サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

月は怒らない(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745187-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月は怒らない (集英社文庫)

著者 垣根 涼介 (著)

チンピラの梶原、大学生の弘樹、警察官の和田。何の接点もないように見える三人には共通点があった。それはある女の家に通っていること―。市役所の戸籍係で働く恭子は金にも物にも執...

もっと見る

月は怒らない (集英社文庫)

702(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

月は怒らない

648(税込)

月は怒らない

ポイント :6pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チンピラの梶原、大学生の弘樹、警察官の和田。何の接点もないように見える三人には共通点があった。それはある女の家に通っていること―。市役所の戸籍係で働く恭子は金にも物にも執着せず、相手に何も期待しない。そんな無機質で達観した女に、男たちはなぜ心惹かれるのか。女には、この世界の何が見えているのか。交差する思惑の中から浮かび上がるロクデナシたちの生き様を描いた長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

市役所の戸籍係で働く恭子は金にも物にも執着せず、相手に何も期待しない。そんな無機質で達観した女に、男たちはなぜ心惹かれるのか。女には、この世界の何が見えているのか。ロクデナシたちの生き様を描いた長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

借金取立て屋の梶原、大学生の弘樹、警察官の和田。彼らに共通するのは市役所勤めの女性、恭子と恋仲であること──。一切自己主張をしない彼女に謎を感じつつも、男たちは次第に深みへとはまってゆく。


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

ちょっと今までと感じのちがうお話

2016/04/25 02:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

垣根先生の今までの読んできたお話と少し感じの違う作品。
と言ってもまだ先生の本を10冊くらいしか読んでないんですが。
今までの読んできた作品の登場人物には南米がらみだったり、ラテンの明るさを持った人がいいスパイスになって話に絡んできたのが先生の作品のイメージの一つと感じていましたが今回はそこから少し離れてちょっと哲学風味な感じの後半、先へさきへと読まされるのはさすがです。
主人公の女性の心境の変化や行動、男達との出会いと別れは不思議な感じを受けましたが楽しく読ませていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

H26.8.5読了

2014/08/09 06:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹匠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1人の女性と取り巻く4人の男性の物語。人は決して判りあえないものなのだろうか。生きていくことは寂しく孤独なものなのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/16 21:05

投稿元:ブクログ

しつこくナツイチ本。面白かったー!梶原が陥れられるんじゃないかと心配だったけど、良かった。
なんとなく読後感もさわやか。

2014/08/03 15:33

投稿元:ブクログ

チンピラと大学生と警察官の3人と付き合う公務員の三谷恭子。三谷恭子は派手でもなく、自らオトコを誘うような女でもない。それなのになぜ、3人ものオトコと付き合うのか。
そう言えば、三谷恭子以外の女は出てこなかったな、この本。

2014/07/26 17:56

投稿元:ブクログ

男のひとの考える潔さは
女の感じるそれとは全く違うんだな。

垣根さんの書かれる女のひとは
どうも好きになれんのぉ。

2014/06/16 03:11

投稿元:ブクログ

ナイフの使い方は期待通り。

物語、というよりも哲学的な内容が濃い本だった。

あーあ、これは作者の哲学オナニーを見せつけられるんかな、とガッカリしていたが、
参考になる内容があったので、ここに書き記す。


性病を含め、病気のほぼ九割五分は、経口感染によるという。だから、人と接触した直後に、うがいさえ徹底的にやっていれば、ほぼ世の中の病気は防ぐことができる。

ふむふむだぜ。

2014/12/12 21:53

投稿元:ブクログ

 なんか心惹かれる話だった。恭子さんに惹かれる男たちみたいなものかな。恭子さんの達観した強さには恐れ入った。

2014/09/25 11:21

投稿元:ブクログ

あとがき読まなければよかった。
なかなか爽快な読了感と思っていたが、小さな頃石になりたかったと言う女性の話を聞いて、幼少時代を想像できなかったとは。
幻滅。
---
チンピラの梶原、大学生の弘樹、警察官の和田。何の接点もないように見える三人には共通点があった。それはある女の家に通っていること--。市役所の戸籍係で働く恭子は金にも物にも執着せず、相手に何も期待しない。そんな無機質で達観した女に、男たちはなぜ心惹かれるのか。女には、この世界の何が見えているのか。交差する思惑の中から浮かび上がるろくでなしたちの生きざまを描いた長編小説。

