サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 池上彰の「日本の教育」がよくわかる本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/30
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-76174-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 (PHP文庫)

著者 池上 彰 (著)

脱ゆとり教育、小1プロブレム、中1ギャップ、公立中高一貫校…。いま学校で何が起きている? 学校教育の歴史や現状を池上彰がわかりやすく解説。安倍政権の「教育再生」についても...

もっと見る

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 (PHP文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本

600(税込)

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本

ポイント :5pt / 紙の本より70おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脱ゆとり教育、小1プロブレム、中1ギャップ、公立中高一貫校…。いま学校で何が起きている? 学校教育の歴史や現状を池上彰がわかりやすく解説。安倍政権の「教育再生」についても説明する。〔「子どもの教育の「大疑問」」(講談社+α文庫 2002年刊)の改題,大幅に加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

いじめ、体罰、学級崩壊、ゆとり教育……日本の学校はどうなっている? 教育制度の歴史から安倍政権の教育改革まで“池上流”親切解説!
【商品解説】

著者紹介

池上 彰

略歴
ジャーナリスト

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

さすが、池上さん

2015/09/23 17:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在の教育にまつわる制度、現実などをきちんと色んな立場から書いており秀作。教育は10人いれば10通りの考え方があるというが、さすがは池上さん、比較的フラットな立場で書いている。買い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勉強になりました。

2016/09/03 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上氏の本は丁寧な解説もさることながら、バイアスを
かけずに冷静に分析して結論を導く姿勢が素晴らしいと
思っている。

この書は、例えば日本の「ゆとり教育」が本当に日本の
子供の学力の低下をもたらしたのか冷静に統計数値を
用いて、そうではない旨の結論を出している。

文部科学省やPTAについての説明、日教組の歴史と現状。
事細かに日本の教育について触れている大変ためになる。

海外の教育と日本の教育を比較して日本の教育の問題点を
浮き彫りにしている。日本の教育の現状について自分が
いかに無知であったか思い知らされた一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/22 21:06

投稿元:ブクログ

池上さんが教育について語ってくれております。
5年前まで6年間塾講をやっていたし、将来は自分の子供を教育しなきゃいけないわけなんでね。
ただ、自分の頃と変わってるし、これからも変わっていくんだろうし。
ついていくのが大変そうだな…たまにこーゆー本読まなきゃダメだな。

2014/09/16 23:46

投稿元:ブクログ

文科省は虎の門にあるから、通常官庁は霞が関だが、教育関係者から文科省は虎の門と呼ばれている。

私立大学が付属高校を作るのは、学生を確保するため。現在、私立大学の4割が入学定員割れしているから。

2015/04/25 20:41

投稿元:ブクログ

◆OECD加盟国との比較
・高校の授業料は34カ国中、31カ国で無料
・日本の15歳の生徒の75%以上が課外授業に参加している(韓国についで2位)
・GDPに占める公的教育機関への支出(2010年)
 ・日本・・・3.6%
 ・OECD平均・・・5.4%

2014/10/13 19:35

投稿元:ブクログ

学校の実態、教育委員会の組織、文部科学省の内部事情、PTA、給食、フィンランドの教育など「教育」と名のつくことは何でも網羅。わかりやすい。

2015/02/22 14:51

投稿元:ブクログ

なんと自分自身もゆとり教育を受けてきた世代だった?(定義次第だけど)とか、教育委員会、PTA、日教組の現在に至る経緯など、色々と認識不足であった。どんどん状況が変わっていくので、賞味期限は短いかもしれないけど、良い本だと思います。

2014/10/24 16:05

投稿元:ブクログ

鈴木寛さん来訪前に、日本の教育事情について、概要を把握しておきたいと思い購入。色々な論点が良くまとまっていた。あんまり教育関係の論点を網羅的にまとめてる本って多くはないのかも。

2014/12/24 20:04

投稿元:ブクログ

教育機関への公的支出がGDPに占める割合
2010年日本が3.6%
OECD平均5.4%
比較可能な30カ国中最下位(4年連続)

