サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. レム・コールハースは何を変えたのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

レム・コールハースは何を変えたのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/11
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:21cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-306-04605-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

レム・コールハースは何を変えたのか

著者 五十嵐 太郎 (編),南 泰裕 (編)

現代最高の建築家と称されるレム・コールハース。その広範な活動から「ル・コルビュジエの衣鉢を継ぐ」とも目される建築家の独創性に迫った、建築家や研究者たちの論考を収録する。【...

もっと見る

レム・コールハースは何を変えたのか

2,808(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代最高の建築家と称されるレム・コールハース。その広範な活動から「ル・コルビュジエの衣鉢を継ぐ」とも目される建築家の独創性に迫った、建築家や研究者たちの論考を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

話題作を世に問いつづけながら、シンクタンクを組織し、リサーチや出版・編集を手掛ける建築家レム・コールハース。広範な活動から、「ル・コルビュジエの衣鉢を継ぐ」とも目される独創性に迫る評論集。【商品解説】

目次

  • レム・コールハースを読む
  • アジアのジェネリック・シティとレム・コールハース
  • 傾いた柱――レム・コールハースの五つの住宅をめぐって
  • Universe beyond Universal Space――ボルドーの住宅における三層の世界
  • 観測者のランドスケープ
  • 過密と原発
  • レム・コールハースから王澍まで
  • 【コラム】いま、アイロニーを捨てるべきか
  • 【アンケート】レム・コールハースが変えたもの
  • ヴェネツィア・ビエンナーレのレム・コールハース

収録作品一覧

レム・コールハースを読む 五十嵐太郎 著 9−24
疾走するアジアのジェネリック・シティ 五十嵐太郎 著 27−44
傾いた柱 南泰裕 著 45−54

著者紹介

五十嵐 太郎

略歴
〈五十嵐太郎〉1967年パリ生まれ。建築史・建築批評家。東北大学大学院工学研究科教授。博士(工学)。
〈南泰裕〉1967年兵庫県生まれ。建築家。国士舘大学大学院教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/28 11:31

投稿元:ブクログ

系推薦図書 5系(建築・都市システム学系)
【配架場所】 図・3F開架 
【請求記号】 523.359||IG

【OPACへのリンク】
 https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=177559

2014/08/10 16:25

投稿元:ブクログ

南が、このような本は空前絶後だろうという意味のことを書かれていて、そうだろうなと思う。

80年代後半に学生だった私の世代は、モダニズムのマンネリが破られて、建築の可能性が一気に一皮向ける瞬間に、建築を学んでいた。

五十嵐も書いているように、大学の研究室でDELIRIOUS NEWYORKが話題になったのがレムの名を聞いた最初であった。はしめは、クールハースと発音していたようにも思う。

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む