サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

運命のひと(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101590-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

運命のひと (角川文庫 姫は、三十一)

著者 風野 真知雄 (著)

平戸藩の元藩主・松浦静山の娘、静湖姫は、三十一歳にして嫁にも行かず“謎解き屋”を開業中。今回飲み屋で聞いた謎も妙だった。長屋に住む八世帯が、一夜ですべて入れ替わってしまっ...

もっと見る

運命のひと (角川文庫 姫は、三十一)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

運命のひと 姫は、三十一 6

562(税込)

運命のひと 姫は、三十一 6

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平戸藩の元藩主・松浦静山の娘、静湖姫は、三十一歳にして嫁にも行かず“謎解き屋”を開業中。今回飲み屋で聞いた謎も妙だった。長屋に住む八世帯が、一夜ですべて入れ替わってしまったというのだ。裏にはきっと大事件が…と妄想する姫だったが、実は裏には、それを上回る悪事が潜んでいた。危険に近づいていく姫の運命は!?もてもての姫さまに言い寄る男も絞られていき、恋の行方も大きな転機を迎える。大人気シリーズ第6弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

「謎解き屋」を営む静湖姫のもとに、ある長屋の住人が一夜で全て入れ替わったという謎が舞い込む。大事件の影を感じる姫だったが、実は裏にはそれを上回る悪事が潜んでいて…。恋の行方も大きな転機を迎える、シリーズ第6弾。【「TRC MARC」の商品解説】

<謎解き屋>を開業中の静湖姫にまた、奇妙な依頼が。長屋に住む八世帯が一夜にして入れ替わった謎を解いてくれというのだ。背後に大事件の気配を感じ、姫は張り切って謎に挑む。一方、恋の行方にも大きな転機が!?【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

少しネタバレ

2016/01/31 23:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikann - この投稿者のレビュー一覧を見る

そろそろモテ期が終わりに近づき、あの人と結ばれるのかも。いや、結ばれて欲しいと願ったのですが、残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/03 11:23

投稿元:ブクログ

2017.01.03.読了

静湖の元から
みんないなくなってしまって。
まさか岡田まで!
でもみんな静湖の事が嫌になったわけではないからね。

私的に1番がっかりなのは
田所一平太かな。
その変わり方はないだろう
という感じ。

重蔵が運命の人なのかな?
松浦静山のような頼もしい父がいると
なかなかいい男は見つからないのかもなあ

元気のなくなった坊城定俊に
静湖の歌の良さがわかってもらって本当に良かったの巻

2014/06/29 23:26

投稿元:ブクログ

おいおいおい岡田?!
…まさかそう来るとは。
黒尻さんとか田所さんとか他のみんなはともかくとして
岡田だけは違うと思ってたのに。
きっと続刊で多歌子と破談になって松浦家へ帰ってくるんだ。
そうだ。そうにちがいない(号泣)。
つーか岡田じゃないと納得しない読者が結構いるんじゃないか?!
少なくともここにひとりσ( ̄∇ ̄;)

ちょっと冷静に考えてみるに
静湖と岡田の関係性を脳内で勝手に
オスカル様とアンドレに変換していたみたいだ。
アンドレがオスカルを放っぽって他の女に行くわけがない
てなことを思ってるから納得いかないんだろうなーなんて。

降って湧いたような長屋の入れ替わりが
実は前作の事件と繋がっていて
しかもまだ全部は解決してないという。
あれだけモテていた静湖の周りからみんないなくなったってのもそうだけど
静湖に好意を寄せていた見開き2ページのみなさんの中に
悪党も交じっていた、というのがちょっとショックだった。
最近やってた『妻は、くノ一』のドラマ続編でも
やっぱりなんというか静湖姫は不憫で
この人にはホントに幸せになってほしいと思ったから尚更。

決めつけてかかるのはあれだけど
チャーリー・チャンの正体は筋肉野郎だぞ、きっと。
今回みんな(岡田までもが)いなくなっちゃったことで
先行きが更にわかんなくなってきつつあるのがちょっと不安。
ラスト1行の繁蔵の意味深な言葉も気になるし。
静湖のことはちゃんと幸せにしてくれるんだよね?
作者という名の神様は。

…あっ。秋月さんがいたぞ。忘れてた。
でもやっぱり岡田じゃないと~(ノД`)・゜・。 ←しつこい

2015/06/01 22:33

投稿元:ブクログ

初めて「松」の評価が出て、自分自身が一番驚いた静湖姫だった。まさに狂歌の類だった。「夜遊びは禁じられてもやめないの 遊びが駄目なら火の用心でも」

2014/07/01 22:58

投稿元:ブクログ

6巻め。
いつものノリですが、謎が小ぶりでした。
岡田がいなくなっちゃったのが残念です。
終りが近いのでしょうか。