サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ウイスキー・ボーイ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウイスキー・ボーイ(PHP文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/08
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文芸文庫
  • サイズ:15cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-76183-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ウイスキー・ボーイ (PHP文芸文庫)

著者 吉村 喜彦 (著)

ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長けた同僚…、みんなまとめてかかってこい!―支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦...

もっと見る

ウイスキー・ボーイ (PHP文芸文庫)

810(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ウイスキー・ボーイ

650(税込)

ウイスキー・ボーイ

ポイント :6pt / 紙の本より160おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長けた同僚…、みんなまとめてかかってこい!―支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、上杉の前に現れたのは、伝説のブレンダーだった。彼との出会いで会社のウソを知った上杉は、巨象相手の大勝負に出る!『ビア・ボーイ』につづく痛快エンターテインメント。【「BOOK」データベースの商品解説】

支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、上杉の前に現れた伝説のブレンダー。彼との出会いで会社のウソを知った上杉は、巨象相手に大勝負に出る!【「TRC MARC」の商品解説】

ライバル製品の台頭。会社の看板に胡座を掻く奴。口だけの上層部。問題山積の宣伝部で闘う“俺”の姿を描く痛快エンターテイメント。
【商品解説】

著者紹介

吉村 喜彦

略歴
作家

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/30 22:51

投稿元:ブクログ

「ビアボーイ」の続編。
ウィスキーは飲めないのだけれど、この本を読むとウィスキーを味わってみたくなります。
本当にウィスキーを愛する人たちと、企業利益を優先する人たちと・・・明らかに某社が題材になっているので、むしろ大丈夫なのかなと心配してしまう。

2014/08/05 19:58

投稿元:ブクログ

この人の本を読むのは初めて。
後で知ったんだけど、『ビア・ボーイ』の続編だったんだね。
こっちから読んでしまったよ。

酒類・食品を扱う商社の宣伝部で働く上杉が主人公。
自社のウィスキーを売るためより良い広告を作ろうと奔走する上杉だが、
社内政治にばかり気を配る上司や同僚たちと対立してしまう。
それでなくてもウィスキーの売上が低迷しているのに、
会社はさらにウィスキーを売るものにあるまじき方向へを傾き始める。
それを知った上杉は数少ない仲間と共に社内悪に立ち向かおうとするのだが…


乱暴な言い方をすれば、『半沢直樹』のようなお話でした。
ウィスキーの酒類やうんちく話がもっと展開されるのかと期待してたけど、
どっちかというと企業モノですね。
これはこれで悪くないし、比較的重くて堅めな話なのに読みやすかったし、
こういうお話だと知った上で手を出すには良い一冊です。

2014/09/15 09:42

投稿元:ブクログ

「ビア・ボーイ」の続編。時代設定が微妙に前だからなのか、あれ?と思う事があった。まぁお仕事小説だな。
2014.9.12

2014/05/19 01:38

投稿元:ブクログ

「ビア・ボーイ」の続編。今回は広告担当となった主人公のお話。

クリエイティブとビジネスの狭間で苦悶する主人公。職種は違えど、その苦しみは非常に良く分かるつもりなので、前作とは比較できないほど共感し、作品に惹き込まれました。

主人公たちが行った行動は、常識的にはNGなことでしょうが、気持ちはよくわかります。そうまでして金稼ぎたいなら、別に酒業界にいなくて良いんじゃね?って新井田や沢木に言いたい。

それと同じことを常に言いたくて仕方ない自分にとって、超共感な内容でした。続編、ないのかな?著者の自伝にも感じられる内容だったので、自分の体験ベースの話をこれ以上書くのは難しいのかもしれませんが、出来ればもう一冊お願いしたいところ。

2014/06/21 16:35

投稿元:ブクログ

「ビアボーイ」著者の最新刊。宣伝部での失態から営業部門に修行に出ていた上杉が再び宣伝部にやってくる。成長したかと思いきやあまり成長していないような…宣伝にお金をかけまくる会社の凄さに圧倒されつつ、ウイスキーのように熟成が命の飲み物の品質管理の素晴らしさに感激!やっぱりものを売るには「物語」が重要だ。そしてロマンが語れる人も。

