので、その辺からデビューしていけたらと画策開始。何かしらないが久々のワクワク感に駆られている。デジタル化しているだけで、やってることは子供時代の秘密基地ごっこ+αみたいなところが多々あるが、それもまた良しか?!
 小型の旋盤とかフライス盤をつくろうという動きもぜったいあるはずなので、色々調べていきたい。工作者は潜在的にかなりの人数いるはずだし。

2014/07/13 07:11

投稿元:ブクログ

「3Dプリンタの想像力」と副題にある通り、本書は、3Dプリンタに
象徴される新しいものづくりのツール(デジタル・ファブリケータ
と総称されます)が、どのような可能性を持つのかを考察するもの
です。

著者の田中さんの活躍もあり、昨今、何かと話題になるデジタル・
ファブリケータですが、その本当の意味は必ずしも理解されていま
せん。かく言う井上も、本書を読むまで、正直、「よくわからない
もの」でした。しかし、本書により、デジタル・ファブリケータが
持つ社会的意義や人間の精神に与え得る影響について、ようやく理
解できたように思います。

デジタル・ファブリケータにより、一体、何が可能になるのか。大
きいのは、デジタルな情報と物質とが融合することでしょう。イン
ターネットを通じて、デジタルなデータを送ると、受信側は、それ
を物質として受け取ることができるようになる。つまり、情報を送
るだけのファックスやメールに対し、3Dプリンタや3Dスキャナがあ
れば、ネットを介して、物質の送受信ができるようになるのです。
これは、SFの世界で言うところの物質転送(トランスポーテーショ
ン)が、実質的に実現できる世界になったということを意味します。

そのことに興奮する人もいれば、いや、そんな世界は別にいらない、
という人もいるでしょう。しかし、求めようが求めまいが、今後、
デジタル(情報)とフィジカル(物質)は、確実に融合していきま
す。であるならば、それを前提に社会を構想し、生き方を考えるべ
きではないでしょうか。

デジタルとフィジカルが融合すると何が変わるのか。そこにどんな
可能性があり、チャンスがあり、危険があるのか。それを考え、形
にしていくのが、21世紀を生きる私達の使命と考えますが、一つだ
け言えるのは、今後、間違いなく、フィジカル(物質や身体)の重
要性が増す、ということだと思います。

何故か。情報が物質を身にまとうことで、情報は、「可視化」を超え、
「可触化」され「具現化」されるようになるからです。見るだけ、
知るだけだった情報が、形になり、実際に触れることができるよう
になるのです。モノを複製することも容易になるので、「モノ」と
「生き物」との境も曖昧になっていくはずです。それは、物質や身
体や生命に対する私達の見方を根本的に変えていくことでしょう。

デジタル社会の先にあるフィジタル社会(デジタルとフィジカルが
融合した社会)において、私達はどんな人生を送るようになるのか。
そして、日本のお家芸だったものづくりはどう変わるのか。

そんなことを考えさせてくれる好著です。是非、読んでみて下さい。

=====================================================

▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

=====================================================

画面の上の「文字情報(デジタルデータ)」のみをやりとりする現
在の情報社会を超えた、「物質データ」��もやりとりするネットワ
ーク社会の次のフェーズが、いま目前に迫っているのです。

インターネットによって生まれた人と人とのつながりを、ものをつ
くる行為へと結集すること。それを通じて、空想と現実の距離や関
係を変え、両者をつなげていくこと。
こうした社会の新しい動きに気がつき、これこそをライフワークに
しようと決めたとき、この運動を「ソーシャル・ファブリケーショ
ン(FAB)」と名付けようと思いました。「ソーシャル・ファブ」
も頭文字をとれば「SF」になります。

空想と現実は対立でも平行でもなく、どこかでは絶妙に接している
ものです。そして21世紀の「SF」は、フィクションを描くだけでは
なく、それを社会的に実現していく過程(=ファブリケーション)
までを含んでいるのです。

「(人が何もしなくても)自動的に何かが進む」というのはどちら
かといえば古い技術観だと私は考えています。現代的な技術観では、
むしろ「自発的な人々が社会的に連携することで」進行していくプ
ロセスに意味があると考えられるのです。そして、これを支えてい
るのがグローバルなインターネット環境です。

