サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

人間って何ですか?(集英社新書)
人間って何ですか?(集英社新書) 人間って何ですか?(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720736-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

人間って何ですか? (集英社新書)

著者 夢枕 獏 (著),池谷 裕二 (著),佐藤 勝彦 (著),岡村 道雄 (著),長沼 毅 (著),島薗 進 (著),窪寺 恒己 (著),八代 嘉美 (著),ビートたけし (著)

なぜ人間はこの宇宙に存在しているのか、もしも人間が存在しなかったら…。最も根源的な問いに答えるべく、作家・夢枕獏が各界の最先端に身を置く第一人者と語り合う。『kotoba...

もっと見る

人間って何ですか? (集英社新書)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ人間はこの宇宙に存在しているのか、もしも人間が存在しなかったら…。最も根源的な問いに答えるべく、作家・夢枕獏が各界の最先端に身を置く第一人者と語り合う。『kotoba』連載に、書下ろしの解題を加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

作家・夢枕獏が、各界の最先端に身を置くプロフェッショナルと真剣勝負! 「人間とは何か?」という人類共通の関心事に答えるべく、様々な分野の第一人者を訪ね、その解を探った。


【商品解説】

収録作品一覧

ヒトに自由意志はあるのか 池谷裕二 述 9−31
宇宙は人間に「ちょうどよく」できている 佐藤勝彦 述 33−52
縄文の精神に持続可能性を学ぶ 岡村道雄 述 53−72

著者紹介

夢枕 獏

略歴
〈夢枕獏〉1951年神奈川県生まれ。小説家。
〈池谷裕二〉1970年静岡県生まれ。脳研究者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

視点の数だけ人間がある。

2016/08/25 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳科学、宇宙物理学、考古学、生物学、宗教学、そして生身の人間の視点から語られた「人間とは何か」。
個人的には語られていた生物の定義の中で、「細胞膜という外界と内界の仕切りがあること」が人間の意識のありかたにも応用できそうでおもしろく感じた。
仕切りがあると知りつつも、それでもな知りたいと願う、それこそが人間の業なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/14 10:28

投稿元:ブクログ

記憶力が悪いと自然に想像力が発達する。
人間とは人間とは何かを解く存在。
人の気持ちがわかる存在。
自分の夢がかなわないと言っている人には、別の必ず夢がかなう宇宙が一個あって、そこでは夢がかなったと言っている自分もいる。

2015/01/06 13:39

投稿元:ブクログ

どの対談も、興味深くて面白かったです!
中でも今まで「広い宇宙なんだから、人間のような生き物が進化した星はたくさんある」と思っていたので、実は「生物が進化するには圧倒的に宇宙全体の星の数が足りない」というお話は目からウロコでした。
あと、たけしさんの話も本音炸裂で面白かった。
(ただ、おそらく編集の過程で、本当はもっと面白かったのに、他のインタビュイーとの兼ね合いか、わざわざ丁寧語に直されたのでは?と思う部分が多々ありました。そのままでよかったのになあ…)
でも、とにかく、まだまだ人間は、人間の価値観でしか物を見れていないんだなと新鮮に感じました。おすすめです!

2014/10/26 10:33

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
なぜ人間はこの宇宙に存在しているのか、もしも人間が存在しなかったら…?
作家・夢枕獏が、各界の最先端に身を置く第一人者と真剣勝負!
最も根源的な問いに答えるべく、脳科学や物理学、考古学など、ジャンルに捉われぬ様々な切り口からその解を探った。
超豪華メンバーとの対談から導き出された、究極の人間像とは?
書下ろしによる解題も収録。

[ 目次 ]
第1章 ヒトに自由意志はあるのか(池谷裕二(脳研究者))
第2章 宇宙は人間に「ちょうどよく」できている(佐藤勝彦(宇宙物理学者))
第3章 縄文の精神に持続可能性を学ぶ(岡村道雄(考古学者))
第4章 人類という種の来し方、向かう先(長沼毅(生物学者))
第5章 人間の命だけが尊いのか(島薗進(宗教学者))
第6章 ダイオウイカの追跡から見えた、人間の可能性(窪寺恒己(海洋生物学者))
第7章 生命の境界を揺るがiPS細胞研究(八代嘉美(幹細胞生物学者))
第8章 人の死に方を考える(ビートたけし(芸人・映画監督・俳優))

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2014/04/26 17:50

投稿元:ブクログ

私の好きな池ケ谷先生が対談相手として出ていたので本書をとった。生命とは宇宙が効率よく老化していくための仕組みだという考え方に驚きとともに深い興味を感じた。

2015/12/03 16:44

投稿元:ブクログ

夢枕縛がよく勉強していると思った.
個別の話の中では,池谷氏の混沌からの秩序形成の話と生命活動を結びつけた話が印象深い.そのとおりだと思う.

2014/06/19 19:58

投稿元:ブクログ

タイトルがいいので読んでみたけど、科学の分野の話が多くて、自分にとってはとっつきづらかった。
もっと文学的なところからのアプローチが多くあってほしかったな。
まぁそのなかでも、池谷さんとの対談はわかりやすくて、おもしろかった。

2014/06/19 21:16

投稿元:ブクログ

単なる対談集かと思ってあまり良く見ずタイトルだけで借りました。夢枕さんと学者さんの対談集というのも借りてから気づく始末(笑)
で、人類学…でしょうが大きな分類で科学にカテゴライズ。

実は夢枕獏さんの小説って考えてみたら読んでみたことがなく、多分タイトルがこれでテーマがこれでなかったら手にとらなかったでしょう。

でも面白かった!さらっと読めて知りたいことのさわりを面白く語ってくれているので、これから興味を持って読まれる方にはそれぞれの世界の広がり(脳科学、宇宙科学、宗教などなど…)のきっかけがつかめそうです。
個人的には今まで読んできた本の関連事項も取り上げられているので大変面白かったし、もう少しこの分野を掘り下げて本を読んでみたいと思った「学」もありました。

「これから起きうる優生思想」考えさせられました。
そして我々が人を殺さずに暮らせているのは環境のおかげだということ。先日読んだルワンダのジェノサイドのことを考えました。
そしてある質問に対する「解なし」という答え。答えとはただの選択であるという結論。

とにかくいろんな学者さんやその道のスペシャリストである方々の話を読むといろんなことを考えさせられます。いい本読みました。思考を深めるきっかけをくれた夢枕さんに感謝です。

2014/04/27 18:51

投稿元:ブクログ

人それぞれの哲学に答えは依存するのだが,専門分野に固執せず広範な視点で物事を観察する何人かの考え方は読んでいて興奮する.

2014/07/14 10:40

投稿元:ブクログ

奥深いテーマですが、各分野の専門家が、自分の活動領域の事柄をわかり易く説明してくれるので、とても読み易く、あえて「人間って…」って聞かなくてもよいものもあったように思います。その中では、人間(生物)の存在は、宇宙全体のエントロピーを効果的に増大させるために、局所的にエントロピーを小さくする役割を担っているという池谷論は、圧倒的にインパクトがありました。ダイオウイカの話やiPS細胞の話もとても面白く読ませていただきました。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む