サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. まよなかのぎゅうぎゅうネコ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まよなかのぎゅうぎゅうネコ
まよなかのぎゅうぎゅうネコ まよなかのぎゅうぎゅうネコ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/05/30
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/151p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-195751-0
  • 国内送料無料

紙の本

まよなかのぎゅうぎゅうネコ (わくわくライブラリー)

著者 葦原 かも (作),武田 美穂 (絵)

ふしぎなことは、夜におこります。トミエおばあさんが四つの季節に出会う、ちょっとなつかしくて、ほっとするお話。第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞作品。小学中級から。【「B...

もっと見る

まよなかのぎゅうぎゅうネコ (わくわくライブラリー)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」が含まれるセット商品

クラスが盛り上がる朝読3・4年向けセット 10巻セット

クラスが盛り上がる朝読3・4年向けセット 10巻セット

  • 税込価格:13,716127pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

ふしぎなことは、夜におこります。トミエおばあさんが四つの季節に出会う、ちょっとなつかしくて、ほっとするお話。第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞作品。小学中級から。【「BOOK」データベースの商品解説】

【講談社児童文学新人賞佳作(第54回)】月のきれいなある夜、トミエおばあさんが散歩をしていると、自動車学校の明かりがついています。ネコたちが交通ルールを勉強しているようで…。トミエおばあさんが4つの季節に出会う、ちょっと懐かしくてあたたかい物語。【「TRC MARC」の商品解説】

 第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞作『トミエさんの真夜中ものがたり』を改題、刊行いたします。
 葦原かも氏は新人ながら、同人誌等でのキャリアも長い実力派作家です。
 ひとり暮らしのトミエおばあさんが夜中に出会う、ちょっと不思議な四季の物語。どこかなつかしい、ほっとするファンタジーです。
 表題作「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」(春)をはじめ、「まよなかのペンペン・ポット」(夏)、「まよなかのねむこ玉」(秋)、「まよなかのホット・タルタル」(冬)の4話による短編連作。小学中学年くらいを中心に、安心して読める本格派童話作品です。
 講談社出版文化賞受賞作家の武田美穂氏による、あたたかなイラストも満載。

●あらすじ

 トミエさんは、運転免許をとるために、自動車学校に通っています。孫が遊びにくるときに、車で駅まで迎えにいって、びっくりさせようとしているのです。でも、歳のせいか、あまりにも運転がうまくならないので、落ち込んでいました。
 ある月のきれいな夜、トミエさんが散歩をしていると、自動車学校の明かりがすべてついて、そこだけ昼のように明るくなっています。よく目をこらすと、ネコが30ぴきほど集まって、おしゃべりをしています。トミエさんの家のミミもいます。
 どうやら、ネコたちは安全にくらすために、交通ルールを勉強しているようです。ネコたちの「自動車学校」です。
 トミエさんが入っていくと、実際に車をつかって勉強したいから、車を運転してほしいと、ネコたちにせがまれて……。
(「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」)【商品解説】

収録作品一覧

まよなかのぎゅうぎゅうネコ 3−44
まよなかのペンペン・ポット 45−78
まよなかのねむこ玉 79−109

著者紹介

葦原 かも

略歴
〈葦原かも〉川崎市生まれ。東京学芸大学初等教育教員養成課程国語科卒業。教育団体で編集の仕事にたずさわる。児童文学サークル「にじゅうまる」同人。第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/09/03 18:15

投稿元:ブクログ

 高齢ドライバーは免許を返納しているこのご時世に、運転免許を取得しようとしてるトミエさん…。
 しかもかなり危なっかしいし。
 でもトミエさんも猫たちもかわいいのよ!

2014/12/08 20:59

投稿元:ブクログ

トミエおばあちゃんの真夜中の冒険。
トミエさんが本当に可愛い。一生懸命でまっすぐで、おばあちゃんらしくて。猫たちも、出てくる子みんな可愛い。
武田美穂さんの絵がとてもよくあう。
講談社児童文学賞佳作ということで手に取りましたが、安定した物語。

2014/04/21 17:07

投稿元:ブクログ

第54回講談社児童文学新人賞、受賞作品決定!
http://bookclub.kodansha.co.jp/ehon/j_shinjin_houkoku.html

講談社のPR
「第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞作『トミエさんの真夜中ものがたり』を改題、刊行いたします。
葦原かも氏は新人ながら、同人誌等でのキャリアも長い実力派作家です。
ひとり暮らしのトミエおばあさんが夜中に出会う、ちょっと不思議な四季の物語。どこかなつかしい、ほっとするファンタジーです。
表題作「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」(春)をはじめ、「まよなかのペンペン・ポット」(夏)、「まよなかのねむこ玉」(秋)、「まよなかのホット・タルタル」(冬)の4話による短編連作。小学中学年くらいを中心に、安心して読める本格派童話作品です。
講談社出版文化賞受賞作家の武田美穂氏による、あたたかなイラストも満載。」

2014/09/28 18:51

投稿元:ブクログ

深夜の自動車学校で、
猫達の猫による自動車教習の現場に遭遇したトミエさん。
急に猫語が判るようになり、
成り行きで自動車を運転するはめに。

運転するように煽ったアカトラが、
トミエさんの運転のあまりに下手さに特訓をするよう提案。

アカトラ最初は態度がぞんざいで、教官役だったトミエさんの
飼い猫モーに食って掛かってたのに、トミエさんが
運転下手だとわかると運転が上達するように手を貸してあげたり、
なんやかんやと良い男っプリを発揮してて笑えるw
アカトラ本当は優しい奴だな。

とりあえず、この町に住んでる猫達はよく夜中に集まっては
遊んだり話し合いをしているみたい。 そして歌うのが好き。
歌うとたまに不思議なことが起こったりして。

春夏秋冬で章がわかれていて、
「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」は春の章のお話。

毎回トミエさんが不思議なことに遭遇して、
話によっては猫どころか他の生き物の言葉もわかってしまう。

夏には怪しいポッドをレンタルしてしまったり、
秋にヒキガエルとお話したり、冬には無理やり
あるコンサートに代役で出させられたり。

でも全て真夜中の出来事。
朝が来れば、猫の言葉もわからなくなってしまいます。

深夜に猫の集会に出くわしたら、猫語が判るかもねw
トミエさんが明るくて元気なおばあちゃんで、
不思議な事をすんなり受け入れられるから
色々面白い体験ができるのかも。

やっぱ、不思議なことは楽しむに限るね。
現実的な事以外は興味が無い大人になるより、
人生を楽しめそう。

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む