現在の、コミュニケーション重視の「ソーシャル・ネットワーク
(SNS)」を、空想を実現する「ソーシャル・ファブリケーション」
の濃密なプロジェクトへと展開するために、最も必要なのは、物語
や必然性といった強い推進力に他なりません。

デジタル革命1.0は、半導体とパーソナル・コンピュータによる「計
算」
デジタル革命2.0は、携帯とインターネットによる「通信」
デジタル革命3.0は、新材料とパーソナル・ファブリケータによる
「製造」

情報から物質への変換装置。それが私の「3Dプリンタ」観です。

これからの技術のポイントは、「デジタル化一辺倒」について是非
を議論することではなく、「デジタル化」と「フィジカル化」の双
方向を自由に実現する技術を開発することではないか、と思うので
す。

3Dプリンタは、私たちに「何をつくりたいのか」を問いかけてくる
のです。

「言葉」で記述された知識と、「もののかたち」の知識、その二つ
が完全に分断されてしまっていた社会もまた「過去」のものではな
いでしょうか。

「パーソナル・ファブリケーション」において本当に大切なのは、
自分自身でやってみること、すなわち「パーソナルなトライアル」
に他ならないのです。FABはそのための環境です。

技術のブラックボックス化によって私たちが得た便益は、「知識が
なくても高度な製品を使える」ことでしたが、いままさにこの弊害
こそが社会を封じ込めています。知識がないがゆえに、製品を本当
の意味で理解し使用し、修理し、改造し、好奇心を持って維持して
いくことができないのです。人間は果たして、仕組みのわからない
ものを本当の意味で愛着を持って大切に扱うことができるのでしょ
うか。

生活者が、ものとものとの隙間を埋めていくことを支援するのが家
庭用の3Dプリンタの重要な役割ではないかと思います。

ファブリケーションが回復してくれるものは、何よりも「日常のも
のづくり」なのです。

ファブリケーションの究極はきっと、「もの」そのものが、「いき
もの」のようなさまざまな表現力を伴って、私たちに語りかけてく
るような世界なのです。フィジタルな世界とはすなわち、さまざま
な物質に編集を加え、人間が介入できる余地が拡大する状況です。
ものをプログラミングできる世界なのです。

FABとは、物質世界を再編集するプロジェクトなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●[2]編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもが生まれてから気づかされたことの一つが、つくることの楽
しさでした。子どもと一緒に絵を描いたり、工作をしたり。子ども
はつくることが好きですね。つくることを通じて、世界を認識していくのだと思い
ます。そして、子どもの喜ぶ顔がみたくて、一緒につくっているうち、ああ、つく
るのって楽しかったんだなあと、大人の側も思いだす。

一体、いつからつくることの楽しさを忘れてしまったのでしょう。

昔の人は、何でもつくって済ましてましたから、つくることの喜びも感じる機会
が多かったのではないでしょうか。それが、買って済ますようになると、だんだ
んそういう機会も減ってくる。つくることが日常でなくなった社会。それが今の
日本なんだと思います。

今回ご紹介する本を読んでいて、3Dプリンタを娘と一緒に経験してみたくなり
ました。娘達が大人になる頃には、デジタル・ファブリケータは、昔のミシンの
ように、一家に一台になっているかもしれません。そうなれば、つくることが日
常になります。百円ショップで買ってくる代わりに、つくって済ますことが当た
り前になるかもしれない。そういう社会、楽しそうですよね。

2014/08/10 09:51

投稿元:ブクログ

3Dプリンタは、扉である。
デジタルとフィジカルの境界線を
行き来できるようになることが大切。

→・雇用など、社会に与える影響はどうなるのか。
 ・SFが、ヒントとなる一方で、
  足かせになることはあるのか。
 ・軍事利用というか、平和、世界情勢への影響はどうか。
 ・今までのものづくりを再定義、再構築するという試みが
  必要なのではないか。



