サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. MONSTERZ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

MONSTERZ(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/18
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745179-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

MONSTERZ (集英社文庫)

著者 渡辺 雄介 (著)

男が自分の首を捻り折って自殺するという事件が発生した。その猟奇性に違和感を覚えた刑事課の柴本だったが、二十年のときを経て再び奇妙な事件に遭遇する。人が次々に操られた末、二...

もっと見る

MONSTERZ (集英社文庫)

626(税込)

MONSTERZ

626 (税込)

MONSTERZ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男が自分の首を捻り折って自殺するという事件が発生した。その猟奇性に違和感を覚えた刑事課の柴本だったが、二十年のときを経て再び奇妙な事件に遭遇する。人が次々に操られた末、二人の男がビルから突き落とされたというのだ。捜査線上に浮かび上がったある男と、二つの事件の共通項。視界に入った人間を操る力を持つ者と、唯一その力に影響されない者が対峙するとき、世界を揺るがす闘いが始まる。【「BOOK」データベースの商品解説】

2つの奇妙な事件と、捜査線上に浮かび上がったある男の共通項。視界に入った人間を操れる男と、唯一その力に影響されない男が対峙するとき、世界を揺るがす闘いが始まる。2014年5月公開映画の原作小説。【「TRC MARC」の商品解説】

見た者全てを思い通りに操る力を持つ男と、唯一操られない男。二人の運命が交差したとき、生死を分ける壮絶な事件が起こる──。主演・藤原竜也、山田孝之で映画化の傑作サスペンス。


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/15 22:30

投稿元:ブクログ

藤原竜也が出演する映画の原作というミーハーな理由だけで読み始めたけど予想以上に面白かった!
これはどっちの役を藤原竜也がやっても山田孝之がやってもハマる気がする。最後まで明かされない名前がやきもきするけど、その終わり方もまた好きです。

2014/07/28 20:34

投稿元:ブクログ

■感想
不死身の力のある田中終一が、
氏名不詳の人間を操れる男に、
「俺たちでたくさんの人を救う」、
そして、
「人間を操れる男を守るために、自分は産まれてきたんだ。」
と言う最後の場面はよい場面だと感じた。
しかし、一つ一つの場面を自然にうけいれにくく、
二人の戦い以外の事柄にたいする(大迫教授等)描写も少ないため、
全体的に物足りない感じがした。

■読了日
2014年7月25日頃