サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 妖琦庵夜話 3 人魚を喰らう者

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妖琦庵夜話 3 人魚を喰らう者(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

妖琦庵夜話 3 人魚を喰らう者 (角川ホラー文庫)

著者 榎田 ユウリ (著)

都内某所にひっそりと佇む茶屋『妖〓(き)庵』。その主、洗足伊織は目を見張る美貌の持ち主だが、非常に偏屈な毒舌家でもある。『人間』と『妖人』を見分ける能力を持つ伊織のもとへ...

もっと見る

妖琦庵夜話 3 人魚を喰らう者 (角川ホラー文庫)

648(税込)

妖奇庵夜話 人魚を喰らう者

648 (税込)

妖奇庵夜話 人魚を喰らう者

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

都内某所にひっそりと佇む茶屋『妖〓(き)庵』。その主、洗足伊織は目を見張る美貌の持ち主だが、非常に偏屈な毒舌家でもある。『人間』と『妖人』を見分ける能力を持つ伊織のもとへ、正月早々、警視庁の新米刑事・脇坂がやってくる。『人魚』として妖人の登録をされている女性が、誘拐されたというのだ。人魚の肉は不老長寿の妙薬―?人魚を巡る過去と現在の事件が交錯するとき、あの男の影が…。人気作第3弾、文庫書き下ろし!【「BOOK」データベースの商品解説】

「人間」と「妖人」を見分ける能力を持つ、妖琦庵の主人・洗足伊織のもとへ脇坂がやってくる。「人魚」として妖人の登録をされている女性が誘拐されたというのだ。人魚を巡る過去と現在の事件が交錯するとき、あの男の影が…。【「TRC MARC」の商品解説】

妖怪のDNAを持つ人、妖人。妖人茶道家の洗足伊織は、明晰な頭脳で妖人にまつわる事件解決に一役買っている。そして妖人「人魚」の登録のある女性が誘拐されたことから、今回も警視庁に協力を要請され……。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

妖人

2016/07/28 14:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

妖人の話です。タイトルに人魚とあり、今回も楽しみにして読みました。最初のお雑煮のところも面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ここにきてなぜ文庫サイズ?

2015/12/12 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

三巻でいきなり文庫?なぜ?
逆に今までも文庫で良かったんじゃない?って気がしてきました。
やまねサンの表紙もステキだったけど、中村サンの絵も合ってると思う。
中身の事、なんも書いてない…
伊織に対する青目の執着とか二人の関係が徐々に分かって来る雰囲気があって、乞うご期待!まだまだ続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズ3

2015/12/05 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までの2作と比べると、ちょっと物足りないようにも感じましたが、甲藤という新キャラが登場し、夷や脇坂との絡みが面白かったです。
そして、物語ラストには、伊織と青目の意外な関係が発覚し、かなりビックリでした!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/04 14:42

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。

人魚をめぐる事件ですが、根底には悲しくやるせない思いが潜んでいました。
不老不死、アンチエイジングは錬金術同様魔物です。
シリーズ通して、誰の視点で語られているのか謎のモノローグが織り交ぜられていて、推理心をそそられます。

本筋意外での今回の私的見どころは、やっぱり脇坂と夷のお見合いパーティ潜入捜査でしょうか。脇坂の女子力の高さと夷の読みの甘さに受けました…!
ここで新たに登場した甲籐にも注目です。最初はあまりの図々しさに何こいつ?と思っちゃったんですが、無神経で空気読まなくて図太いところはスゴイの一言ですw
でも、さすがに伊織さまにはかないません。彼は新たなメンバーになるんですね。
そして、脇坂が伊織にバカと言われながらも今回の事件を通して確実に刑事として成長していました。今後も楽しみです。伊織が脇坂にキツイのも彼を見込んでのことですよね…?

そして今回衝撃の事実が判明!…驚きました。

お雑煮とおでんの大人げない戦いも面白かったです。描き下ろしコミックペーパーではぜんざい抗争勃発www
ツボでした。

2014/10/17 20:51

投稿元:ブクログ

人魚に間違われたため殺された少女。
そして、確実に人魚である女性が誘拐された。

妖人率が増えました(笑)
しかし最後の最後で、ようやくこの2人の関係が。
そうならば当然執着されるでしょうが
属性…あれ? とも。
どういう事なのでしょう??