2014/06/13 15:45

投稿元:ブクログ

ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長けた同僚、みんなまとめてかかってこい!支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、上杉の前に現れたのは、伝説のブレンダーだった。彼との出会いで会社のウソを知った上杉は、巨象相手の大勝負に出る!『ビア・ボーイ』につづく痛快で、爽快なエンターテインメント。

2016/03/07 11:00

投稿元:ブクログ

ウイスキーの飲み方とか、売り方?いやいや、作り方を再確認しました。 ちょっと前の朝ドラを思い出しました。

2014/11/17 01:48

投稿元:ブクログ

最近ウイスキー関連の本を読んだので、その影響で気になって手に取ってみた。
なかなかに粋なタイトルと表紙である。

内容はひとまず置いておいても、
ウイスキーに限らずお酒が好きな方には美味な一冊なのではないだろうか。
いたる所にお酒を飲み交わすシーンが散りばめられており、その都度五感をくすぐる表現が成されている。
この本を読んでいたときの唯一の惜しさは、私があまり酒好きでは無いことに尽きる。
お酒が好きならば今より五倍は楽しく読めただろう。

内容は正直まあまあといった感じ。
会社員の主人公の奮闘もの。
序盤は登場人物がゴチャゴチャ出てきて名前がややこしかったが、徐々に面白くなってくる。

前作に”ビア・ボーイ”があるらしい。
できればビールを美味しいと思えるようになってから読んでみたいものだが、何年先になるのか分からないので、早速手にとってみたいと思う。

2016/03/24 07:58

投稿元:ブクログ

ビア・ボーイの続編
営業から宣伝に戻ってきてからのお話し

うーん、面白いんだけど、何だか釈然としないなぁ

上杉くんは自分のエゴを出しすぎなんじゃなかろうか
自分もクライアント病になっているのに自覚なしで、自分より症状の重い人を軽蔑する
自分勝手な正義感で会社の不利益な記事を広告として掲載
その際には記事の捏造をするとか
そのせいで会社の他の人達にも相当迷惑をかけたことわかってるんだろうか?

この場合の暴露って、犯罪行為をリークするのとはちょっと違う気がするんだよね

人事考課の愚痴にしたって、会社ってそういうものだし
何を甘いこと言ってるの?と思ってしまう

ビジネス小説としては全く評価できないなぁ


アトピーについての展開は「こんな描写いる?」と思ったけど
読み進めていくと本編につなげていく形になっていたのはよかった

この小説で一番良い所は、ウイスキーが飲みたくなるところ
しかもちゃんとしたヤツ
お酒を飲んだ時の描写は官能的な表現がされていて、とても飲みたくなった


ウイスキーは毒だけど、その毒とうまく付き合えるのが大人
だからといって牛乳で割って飲めるようにするのは違う
ま、分からないでもないけど、実際にバーボンのミルク割りやってみたら美味しかった
高級な酒でやるにはもったいないかもしれないけど、飲み方の一つとしてはアリだね
色々な飲み方を否定する必要はないんじゃないかなと思う

2015/09/08 18:36

投稿元:ブクログ

ビアボーイに負けず劣らず面白かった!
仕事とは?という意味で、復帰前に読んでよかった。
私はお酒が好きじゃないから、ウイスキーやバーボンの違いすらわからなかったけど、丁寧に解説してくれてるから、分かりやすかった。
美談のような気もするけど、結局誠実に楽しく仕事を頑張れる、自分の芯を持ってそれを曲げずに働くことが一番大事で、一番の武器なんだろうなーと思った。

2015/08/18 13:32

投稿元:ブクログ

ウイスキーの楽しみ方も、味わえるて、
ウイスキー会社内の裏事情の話で。
リアリティ有りすぎると思ったら、
作家さんが、元その会社勤務されてたとのこと。
なるほど、納得でした。

2016/09/23 01:30

投稿元:ブクログ

ビア・ボーイはすでに読破済み。ビア・ボーイの方がスッキリしました(笑)本作は最初から主人公がデキる男感が出過ぎていた気が…(ビア・ボーイは最初はどうしようもない営業マンだったはず…)それでも組織と戦う主人公はやはりかっこよかった。流氷ウイスキー飲んでみたいなぁ…

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る