2014/05/25 19:39

投稿元:ブクログ

「三谷恭子」という、市役所勤務の25歳の女性に翻弄される、裏社会の仕事をする梶原、大学生の弘樹、警官の和田という3人の男達の話。

同時に3人の男たちと関係を持つ恭子。特別美人と言う訳ではないが、一言話すことにより彼女にたちまちひかれていく、という男達が後を絶たず、ストーカーにも何度も遭ったことが有るという。

公園で毎週末彼女と話している病気を持つ老人との会話が、唯一彼女の内面を知ることができる場面。しかし、過去に辛い経験をしていることは匂わせておきながらも具体的には最後まで謎。もうすこし掘り下げても良かったのでは。

展開はスピーディーで一日で読めたのだが、あまりキャラクターに魅力を感じることができなかったので60点といったとこ。

2014/08/08 20:21

投稿元:ブクログ

併読中のヒートアイランドシリーズと少しかぶるイメージ。
もう少し人生観への示唆が含まれているかな。
いずれにせよ光が当たらない人生を生きる男の描き方が独特の世界観を構築しています。

2014/07/10 23:50

投稿元:ブクログ

初めての垣根涼介作品。
読み返したいと思うまでの作品ではなかったが、私は結構嫌いじゃないな、と思った。

最初は全くそんなことは感じなかったが、物語が、だんだん終幕に向けて進んでいくあたりから、いきなり哲学っぽい話が出て来はじめるのが、なんか若干浮いてる感があった。
無理やりはめた的な。
消化しきる前に、サクサク読み進めたので、はっきりわからないが、そのあたりの部分で、おや?と思う箇所があったからかもしれない。


タイトルいいね。
言葉がいいとか、擬人法がいいのではなく、
物語上で、意味がわかった時にそう思った。
ポイントである、恭子の過去に関するキーセンテンスをダイレクト。


意外と平均評価が低いんだなぁと驚き。
かなり甘く評価つければ、4つでもいいけど。

2014/05/31 17:12

投稿元:ブクログ

垣根涼介って好きな作家なのだけど、この本のような話になると、ちょっと野卑で下品という感じに落ちちゃって、私にとっては結構振れ幅が大きい感じ。
化粧もしない。服も地味。美人でもない戸籍係の女にどうしようもなく魅かれていく3人の男…ってなわけで、女性を中心にした4人の交わりが描かれていくのだけれど、サクサク読める割にはイマイチ興が乗らず。
ひとつには、登場人物にあまり魅力を感じないこと。特に、恭子さんって何故に3人があんなにも惹かれるのかなぁ。
もうひとつは、仏教めいた哲学めいた人生観が語られるのだけど、何だかちょっとこなれていない感があったこと。作者あとがきを読んで、あぁ、そうだったのねと分かったけど。

2014/08/04 23:21

投稿元:ブクログ

いつもと違う本屋さんの平台にあって
なんとなく惹かれて手に取った本です
読み始めて、途中でやめることができなくなり
どうして、そんな風に達観していられるのかと
不安になってしまったり
心の弱さで、言わなくてもいいことを言い
それが大きな失敗に繋がっていく様子に
悲しく胸が痛みました

ヒトは所詮、他人の人生は背負えないーー。
突然,この文章が飛び込んできたとき
どっきりとして、胸をさされるような痛みに襲われました
恭子が、梶原が、和田が、幸せになりますように
自分なりに納得のできる人生を生きていて欲しいと
そして、自分もまた・・・・と
切に切に思ってしまっています

2015/07/10 22:47

投稿元:ブクログ

好きな作家だけど、男の描き方がワンパターンで食傷ぎみ。
最初のロクデナシがテレビを持たない女に惚れるシーンがある。
私もテレビを持たない女性を二人知っている。
どちらにも共通するのが、独立したかっこいい女性であるということ。
なんとなく人恋しくてテレビを点けるということを要しない人は強い人なんだと思う。
ほんと二人ともカッコいい!

2014/06/09 21:57

投稿元:ブクログ

月ですね。月。

派手な美人ぢゃないんだけど、ミョーに魅力的でモテる女性。

うーん、なんかリアルだ。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む