サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 幕末戦慄の絆 和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幕末戦慄の絆 和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/28
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:20cm/442p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-61493-5
  • 国内送料無料

紙の本

幕末戦慄の絆 和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎

著者 加治 将一 (著)

引退を表明していた歴史作家・望月真司のもとに、「和宮の謎」が持ち込まれる。幕末維新の動乱期、孝明天皇の異母妹である和宮(親子内親王)は、徳川家茂に降嫁。公武合体の象徴とな...

もっと見る

幕末戦慄の絆 和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎

2,052(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

引退を表明していた歴史作家・望月真司のもとに、「和宮の謎」が持ち込まれる。幕末維新の動乱期、孝明天皇の異母妹である和宮(親子内親王)は、徳川家茂に降嫁。公武合体の象徴となった。「謎」は、その皇女和宮の肖像写真とされる人物が別人であることや、発掘された遺体から、なぜか左手首だけが失われていたことなどを告げていた。調査を開始する望月。やがて、謎に包まれた和宮の生涯と、和宮に関わる人物たちの発言、行動から明治維新最大のタブー“天皇すり替え”の核心が浮かび上がってきた!【「BOOK」データベースの商品解説】

引退を表明していた歴史作家・望月のもとに持ち込まれた「和宮の謎」。そこから浮かび上がる明治維新最大のタブーの核心とは…。禁断の歴史シリーズ。『小説NON』連載を大幅に加筆・修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 1 不可解な写真と法名
  • 2 消えた左手首
  • 3 「和宮像」のミステリー
  • 4 殺害された皇女
  • 5 謎の神社

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

加治史観爆発

2016/11/26 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

孝明天皇暗殺、明治天皇すり替え、皇女和宮の謎(の白骨)、そして有栖川宮と出口王仁三郎の数奇な運命、加治史観爆発である。自分も全て信じている訳ではないが、面白い謎解きである。
 特に今回の皇女和宮は、幕末の公武合体の象徴として幕末を扱ったドラマには必ず登場し、一時とはいえスタア扱いされる人物なのだが、その後明治になってからは全く出てこず、それでいて若く死んでいるので不思議に思っていたのだが、この謎解きはある程度納得できるものである。少なくとも畳の上で死んだとは思えない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/04 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/21 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/15 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/03 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/16 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る