(本文から)
・ものをつくりながら、コミュニティもつくる。
 →ソーシャル×オートノミック
 →内向から、外転へ。外にでるsocial。

・情報から物質への変換装置。
 細胞でいうところの、リボソーム。

・従来の名前(ことば)では言い表せないものをつくっていくことにこそ、意義がある。
→なにがつくりたいのか、問題提起型のものづくり。
 解決だけでなく。

・嘆きの壁のテクスチャーを、テーブルに。
 富士山の3Dデータを、お椀に。
→すでにある情報を変換する、3Dプリンタのメディア的アプローチ。

・ものの読み書き。

・世界の周縁ほど、問題解決型の先端技術を必要としている。

・アポロ13号でブリコラージュ的に命を救った。

・分子を単位に、組み立てることも分解することもできるようになる。スタートレック的。

・工業を農業のように扱う。

・情報であるデータやアイデアをグローバルに流通させつつ、
 物質であるマテリアルをローカルに活用する。
→場所に対して適合的である。
→高速でグローバルな情報と、ゆっくりでローカルな資源を、いかに人間のスケールで組み合わせるか。
 環境の作り方。

・使われなくなったものに新たな価値を吹き込む。

・とりあえずやってみる、の復権。

・つくることの濃密なストーリーをもっと前面に出していく。
 それがFABの意義。

・リサイクルではなく、アップサイクル。
 ex)ユニクロを各自で編み変えていくように。

・the free universal construciton kit
 →既存のものとものをつなぐ

・大人の道具の、疑似体験版がおもちゃ、
 ではなくなってくる。

・FABは、まちそのものを、つくる拠点のネットワークに組み込んでいく。

・われわれは、過去との差分でしか、新しいものをとらえられない。ーマクルーハン
 →3Dプリンタは、デジタル工作機械、以上の価値があるはず。

・情報と物質が等価になる世界=フィジタルな世界
→物質そのものを編集でき、プログラミングできる世界。
 ものが可変的。
 編み物的。

・見慣れたものを見慣れていないもののように捉える距離のとりかた。旅で身につくもの。
 →日常の相対化。
  旅人のように、新しい風を吹き込むイノベーション。



 

2014/07/13 10:47

投稿元:ブクログ

3Dプリンタというのを初めて知った時(3年ぐらい前)、SFの世界みたいと思ったけど、まさに3DプリンタをSFのような世界と考えて書いた本が本書。SF小説にでてくるような手軽さはまだまだだけど、それでも実現できたということはやっぱりすごい。
ハードウェア自体がオープンソース化されているらしく、誰でも作れるような状況になってるんだとか(不器用な自分には作れたとしてもかなり時間がかかるだろうけど…)。
見てると、途上国においての使われ方が著しい成長だと感じた。ハイテクな自給自足生活をしてるらしい。『FabFi』というオープンソースなネットワークを使ってインターネット接続してるんだとか。仕組みはよく分からないけど。
gitFABというSFCのプロジェクト記録も気になった。マウスやキーボードの入力装置を工夫してその記録を公開しているらしい。想像力がすごい。
後、『ものづくり基盤技術振興基本法』という法律を初めてしった。製造業の発展促進に関して定めた日本の法律らしいのだけど、わざわざ法律にする必要があるんだろか。
それと、相似的に拡大縮小した大男や小人は現実には立つことができないというようなことが書いてあって驚いた。そういうもんなのか。
後、グレースインベンションキットという3歳の女の子が発明したブロックというのが紹介されてたのだけど、いったいこの女の子は何者なのかと。

さてはて、今後、ファブラボというスペースは増えていくのだろか。図書館や公民館、児童館や美術館の次にくる公共施設として機能しはじめているらしいけれども。うちの近所にはできるのだろうか。できたとして、何年後になるのだろうか。

2014/06/13 08:35

投稿元:ブクログ

とってもためになった。新書にしては中身が濃い。
3DプリンタはRPと言われた頃にアメリカで見たのだが,その後の変遷・進歩がよく分かる。

2014/06/28 01:17

投稿元:ブクログ

書名『SFを実現する』に対して副題が「3Dプリンタの想像力」とあって、最近はやりの3Dプリンタを持ち上げた本かな、でもこれでSFの実現って持ち上げすぎじゃない、と思いながら手に取ったが、持ち上げてさらに違う視座を与えてくれる本だった。ちなみにSFはScienceFictionではなく、SocialFablicationの略だとか。

