サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 昭和史をどう生きたか 半藤一利対談

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

昭和史をどう生きたか 半藤一利対談
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/04
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:19cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-487-80888-5
  • 国内送料無料

紙の本

昭和史をどう生きたか 半藤一利対談

著者 半藤 一利 (著)

特攻に最後まで反対した指揮官の戦後。空襲の空に凧を揚げていた少年。「阿部定事件」で中断した国会。反安保デモの終った夜…。史上稀な激動の時代に生きた人間たち、そして自分自身...

もっと見る

昭和史をどう生きたか 半藤一利対談

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

特攻に最後まで反対した指揮官の戦後。空襲の空に凧を揚げていた少年。「阿部定事件」で中断した国会。反安保デモの終った夜…。史上稀な激動の時代に生きた人間たち、そして自分自身について語った、「半藤昭和史」の対話篇。【「TRC MARC」の商品解説】

昭和史研究の第一人者で、圧倒的な支持を得る半藤一利が、吉村昭、澤地久枝をはじめ、昭和を生き抜き、作品のテーマとしてきた日本を代表する作家・研究者と語りつくした「昭和史の真実」。

特攻作戦に最後まで反対し、隊から一人も特攻者を出さなかった指揮官に戦後会いに行く話など、これまでまったく語られることのなかった衝撃の事実の数々。【商品解説】

目次

  • 〈対談者とテーマ〉
  • ふたつの戦場~ミッドウェーと満洲~  澤地久枝
  • 指揮官たちは戦後をどう生きたか  保阪正康
  • なぜ日本人は山本五十六を忘れないのか 戸髙一成
  • 天皇と決断  加藤陽子
  • 東京の戦争  吉村昭
  • 硫黄島と栗林忠道  梯久美子
  • 撤退の本質  野中郁次郎
  • 繁栄という名の貧窮  野坂昭如

収録作品一覧

ふたつの戦場 澤地久枝 述 7−59
指揮官たちは戦後をどう生きたか 保阪正康 述 61−93
なぜ日本人は山本五十六を忘れないのか 戸高一成 述 95−123

著者紹介

半藤 一利

略歴
作家、昭和史家。『ノモンハンの夏』(山本七平賞)『昭和史』(毎日出版文化賞)『漱石先生ぞな、もし』(新田次郎文学賞)『聖断』『日本のいちばん長い日』『山本五十六』『幕末史』『日露戦争史』『日露戦争史』(刊行中)など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/15 11:39

投稿元:ブクログ

特に意識したわけではないけれども
たまたま 読んだ日が
8月15日でした

自分の立ち位置を確かめて
今 自分の周りに起こっている
さまざまなことは
全て 自分に関係があり
また これからのことに
関係してくるのだということを
改めて思ってしまう

記憶は弱者にあり

改めて肝に銘じたい言葉です

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む