サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. はなしっぱなし 新装版 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はなしっぱなし 新装版 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/22
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:21cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-72850-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

はなしっぱなし 新装版 上

著者 五十嵐 大介 (著)

五十嵐大介の幻のデビュー作を新装復活。無限のイメージと夢幻のストーリーが融合したファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

はなしっぱなし 新装版 上

1,188(税込)

はなしっぱなし 新装版 上

950(税込)

はなしっぱなし 新装版 上

ポイント :8pt / 紙の本より238おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「はなしっぱなし 新装版 上」が含まれるセット商品

はなしっぱなし 2巻セット

はなしっぱなし 2巻セット

  • 五十嵐大介 著
  • 評価4.0
  • 税込価格:2,37622pt
  • 発送可能日:1~3日

著者紹介

五十嵐 大介

略歴
著書『そらトびタマシイ』(講談社)ほか。最新作は「IKKI」連載の「魔女シリーズ」

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/09/20 23:02

投稿元:ブクログ

日常の隙間にいる変幻との邂逅の物語

独特の荒さもあり、作家の人生で一度しかかけないような感じの、稀有な漫画。すげえな。

2017/02/26 17:18

投稿元:ブクログ

風の中に 遠くから乗ってきた 水の香りを感じたり
すれ違いざまの 会話の断片が なにか、心に引っかかって また、飛んでったり。
日常には、 様々な 触れては 途切れる 感覚が満ちている。
でもそれは、本当に微々たる刺激なもんだから
それに こだわるひとは、ほとんどいないんだな。
 
 
でもさ、
きらきらな、
美しさって、
そういうもんにこそ、
隠れてるじゃない?
 
 
そういう密やかな事を きちんと拾うのが 豊かってことではないかと思うんだよ。
けれど、それは ホントに難しい。
 
 
 
そんな世界を 軽々と描く作家が 五十嵐大介さんではないかしら?
 
目を開けてるのに いろんなことを 見落としてる。
風景に溶け込む あれやそれを、こんなに優しく 拾い上げる。
すてきだなあ、って 思うのよ。
 
ちょっぴり 不気味で でも、たまらなく 愛おしい。
作者が 遠野物語がお好きと言うインタビューを読み
深くなっとくした次第。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む