サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて保存版 春夏

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて保存版 春夏

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:26cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066633-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて保存版 春夏

著者 内田 悟 (著)

菜の花もたけのこもソースにできる。ピーマンは種も食べられる…。春と夏に旬を迎える野菜の目利きから、保存・下ごしらえ・切り方・火入れ、究極のレシピまで、築地御厨店主が伝授す...

もっと見る

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて保存版 春夏

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 春夏

2,052(税込)

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 春夏

ポイント :19pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

菜の花もたけのこもソースにできる。ピーマンは種も食べられる…。春と夏に旬を迎える野菜の目利きから、保存・下ごしらえ・切り方・火入れ、究極のレシピまで、築地御厨店主が伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

電子書籍がおすすめ

2015/08/22 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lilf - この投稿者のレビュー一覧を見る

iPadにインストールして、仕事の帰りにちょっとずつ読んでます。
これで今が旬の野菜をチェックして買って帰ることもしばしば。
元気な野菜の写真を見ているだけでも癒されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/07 17:07

投稿元:ブクログ

紹介されている料理がことごとくおいしそうです。
一つの野菜の旬を、走り、盛り、名残と三つに分け、それぞれに応じた切り方や調理法を紹介しています。

いまは多くの野菜が、季節に関係なく店頭に並んでいます。
旬がいつなのか分からないものも多いですが、なんとなくその野菜を食べたくなる時期というのがあります。
その食べたくなる時期が、旬と重なっていたことに嬉しくなりました。体は正直、と言うことなのでしょうか。

トマトの旬までまだまだ先ですが、トマトの時期になったらぜひともトマトフォンデュを作ろう!そしてフレッシュトマトにあえよう!
野菜が食べたくなる一冊です。

2015/08/17 22:56

投稿元:ブクログ

 トマトや茄子のような万能選手もいるけど、春夏の野菜は使い方に迷うものが多い(うどやクレソンに至っては使ったこともない)。
 大体茹でて単品で和えるだけになってしまうんだけど、ピュレにすれば旬の全てを楽しめること、相性の合う野菜を組み合わせてみること、同種和えだってアリなこと、いろいろな選択肢が見えてきた。

 さらに、「走り」と「名残」の時期によって調理法を変えるというのもすごく面白い。瑞々しく柔らかい走りから、旨みと繊維を増す名残まで、時々に合った調理を心掛けてみたい。
 この本みたいな料理ができたら至福だろうなあ…。

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む