サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

浪花の太公望(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745191-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

浪花の太公望 (集英社文庫 鍋奉行犯科帳)

著者 田中 啓文 (著)

大坂庶民の夏の楽しみといえば、天神祭と鱧料理。だがこのところ、刀ばかりを狙う賊徒が横行し、東西町奉行所の与力や同心たちは祭どころではない。能天気なのは食い道楽の奉行・大邉...

もっと見る

浪花の太公望 (集英社文庫 鍋奉行犯科帳)

648(税込)

鍋奉行犯科帳 浪花の太公望

605 (税込)

鍋奉行犯科帳 浪花の太公望

ポイント :5pt / 紙の本より43おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大坂庶民の夏の楽しみといえば、天神祭と鱧料理。だがこのところ、刀ばかりを狙う賊徒が横行し、東西町奉行所の与力や同心たちは祭どころではない。能天気なのは食い道楽の奉行・大邉久右衛門のみで、騒ぎをよそに料理方の源治郎に鱧の骨切り修業を言い渡す始末。その目的が噴飯もので―(「地車囃子鱧の皮」)。他、極上の献立が彩る2編を収録。鍋奉行の名裁きが魅せる食いだおれ時代小説第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

刀ばかりを狙う賊徒が横行し、東西町奉行所の与力や同心たちは天神祭どころではない。能天気なのは食道楽の奉行・大邉久右衛門のみで…。食いだおれ時代小説第3弾。『web集英社文庫』掲載に書き下ろしを加えて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

大坂西町奉行で食い道楽の大邉久右衛門。つまらぬ意地の張り合いから、料理方の源治郎は奉行に鱧の骨切り修業を言い渡され…。グルメ満載の食いだおれ時代小説第3弾。オリジナル文庫。(解説/ 北野勇作)


【商品解説】

収録作品一覧

地車囃子鱧の皮 7−132
狸のくれた献立 135−241
釣り馬鹿に死 243−340

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奉行のファンです

2015/03/28 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hana - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズを愛読しています。今回も珍騒動がてんこ盛りでした。物語は必ずしも奉行が主だって出て来ませんが、存在感はしっかりあり、それぞれの物語の最後には奉行の『扇に一句』の趣向が欠かされていません。奉行はワガママでだらしなくて怠け者、熱心なのは食べることだけ、という人柄を貫いてますが、その根底にある公平な人間感が人柄に深みを与えています。一つ目の物語は、よくある料理漫画っぽいストーリーではありましたが、他の二つが良かったので、自作も楽しみにできるかなーと思ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/19 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/02 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/25 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/23 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/23 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る