サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

音楽の進化史
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/14
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/482p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-27491-1
  • 国内送料無料

紙の本

音楽の進化史

著者 ハワード・グッドール (著),夏目 大 (訳)

音楽はなぜ誕生し、どのようにより豊かで多様なものへと変化したのか? 楽器や楽譜、音階や和音の発明など、作曲家である著者が、旧石器時代から現代に至る4万年の音楽史を一望する...

もっと見る

音楽の進化史

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

音楽はなぜ誕生し、どのようにより豊かで多様なものへと変化したのか? 楽器や楽譜、音階や和音の発明など、作曲家である著者が、旧石器時代から現代に至る4万年の音楽史を一望する。【「TRC MARC」の商品解説】

音楽はなぜ誕生し、どのようにより豊かで多様なものへと変化したのか? 楽器や楽譜、音階や和音の発明など、作曲家である著者が、旧石器時代から現代に至る4万年の音楽史を一望する決定版!【商品解説】

著者紹介

ハワード・グッドール

略歴
〈ハワード・グッドール〉1958年イギリス生まれ。オックスフォード大学クライスト・チャーチで音楽を学ぶ。作曲家。音楽教育への貢献に対し、大英帝国勲章を授与された。著書に「音楽史を変えた五つの発明」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/22 23:02

投稿元:ブクログ

翻訳が素晴らしい。超一級。訳者の夏目大氏の才能・技能を他の訳者は見習ってもらいたい。猛省するべき。

そして本書の内容そのものも、これまた素晴らしい。素人にも音楽の歴史が、その流れが簡単にわかるように語られている。何が何の影響を受けて生まれたか、そしてそれがその後どのように影響を与えていったかが、はっきり伝わる。音楽を専門に学ぶ機会のない人すべてに読んでもらいたい本だ。(ただひとつ注文をつけるなら、原題どおり「音楽の物語」としてほしかった。)

戻って、翻訳には「勇気」がいることを書き添えたい。ある言語を別な言語に置き換えるには、技術的なものだけでは不可能である。原文の意味をとらえて、その意味を別の言語で表現する。そこには「勇気」が必要だ。言語は一対一に対応しない、文章もそうだ。だから自国の言語へ翻訳する場合には、原文を「勇気」をもってぶったぎったり、ひっくりかえす必要もある。別な言語の慣習的ルールにあわせるためには「勇気」が必要なのだ。
 
夏目さんはそこを大胆に、臆することなくやりとげた。音楽に興味のない人にも読んでほしいくらいである。

2014/10/21 18:20

投稿元:ブクログ

会社属性的に教養として読んでおくべきかな?と思って手に取ったけど望外に面白かった。弊社社員は全員読んでおくべきですね。10時間くらい読了に掛かるのが玉に瑕ですが。
西洋クラシック音楽を中心にその前史と勃興、隆盛、映画音楽への流れ、ジャズの登場からロック。ジャンルを超えた融合まで。
和音の意味や使い方なども解説してあり、なかなかいいです。

2014/09/02 08:51

投稿元:ブクログ

 ギリシャ、ローマの時代から現代までの音楽の通史をやろうという野心的な本。和音の発見、記法の発明、調と和音進行、平均律、モーツァルトとベートーベン、リストを経てワーグナーでひとつの集大成へ。そこから従来の西洋音楽の枠組みを破壊せんとするドヴォルザークやストラヴィンスキー、ムソルグスキーたちの取り組み。レコード、放送といった革命的な音楽ツールの広がりとともにジャズ、ロックなどが台頭していくまで。
 通史としてはなかなかおもしろいし、バレエ音楽についての考察、レコードや放送が果たした役割など、ユニークな視点もある。反面、直線的な「進化」という方法論じたいの限界もまた見えるような気がする。

2014/10/01 09:08

投稿元:ブクログ

まことに読み応えのある「音楽の物語」であった。この種の本は今はあまり出版されなくなってきているだけに、なおさら嬉しくなる。

音楽読みもの ランキング

音楽読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む