サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラバーネッカー(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-408853-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ラバーネッカー (小学館文庫)

著者 ベリンダ・バウアー (著),満園 真木 (訳)

“ラバーネック”/「名詞」(ゴムのように首を伸ばして)むやみに見る人、物見高い人。アスペルガー症候群のパトリックは人とのコミュニケーションは苦手だが、一端興味を抱いたこと...

もっと見る

ラバーネッカー (小学館文庫)

896(税込)

ラバーネッカー

896(税込)

ラバーネッカー

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“ラバーネック”/「名詞」(ゴムのように首を伸ばして)むやみに見る人、物見高い人。アスペルガー症候群のパトリックは人とのコミュニケーションは苦手だが、一端興味を抱いたことに対する追求心は凄まじい。十年前の父親の事故死をきっかけに「死」への探求にとらわれ、医大の生物学部で解剖学を学んでいる。解剖実習の途中、「遺体十九番」から不審物を見つけた彼はある疑念を抱く。脳神経科病棟で行われていた驚くべき所業、そして真犯人とは?デビュー作でゴールド・ダガー賞に輝き、本作でも再度ノミネートされた英国随一の実力派作家による最新作登場!【「BOOK」データベースの商品解説】

アスペルガー症候群のパトリックは、医大の生物学部で解剖学を学んでいる。解剖実習の途中、「遺体十九番」から不審物を見つけた彼はある疑念を抱く。脳神経科病棟で行われていた驚くべき所業、そして真犯人とは?【「TRC MARC」の商品解説】

英国ミステリ界の新女王、待望の最新作!!

ラバーネック/[名詞](ゴムのように首を伸ばして)むやみに見る人、物見高い人。
南ウェールズに母サラと二人で暮らすパトリックは、アスペルガー症候群の18歳の少年。他人とのコミュニケーションが苦手な彼は8歳の時に友だちとトラブルを起こし、学校から呼び出しを受けた父はその帰り道に息子の目の前で車に轢かれてしまう。しかしパトリックは父の「死」が理解できず、それから彼の「死」への探求が始まる。「死」の向こうに何があるのか。ひたすらその答えを探すパトリックだが、小動物の死体を解剖する、死者の写真を集めるといった彼の行動にサラは戸惑い、息子との関係に悩んでいる。
カーディフ大学医学部に入学し解剖学を学ぶことになったパトリックは、実習で遺体の解剖・死因特定を課される。遺体「19番」の担当になったパトリックは、解剖中に不審物を見つける。「19番」の娘と接触し、彼が何者かに殺されたと直感したパトリックは警察に通報しようとするが、その動きを知った真犯人の手がパトリックにのびる…。
デビュー作でゴールド・ダガー賞に輝き、本作でも再度ノミネートされた英国随一の実力派作家による最新作登場!

【編集担当からのおすすめ情報】
デビュー作『ブラックランズ』でいきなり英国推理作家協会ゴールド・ダガー賞受賞という快挙を成し遂げ、著書4作にしてすでに英国ミステリ界の女王となったベリンダ・バウアー。市井の人々の心の闇や苦悩、喜びや希望を丁寧に描き、ミステリ好き以外の読者も惹きつけ、欧米、日本で着実にファンを増やしています。
本作でも新人離れした筆力でゴールド・ダガー賞にノミネートされ、惜しくも受賞は逃したものの、バウアーには英国図書館員が選ぶCWAダガー・イン・ザ・ライブラリーが贈られ、彼女がプロの本読みにも愛されていることが証明されました。その実力を、ぜひその目で確かめてください。
解説は、精神科医の香山リカさんです。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/08 02:38

投稿元:ブクログ

2014年10月8日読了。

えーっと、トレイシー&ミスター・ディール、そして彼の奥さんのことは一体どうなったのー?

2014/08/02 00:07

投稿元:ブクログ

普通のミステリーかな。

アスペルガー症候群の主人公が魅力的に描かれてて、周囲との摩擦がリアルだった。
アスペルガー症候群の主人公を天才にはしたくなかったって言葉が印象に残った。

2014/07/22 13:01

投稿元:ブクログ

 アスペルガー症候群の主人公が、解剖学実習で出会った献体が、殺人により死んだのではないかという疑問を抱き、その謎を一風変わった手法で解いてゆく物語。
 
 前半は、昏睡状態から目覚めた男の長い独白や、解剖の微細な描写が続くけれど、解剖体の男の正体が分かってからの、ある人物との息詰まる攻防戦や、パトリックのあまりに冒険的な(無謀な、とも言える)行動にハラハラし、残り数十ページは一気に読みました。

 ブラックジョークや伏線も効いていて、ミセス・ディールの謎、パトリックの父の死の真相も、「ここらで大団円かな」と思える頃にポンと出てきて、本編よりも更にびっくりさせられました。