2014/06/20 12:26

投稿元:ブクログ

教育制度の変遷が分かりやすく書かれている。
審議されている「教育改革」の視点が、理解できるようになった。さすが、池上さん。

2016/02/23 09:50

投稿元:ブクログ

教員は誰がどのような方法で採用するのか?教科書はどのように作られ各学校に採用されるのか?通知表はどのようにつけられるのか?PTAとは何か?といった、子供を持つ親として知っておいておかなければならないけれど意外と知らないこれらの疑問を解決してくれる、これまた池上さんの良書でした。面白かったのは、学校教育について随所に出てくる日本とフィンランドとの違いでした。例えば、両国は共にPISA(生徒の学習到達度調査)では常に上位に入る優秀国ではあるけれど、そうなるまでのプロセスに大きく差があるという点です。日本では、学校以外に課外授業(要するに塾)を受けている15歳以上の生徒の割合は75%である一方、フィンランドでは10%強しかいないという事で、確かにどちらの国の子供も優秀なんだけど、優秀になるために掛かる教育費の自己負担額(要するに塾の月謝など)が、日本の方が圧倒的に多いという点でした。どうしてフィンランドでは塾などに行かず学校の勉強だけで子供の学習が満たされるのか?というのは、国や自治体の教育に対する施策やそれに掛ける予算の差ももちろんあるのでしょうけど、それよりは、親が子供の教育にどれだけ熱心で自分達で責任を持って取り組んでいるか、というところにあると僕は思いました。例えば、自分の子供がどれだけ学校の授業に興味を持って真剣に取り組めるかというのは、果たしてクラスの担任の先生の責任なのか、親の責任なのか、ということだったり。池上さんは、クラスの担任の先生が抱える授業以外の雑務(親との面談、子供の問題への対応、クラブ活動の顧問など)が多すぎて一番大切な授業の質の向上に時間を割けなくなっている点を、今の教育の問題のひとつとして指摘していました。また、モンスターペアレントについての記載もありましたね、未だに給食費を払わない親がいるとか。給食についての日本とフィンランドの違いにも言及されていて、フィンランドは給食費は無料だそうです。でも、無料という言葉にただ魅力を感じるのは危険で、フィンランドの給食メニューはと言うと、パンとスープと簡単なおかず一品で毎日代わり映えのしないものだそうです。一方日本はと言うと、5,000円弱の給食費を払うだけで、ナトリウムや糖分や食物繊維やビタミンなど各栄養素の必要摂取量と摂取カロリーが完璧にコントロールされた上に毎日かぶる事のない多彩なメニューの給食が毎日食べられるという、他の国ではまず考えられない夢のような環境があるわけです。まさに食育ですね。こういう事を知らないままにただ給食費について文句だけ言ってしまうとモンスターペアレントと呼ばれてしまう上に先生の雑務を増やしてしまうことになるので、僕も本当に気をつけないといけないなと思いました。他にも、教育について他国との比較データがたくさん載っていましたが、単純に他国の真似をすればいいという訳ではないと書かれていて、僕も大いに賛成でした。結局のところ、子供には自分で考える力を身につけてもらう必要があるし、その為には、そもそもまず子供の教育の責任者である親が自分で学んで考えて主体的に行動する必要があると強く感じました。自分で考えて行動する、この事は、先に読んだ厚切りジェイソンさんの本���らも学んだ事でした。

2015/03/08 18:07

投稿元:ブクログ

日本の教育を広く概観。戦後の歴史、教科書、評価、先生、いじめと道徳、教育委員会と文部科学省、PTA、給食、新潮流、教育費と格差。

個別批判や否定は聞いたり読んだりしていましたが、とにかく幅広く概観すると、あまり語られて来なかったところの方がむしろ多くて、結構がんばってるんじゃないの、と思えてきました。それと、ゆとりって、生徒じゃなく先生の問題だったのね。

2017/01/14 09:16

投稿元:ブクログ

日本の初等中等教育に関するこれまでの経緯と現状についてのサーベイ。鋭い指摘と筆者の思いが所々に見られる。

2015/11/11 22:49

投稿元:ブクログ

日本の学校や教育制度の変遷が分かりやすく書かれている。学校の様々な制度は戦後のGHQが大元となっており、時代とともに行ったり来たりしている。知っているようで知らない話が多かった。

2014/06/23 12:59

投稿元:ブクログ

教育(主に行政)の動きが概観できた。
教員をしていても,国の動きについて知らないことも結構あったので反省。

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む