サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. 日経BP社
  6. 会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから 会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/17
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5017-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

著者 大西 康之 (著)

会社が消えても人生は終わらない−。三洋電機がパナソニックに買収され、上場廃止になるまでのプロセスと、会社を失った元三洋電機社員の再生を綴る。「三洋電機井植敏の告白」の続編...

もっと見る

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

1,728(税込)
29%OFF

【期間限定価格】会社が消えた日

05/10まで通常1,728

1,210 (税込)

【期間限定価格】会社が消えた日

ポイント :11pt / 紙の本より518おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

会社が消えても人生は終わらない−。三洋電機がパナソニックに買収され、上場廃止になるまでのプロセスと、会社を失った元三洋電機社員の再生を綴る。「三洋電機井植敏の告白」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

 新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3000億円の出資を受けた三洋電機。その後、携帯電話、デジカメ、白物家電、信販といった事業は切り売りされ、本体はパナソニックに買収された。散り散りになった旧経営陣は今何を思い、10万人の社員たちは今どこで何をしているのか。経営危機の渦中、同族企業の混乱を克明に取材し、その後も電機業界の動向を見続けてきた新聞記者が、多くのビジネスパーソンにとって決して他人事ではない「会社が消える日」を描く。
 たとえ今の職場がなくなっても、人生が終わるわけではない。では、どこに向かって次の一歩を踏み出すか。かつて三洋電機に在籍した人々のその後の歩みは、貴重な示唆に富んでいる。重苦しいテーマを扱いながら、本書が「希望の物語」となっているのは、そこに会社を失ったビジネスパーソンの明るくたくましい生き様が垣間見えるからだ。【商品解説】

目次

  • 第一章 再会 井植敏は『ゼロ』を読んでいた
  • 第二章 決断 中村邦夫はなぜ動いたのか
  • 第三章 抵抗 野中ともよは「地球を守る」と言い放った
  • 第四章 一歩 「ニーハオ」から始めよう――ハイアールに買われた人々
  • 第五章 覚醒 こうやって黒字にするのか――京セラに買われた人々
  • 第六章 意地 最後の1個まで売り切ってやる!――校長に転身したマーケター
  • 第七章 謀略 私はこれで会社を辞めました――セクハラ疑惑をかけられた営業幹部
  • 第八章 贖罪 「首切り」が私の仕事だった…――高額ヘッドハントを断った人事部長
  • 第九章 自由 淡路島からもう一度――テスラを駆る電池技術者
  • 第十章 転生 「離職者再生工場」の可能性――ベビーバギーを作る生産技術者

著者紹介

大西 康之

略歴
〈大西康之〉1965年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、日本経済新聞社入社。欧州総局駐在、『日経ビジネス』記者、産業部次長などを経て、日本経済新聞社編集委員。著書に「三洋電機井植敏の告白」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

元三洋電機の社員です

2016/04/17 07:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて三洋電機に勤めていました。

パナソニックに吸収合併された時にはもう会社にいませんでしたが、その後の三洋社員について克明に書かれていました。
正直かわいそうだなと思いました。

内容はかなりわかりやすいです。また電気自動車のリチウムイオン電池については特に詳しく書いてあり、勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パナソニックはそんなに悪いか?

2017/01/31 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しおかぜ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読めば読むほど、三洋電機という会社や製品に対する著者や元三洋社員たちの思いが、痛いほど伝わってくる。最初から最後まで大変読み応えがあり、テレビドラマを見ているようなリアリティを感じた。文章もすばらしく、一級のビジネス書である。
三洋電機は、ミニ・パナソニックを目指すかのようなフルラインアップ志向の一方で、リチウムイオン電池や携帯電話などの独自技術を磨き上げた、大変チャレンジングな会社だったことがよく分かる。こういうゲリラ的でしたたかな強さについては、三洋から学ばなければならないと思う。
本書に登場する元社員たちは、こうした三洋に誇りと愛着を持って、いまも生きていることが印象に残る。判官贔屓の感情を強く揺さぶられる。
ただし、三洋を買収し、吸収・合併(三洋「解体」)したパナソニックに対する記述や証言は、ある程度、割り引いて読む必要があると思う。私はパナソニックの関係者では断じてないが、それでも、パナソニックの一連の施策は「そんなに悪いか?」と思う。
いずれにしても、ぜひ一読をお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/22 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 08:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/09 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/19 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/29 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/23 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/12 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/14 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む