サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

大福帳の狩人(PHP文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/08
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文芸文庫
  • サイズ:15cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-76182-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大福帳の狩人 (PHP文芸文庫 帳合屋音次郎取引始末)

著者 藤村 与一郎 (著)

「帳合屋」は、依頼主に新規取引の道筋をつけ斡旋料を取る商売。音羽の音次郎は能役者出身の色男、腕も立つし、機転もきく。そんなかれの元へは、危険な儲け話もたくさんあって―帳合...

もっと見る

大福帳の狩人 (PHP文芸文庫 帳合屋音次郎取引始末)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「帳合屋」は、依頼主に新規取引の道筋をつけ斡旋料を取る商売。音羽の音次郎は能役者出身の色男、腕も立つし、機転もきく。そんなかれの元へは、危険な儲け話もたくさんあって―帳合屋宿・津国屋に大量の大福帳が持ち込まれた。高値で売れるだろうが、商家の命といえる大福帳がなぜ?表題作「大福帳の狩人」をはじめ、音次郎たち帳合屋の痛快な活躍を描く、新機軸の“ビジネス時代小説”。【「BOOK」データベースの商品解説】

依頼主に新規取引の道筋をつけ斡旋料を取る「帳合屋」。腕も立つし機転もきく、能役者出身の色男・音次郎の元へは危険な儲け話もあり…。帳合屋宿・津国屋に持ち込まれた大福帳をめぐる一件を描く表題作ほか全4話を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

大金が動く商取引に渡りをつける「帳合屋」。能役者出身の色男・音次郎を主人公に、江戸社会の闇に切り込む商い合戦が冴える第二弾!
【商品解説】

収録作品一覧

呂宋の壺 5−87
危ない読売 89−153
落とし文 155−253

著者紹介

藤村 与一郎

略歴
作家

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/07/12 18:11

投稿元:ブクログ

初めて読む作者である。
東京生まれのニューヨーク大学大学院卒と、書かれていたが、、、時代小説を書かれるとは、、、、
張合屋という仕事を知らなかった。
今まで、読んだ時代小説で、知らない分野の仕事であった。
それも、題名の大福帳なるものが、今の個人情報と、変わりないもので、大事なものと、知った。

私の子供の時は、水をお金を出して、購入するなんて、考えたこともなかった。
蛇口から出る水のありがたさは、夏の断水に、給水車が来て、バケツで運んだのを記憶しているが、、、、
江戸時代も、多摩川上水、神田上水からの湧水を、水路で、運んでくるようなもので、長屋の井戸水は、浄水できていなかった。
やはり、この時代の余裕のある者は、飲み水は、買っていたし、夏の時は、冷っこい水を買っていたようである。
今の時代と、変わらない生活をしていたのかも、、、

大福帳の燃えにくい紙についても、こんにゃく粉のノリを付けたなど、、、今まで読んだ江戸時代の生活の話で、面白いと思った。

もう少し、主人公の音次郎を、魅力的に書かれたら、もっと、読者が、増えるのでは、、、と、思った。

「呂宋の壺」「危ない読売」「落とし文」「大福帳の狩人」の4話、どれも興味深く読んだ。

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む