サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 還暦川柳 60歳からの川柳

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

還暦川柳 60歳からの川柳
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/15
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:19cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-2545-0
  • 国内送料無料

紙の本

還暦川柳 60歳からの川柳

著者 全国老人福祉施設協議会 (編),別冊宝島編集部 (編)

思わずクスリ、思わずホロリ。「60歳からの主張」に過去8年間に寄せられた傑作川柳を厳選!おじいちゃん、おばあちゃん、お子さん、お孫さんも。笑っちゃうのに心に滲みる―明日の...

もっと見る

還暦川柳 60歳からの川柳

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

思わずクスリ、思わずホロリ。「60歳からの主張」に過去8年間に寄せられた傑作川柳を厳選!おじいちゃん、おばあちゃん、お子さん、お孫さんも。笑っちゃうのに心に滲みる―明日の元気にきっと繋がる一冊です!【「BOOK」データベースの商品解説】

イクジイを目指すも我が子まだ未婚 朝帰り昔夜遊びいま徘徊 公益社団法人全国老人福祉施設協議会の主催する「60歳からの主張」に寄せられた傑作川柳を厳選紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ユーモア溢れる96作品の「60歳からの川柳」は、世代問わずに楽しめる。

2014/07/30 17:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:迷子の子猫ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本は、少子高齢化が進んでいるため、現役世代が高齢世代を支える仕組みになってきて、年金や税金面での負担が重くのしかかってきているが、戦後から復興し、衣食住、教育などが充実したのも、今の高齢世代のおかげだということを忘れてはいけない。本書は、甘いも辛いも知り尽くした高齢者の川柳を収録したものである。おじいちゃん、おばあちゃんのユーモア溢れる川柳が96作品と満載。

 本書に紹介されている還暦川柳は、「公益社団法人 全国老人福祉施設協議会主催「60歳からの主張」川柳部門の入選作、応募作」である。この「60歳からの主張」の初回は平成15年で、応募は576通だったという。最新の第10回は平成25年で5000通を超えたというから、主張したい高齢者が年々増えているということだ。本書は、第5回から小論文と川柳の公募になってから第10回までの「60歳からの主張」での川柳部門のみ紹介している。
 本書は、作品に入選作などの明記はないが、作者の応募当時の氏名、年齢があり、2作品掲載の方も数名いることから、「60歳からの主張」をネットで検索してみると、連続で入選を果たしている方もいて驚いた。2作品載っている方のなかで、鈴木富士夫さん62歳当時の作品は、《メモ以外 買うなと妻の 注意書き》。63歳当時では、《イクジイを 目指すも我が子 まだ未婚》という作品を生み出している。鈴木恵子さん61歳も2作品。《もの忘れ 増えて夫婦の 会話増え》、《似合うのに サイズとサイフ 邪魔をする》など、夫婦で連続入選とは素晴らしい。
 他に、中川卓二さん83歳の《「先逝くな」妻がすかさず「先どうぞ」》、蓮見博さん60歳の《長風呂を 何度も呼ぶな 生きてるぞ》、富田満さん64歳の《お~いお茶 叫んで自分で いれにいく》」、は、夫婦の様々な愛のカタチが微笑ましく表現されていて和む。特に、富田満さん65歳の《大事なら しまうな二度と 出てこない》は、本当に大事なものほど出てこないから、“しまうな”に共感しきり。もし、オレオレ電話が来たら、渡辺信悦さん70歳の《オレオレに それで足りるの 問返す》を実践してみたいものだ。
 やはり、歳を重ねて楽しみの一つが、同級生と再会できる<同窓会>だろう。石川恵美子さん70歳の《同窓会 片思いですみ 大正解》は、昔イケメンだったけれど、今“フケメン”、“ハゲメン”だったのかな? と想像しウケてしまった。

 あとがきに「還暦を経ているからこそ、老いたればこそ、ホンモノの川柳が生まれる」、「若い世代への遺言であり、メッセージだ」と紹介しているように、96作品という川柳を通して、<老いてはなお益々壮んなるべし>だなあ、と実感。子どもも<面白いね~>と楽しんだ様子。世代問わずに楽しめる1冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する