サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする
サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/30
  • 出版社: 丸善出版
  • サイズ:21cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-621-08818-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする

著者 ANDY POLAINE (著),谷 真裕 (訳),野澤 紘子 (訳),吉岡 典子 (訳),脇阪 善則 (訳),UX TOKYO (監修),LAVRANS LØVLIE (著),BEN REASON (著),長谷川 敦士 (監訳),青木 博信 (訳),赤羽 太郎 (訳),上野 裕樹 (訳),内山 誠彦 (訳),周治 貴伸 (訳)

ビジネス視点と顧客視点の両方から事業全体を再構築する方法論、サービスデザインの入門書。サービスの着想から企画、リサーチ、プロトタイピング、評価までを、豊富な例を交えながら...

もっと見る

サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ビジネス視点と顧客視点の両方から事業全体を再構築する方法論、サービスデザインの入門書。サービスの着想から企画、リサーチ、プロトタイピング、評価までを、豊富な例を交えながらわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ANDY POLAINE

略歴
〈ANDY POLAINE〉ルツェルン・アートスクールサービスデザイン研究講師。コンサルタントやライターとしても活躍。
〈LAVRANS LØVLIE〉live|work設立。サービスデザインの英国規格委員会委員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/12 23:21

投稿元:ブクログ

サービスデザインとは?
ビジネスと顧客の両方の視点から事業全体を再構築する方法論。

何度も登場するのが、
組織構造がよいサービス提供の妨げになっている可能性があるということ。
縦割りの組織で、ひとがうまく連携できていないケースがある。
例えば、Web をかえたら、コールセンターも対応できるようにすべきなど。

量的調査ではなく質的調査が大事。
改善の本質をつかむため、さまざまな調査方法が記載されている。

特に、サービスブループリントは随所に登場。
タッチポイントごとの顧客の行動、バックオフィスの行動をまとめ、改善点を探る。
とにかく顧客の本音、インサイトを抽出することか大事。

インサイトを抽出する方法はいろいろあるが、
案件によってちがうので、事例をもとにヒントを取得し、最適なものを考える。

IT産業 ランキング

IT産業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む