サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 実践ソーシャルイノベーション 知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

実践ソーシャルイノベーション 知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/30
  • 出版社: 千倉書房
  • サイズ:20cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8051-1033-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

実践ソーシャルイノベーション 知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO

著者 野中 郁次郎 (著),廣瀬 文乃 (著),平田 透 (著)

知は新しい社会を作る−。経営学における知識創造理論という立場からソーシャルイノベーションをとらえる試み。霞ケ浦の再生事業、アートサイト直島など7つの事例を取り上げ、知識経...

もっと見る

実践ソーシャルイノベーション 知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO

2,916(税込)

ポイント :27pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

知は新しい社会を作る−。経営学における知識創造理論という立場からソーシャルイノベーションをとらえる試み。霞ケ浦の再生事業、アートサイト直島など7つの事例を取り上げ、知識経営の観点から地域社会の活性化を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

地域社会を活性化させ、そこに新しい産業や政治的・経済的プロセスを生み出した具体的なケース(物語)を紹介しながら、如何なるリーダーシップがどのような実践によって改革と再生を成し遂げたのかを分析します。【商品解説】

目次

  • 第1章 新たな社会への模索
  • 第2章 知識社会からのソーシャル・イノベーションとは
  • 第3章 7つのケーススタディ
  • 霞ヶ浦の再生事業―アサザプロジェクト/葉っぱビジネスとワーク・イン・レジデンス―徳島県上勝町・神山町/過疎と少子・高齢化の地域改革―島根県隠岐郡海士町/市民協働のまちづくり―東京都三鷹市/企業理念を実践に移す活動―エーザイ株式会社/アートサイト直島―株式会社ベネッセホールディングス・福武財団/くもん学習療法センター―株式会社日本公文教育研究会
  • 第4章 ソーシャルイノベーションの要件
  • 第5章 知識創造コミュニティを創る――まとめにかえて

著者紹介

野中 郁次郎

略歴
〈野中郁次郎〉1935年生まれ。一橋大学名誉教授・早稲田大学特命教授。著書に「組織と市場」など。
〈廣瀬文乃〉1966年生まれ。一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任講師。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/09/23 16:40

投稿元:ブクログ

知識創造企業から知識創造コミュニテイへ。イノベーションも会社という枠のある組織から社会という境界線のないマルチステークホルダーの世界へ舞台を拡げないと、ということだと思います。その分、知識創造企業の時には日本企業特有のアノニマスな文化への着目を感じましたが、今回は実践知リーダーシップの必要性をプッシュしています。本書で語られる7つの事例でも6つのリーダーシップの物語り(「物語=静的なストーリー」ではなく動的なナラティブ)として刺激的でした。その分、属人性が高く、それが、どうやって生まれるのかが大きなテーマだと思いました。もしかして、日本のイノベーションの出発点は教育から始めないとならないのかも。

2014/10/04 00:35

投稿元:ブクログ

第3章のケーススタディで上勝町の葉っぱビジネスについて初めて詳しく経緯を知る。その他のケースも合わせて、この著者がだいぶ難解なタームを使いながら「整理・分析」された狙いとは外れるかもしれないが、本当に今、地域社会といわれる場所での営みの要点が記されている。改めて脱帽するとともに、しかしステップがこれだけ体系化されていることにおいては、あとはその価値観と怯まぬ関わり。噂通り野中郁次郎さんは難解だった。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む