サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ゲーム・アニメ・サブカルチャー
  4. 家庭用ゲーム機興亡史 ゲーム機シェア争奪30年の歴史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家庭用ゲーム機興亡史 ゲーム機シェア争奪30年の歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/17
  • 出版社: オークラ出版
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7755-2243-1
  • 国内送料無料

紙の本

家庭用ゲーム機興亡史 ゲーム機シェア争奪30年の歴史

著者 前田 尋之 (著)

ファミコンで隆盛を誇った巨人・任天堂がなぜソニーに敗れたのか? 30余年に及ぶ、ゲーム業界の栄枯盛衰史。開発・販売・広報といった多角面からゲーム機、メーカーの戦略を俯瞰す...

もっと見る

家庭用ゲーム機興亡史 ゲーム機シェア争奪30年の歴史

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ファミコンで隆盛を誇った巨人・任天堂がなぜソニーに敗れたのか? 30余年に及ぶ、ゲーム業界の栄枯盛衰史。開発・販売・広報といった多角面からゲーム機、メーカーの戦略を俯瞰する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゲーム機シェア争奪?

2014/05/20 10:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よよん - この投稿者のレビュー一覧を見る

各ゲーム機メーカーとゲーム機の骨肉の争いを業界ベースで収録した本かと思いましたが、そうではなかったです。
争奪という言葉がこの本にマッチしているか・・・。
どちらかというと、各メーカーの諸事情とそのゲーム機の販売事情を個別に表現し、それらが同時期にぶつかり合うことで、どちらがより売れたかという結果に落ち着くという内容と受け取れなくもない。

某動画サイトで表現されている大きな流れを細やかに丁寧に書いたと捉えるべき内容で、動画とは違ったタッチで十分楽しませていただきました。
ロットの関係上仕方がないとは思いますが、ちょっと値段が高いかな?せいぜい1200円前後とすべきかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/26 22:17

投稿元:ブクログ

この題名、表紙、パラパラと中身を読んで思ったのがニコニコ動画に投稿されていた『ゲーム機戦争』だった。
マニアじゃないならあっちの動画のほうがいいんじゃないかな

2015/02/19 01:04

投稿元:ブクログ

ビジネス書としてもゲームファン向けとしても大変物足りない。結構な分量はあるが、内容が表面的。もう少し掘り下げて分析した方が面白いだろう。例えば、なぜ日本発のゲーム機がドミナントなのかとか、アーケードゲームやPCゲーム、スマホゲームとの関係とか。

2014/06/12 09:41

投稿元:ブクログ

主に家庭用ゲーム機の歴史をファミコンから現代に至るWiiU、PS4まで書かれている。
あるゲーム機が発売した当時の状況や、メーカーの思惑、問題点がわかりやすく述べられている。
反面、ゲーム機の普及を担うソフトについての記述は少ない。
ゲーム機の歴史を知る入門書として最適だと思う。

2015/12/03 06:47

投稿元:ブクログ

ゲーム機の誕生から現在までの変遷を辿った一冊。
機種などの画像も多く載っており、イメージが掴めながらサクサク読めました。

読んでいて懐かしく感じる機種が多く出てきたことと各社の機種に対する思惑や滅亡していった原因が本書を読んで理解できました。
セガなど事業撤退したところやスーパーファミコンが流行っていた時代、発展途上にある時にさまざまなモデルが発売されていたことやファミコンに今のネット配信に繋がるディスクシステムがあったことや3DOがマルチメディア端末の規格の名称であったり、機種が発展していくための条件などが学べ、勉強になりました。

読んでいて、現在PS4が世界で万台の売り上げを記録していますが、世界での市場がどんどん拡大していることを感じました。
スマホゲームの普及で家庭用ゲームは非常に苦境に立たされていますが、グラフィックやゲーム性だけではない、ネット環境やSNSなどを駆使して従来の概念を変える新たな発想が出たとき、また家庭用ゲームの価値について見直されるであろうと感じた一冊でした。

ゲーム一般 ランキング

ゲーム一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む