今回いつも馬鹿と言われまくっている人が
活動しております。
ここまでの一連の流れでこれだと
ものすごくぐっとくるものが!
とはいえ、過去恋愛の台詞を聞くと
納得するものがあります。
女って、ものすごくわがままな生き物ですから…w

助かっても助からなくても、どうにかなるはず。
と思ってましたが、あの真打登場(?)の最後。
両方が現在進行形だったので、間に合うのかどうか。
むしろもう…!! というばくばくものでした。
そこまではそれほど緊張感もなかったですが
むしろ話としてどう転ぶのか…程度でしたが
そちらは駄目です。
ひぃぃぃという状態でしたので。

美への執着と個固執。
女って…怖い。
というのと対照的に、コーヒーショップにて
注文呪文が日本語になった時、ほっこりしましたw

2015/03/07 20:56

投稿元:ブクログ

洗足伊織と青目の複雑な関係が顕になってくる。頼りなかった新米刑事脇坂も本人の意図するところとは少し違った形ではあるが、だんだん役に立つようになってこれからに期待できそう。

2014/11/18 11:18

投稿元:ブクログ

妖人 人魚
脇坂くんって天然なのかな?
本当は装ってる?
最後は男っぷりが出てます。

最後の最後に先生の爆弾発言が!!
BLかと思ったよ・・・・

2014/06/26 13:02

投稿元:ブクログ

たったかた~と読めちゃいまして、何だか食べ物の比重が多くなっている気もしないでもない。
今回は鱗田さんいっぱい出てきて良かったです。

2014/09/17 22:11

投稿元:ブクログ

大きな事件なのに、どうしてもストーリー上にあるはずのそれが希薄過ぎた。キャラクターを立てるのは難しい。

2015/08/27 09:06

投稿元:ブクログ

今回も面白かった。妖奇庵第3弾。
安心して「今回も面白い」と読めてうれしい限り。甲藤がうっとしいけど、新たなキャラとして定着するんだろうな。うーむ。

2017/05/16 01:30

投稿元:ブクログ

2017.5.15読了
このシリーズ大好きです

妖人台帳で人魚という女性が誘拐される
脇坂らY対は妖人関連事件として捜査に乗り出すが…

管狐の芳彦さんの活躍あり、脇坂くんの思わぬ覚醒ありでとっても楽しく最後までノンストップ!
おもしろかったーーー
凄惨な事件でも、洗足家とY対のほのぼのしたやりとりでやっぱりいい話になってしまって読後感がいいのがこのシリーズの特徴ですねぇ。

今回はミスディレクションが多かったように思います。序盤の披露宴のエピソードはあの人か!とか。

最後のまさかの兄弟発言で俄然次巻が気になったので、明日本屋に走りますよ!

2016/06/18 15:51

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。今回は「人魚」で…。脇坂君成長してんな…ウロさんも今回出番多くて嬉しい。新たな登場人物が増え、明かされる洗足先生と青目の関係…続きが気になる。

2014/05/25 22:29

投稿元:ブクログ

面白かった。おまけのペーパー読んで餅が食べたくなった。お餅大好き。脇坂頑張れ。最後読んでびっくり!そうだったのか!

2017/01/08 00:58

投稿元:ブクログ

どんどん惹き込まれていく。

シリーズを通しての『女の醜さ』がいい感じ。

脇坂くんのキャラクターが濃くなってきた。ウロさんとのコンビの安定感、そして妖琦庵に新しい仲間(自称)がきて賑やかに。

シリーズ全体の展開が読めないのが面白い。あと伊織と青目の関係が耽美を掠っていてたまらない。最後の発言で、目からウロコ(人魚だけに)。
今後どうなっていくのか、気になります。

2014/05/11 22:42

投稿元:ブクログ

毎回ですが、この作品は最後にえぇっ!と思う物が書いてありますね。
そこがまた続きが読みたくなるのですが。
悍ましいほど怖い訳でもなく、身震いするほど恐怖を感じるわけではないですが、読むのが止められなくなる作品の1つです。
早く続きが出てほしいものです!

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む