 海外の本格ミステリーが好きな方に特にオススメしたい話。

2014/08/16 00:20

投稿元:ブクログ

面白い。
最後の一行まで完璧に面白い。

アスペルガー症候群の主人公パトリック。
その母親サラ。
そして、昏睡状態の入院患者にその病棟で働く看護師。
張られた伏線が回収される様にゾクゾクする。

物語として謎解きも面白いが、それ以上にパトリックの言動に心揺さぶられ、彼がみせる心の成長に胸が熱くなる。

2014/09/11 16:17

投稿元:ブクログ

設定にひねりのあるミステリ。探偵役が解剖学を学ぶアスペルガー症候群の青年なのだ。解説で香山リカさんが書いているとおり、現在では専門家はアスペルガーというくくり方はしないようだが、やはりこのとらえ方にはインパクトがあり、また、なるほどと腑に落ちる所もある。その「普通ではない」感覚の持ち主である主人公が、共感を誘うように描かれていて、知らず知らず肩入れして読み進めていくことになる所が、うまいなあと思った。

決して爽やかな読み心地ではない。どうしても周囲と軋轢を生じてしまう主人公パトリックの孤独や、その母の苦悩がえぐり出すように書かれる。また、犯罪の舞台となる病棟で、昏睡状態にある患者の絶望的な苦しみには、暗澹とした気持ちになる。パトリックが真相を見いだす殺人以外にも、複数の殺人(あるいは未遂)があることが示される。その一つはかなり衝撃的だ。

ちょっと盛り込みすぎのような気もするが、読みごたえがあった。パトリックが、人の気持ちというものは学んでいけるのだと思うようになるのが、何よりの救い。ごく普通の人たちである、周囲の若者たちの描き方も良かった。

2014/08/07 22:43

投稿元:ブクログ

アスペルガー症候群のパトリックは父親の死をきっかけに「死」への探求に取り憑かれる。
長じて障害者枠で入学した大学の人体解剖実習で、献体から不審物を発見しその死因に疑問を抱く…。

アスペルガー症候群の青年を主人公にした上で、天才ではなく病的な拘り故の特異な能力を持っているとしたところがこの作品のキモだと思う。
縦糸になっている事件そのものはそれ程ひねられていないけれど、パトリックの拘りとそれに戸惑い振り回される周囲が織り成す横糸が見事に絡んで物語を読ませるものにしている。
ただ『ブラックランズ』三部作の方が好みだったな。

2014/05/27 07:35

投稿元:ブクログ

「物見高い人」ですって、、、

小学館のPR
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094088533

2014/10/23 15:39

投稿元:ブクログ

アスペルガー症候群で、解剖学の学生が主人公。人とのコミュニケーションが苦手で、探究心が強く、疑問をあやふやにできない、一つのことが気になるとほかのことは見えなくなる・・などなどの性質を持っている。その主人公が解剖体の死因に疑問を抱き、自ら追求していく話。解剖体の人物がこん睡状態だったときの部分と、主人公の現在が交互に語られる形式。主人公のひたむきな行動がなぜか胸をうつ。周りに誤解されながらも最後は理解され、いい形で結末をむかえられて、読後がさわやかでよかった。

2016/09/04 14:21

投稿元:ブクログ

アスペルガー症候群のパトリックが、父親の死から「死のなぞ」に取り憑かれ、解明するべく医大の解剖学を学ぶが、解剖体から不審物を見つけその死に疑問を抱き、一心不乱に死の謎の解明にあたる。 物語の後半からは展開も早く一気読みで、そして読後感は良い。

2014/09/01 21:16

投稿元:ブクログ

事件の謎と父の死の謎は、別々の巻に分けて書き直してもいいのではと思ってしまった。終盤になって後者の謎が解かれるくだりが唐突すぎて、付け加えの樣に思える。トレイシーの件も余分。

それでも、正にページをめくるのが止められなかった。

2016/10/22 15:46

投稿元:ブクログ

3つの事件が進行していたんだね。横文字の名前覚えるの超苦手…。植物人間、時系列や誰目線なのかわからなくなって、特に凝ったトリックでもなかったし…。うーん?パトリック母の秘密にはちょっと疑問。

2014/06/15 23:44

投稿元:ブクログ

アスペルガー症候群の主人公とそれゆえに引き起こされる事象とが、まさに「論理的」に繋がっている。事象には必ず原因があるはず、と自分の欲求に従って行くと、見えてきたのは自分自身。成長の物語。

2016/06/29 19:21

投稿元:ブクログ

アスペルガー症候群の主人公パトリックを中心に描かれている。この病気についてはスティーブン・スピルバーグなど著名人も数多くなっていることは聞いたことがある。

この作品を読んで具体的にどういう症状なのかよく分かった。それにしてもなぜ、母親との関係がここまでこじれているのか不思議に思っていたが最後の方でやっと理解することが出来た。

それにしても解剖学とこの病気を組み合わせて、サスペンス仕立ての小説にするなんて恐れ入りました。また、主人公がある事をさかいに霧が晴れたように人間として成長していく姿は素晴らしく、良かったねと思わず声をかけたくなった。

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む