3Dプリンタ。非常に興味はあるのだが、最近話題になってる安価なものというと、モデラの様なホビー向け小型工作機械、というイメージでしかなかった。または町工場の復権がかかるラピッド・プロトタイピングのためのもの。ところが本書は、インターネットの様に人々の生活のパラダイムシフトをもたらすものだと説く。特に本書ではっと気付かされたのが、『デジタル・ファブリケーションとは「デジタルデータからさまざまな物質(フィジカル)へ、またさまざまな物質(フィジカル)をデジタルデータへ、自由に相互変換するための技術の総称である」』のくだり。そういうことだったのか、と衝撃を受けた。
他にも本書には『ファブリケーション≒こしらえる』『マテリアルは地産地消』など、示唆に富む記述が溢れている。またマクルーハンを引いてメディアとしての価値を論じるなど、3Dプリンタから見える視野の広さにびっくりする。

一つ自分が違和感を感じたのは、「ブラックボックス化」と「レプリケータ」の位置づけ。『「つくる」と「つかう」の極端な分断』を埋めるものとして3Dプリンタのような存在がある。一方で究極の3Dプリンタは、デジタル工作機械が「オール・イン・ワン」化した「パーソナル・ファブリケータ」、さらには分子レベルで構築を行うスタートレックの「レプリケータ」だという。ではそんな製造容易な機械ができると、自分ならネットからダウンロードしてきたアイテムをそのまま製造する。つまり新たなるブラックボックス化が生じるのではないか。またスケール変更も可能なので各自の環境に合わせたカスタマイズを期待しているが、マジョリティ層においてそこまで手間をかけるよりは出来合いのデータを探す、無ければできあいのデータで作る、という可能性が高いのではないか。オープンソースのソフトウェアがあるからといって、誰もがコードを読むのでは無いように。ここの部分が本書を通じてしっくりこなかった。世界はどっちに向かうのか。
ここに疑問を感じるのは、自分がバックミラーを通してしか物事が見えていないから、とも言える。

というように、これまでは生活アイテムは外にあるという状況から、生活アイテムは屋内で賄える、という状況になったときに生活がどう変わるのか、そしてそれはどのような幸福をもたらすのかもたらさないのか、ということを考える契機になる一冊だと思った。

2014/05/27 11:42

投稿元:ブクログ

遺伝子という「情報」からタンパク質という物質が製造される細胞内工房が取り出されたものが3Dプリンタ。「ものをつくりながらものをかたる」素晴らしいビジョン。

2014/06/21 23:10

投稿元:ブクログ

第一章での未来感がとても良かったです。注文した商品が自宅の3Dプリンターに出力され、ソフトウェアパッチのように更新されて行く。ワクワクします。あと何年したらそんな世界が来るのだろうか。

2014/06/20 23:51

投稿元:ブクログ

Sicence Fictionの世界を3Dプリンタで実現するとおもいきや、Social Fabricationのことだった。
言葉遊びが過ぎるように感じる箇所が多々あるが、それらは全て著者が3Dプリンタを単なる立体造形装置としてとらえているのではなく、もっと世界が広がる可能性を秘めていることに他ならないということが次第に分かってきた。

確かに”ものづくり”がつながると考え方が変わるかも知れない。しかし、個人ではなかなか持てない3Dプリンタなどの装置を共有する共同工房は都市型の発想の様にも感じる。
デジタル・デバイドがフィジカルの世界にも広がらない様な仕掛けも考えてみたら面白いかもしれない。

2014/07/17 11:12

投稿元:ブクログ

一家に一台テレビならぬ、一家に一台3Dプリンタ時代が来るのかな~来そうだな~すごい時代になってきてついていけません。

2015/05/10 14:27

投稿元:ブクログ

ソーシャル・ファブリケーション、モノを電子データで受け取る。使い終わったモノは材料に戻して再利用。各地域にシェア工房があり、様々な世代の人たちが集まってものづくりをする時代へ。

近くにファブラボがあると、とても楽しいと思います。まだ、遊びやアートの領域の感ですが、実用&日常になってくるのは、いつでしょうか。

2014/08/22 10:05

投稿元:ブクログ

3Dプリンターは何をもたらし、どういう意味があるのか?
どのように3Dプリンターやデジタルファブリケーションと付き合っていけばいいのか。

「3Dプリンタで何ができるのか?」ではなく、ワープロでは何が書けるのか?ピアノでは何が弾けるのか?、何を書きたいのか?弾きたいのか?
想像力(創造力)が試される道具になりそうです。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む