サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

岳飛伝 9 曉角の章
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771560-6
  • 国内送料無料

紙の本

岳飛伝 9 曉角の章

著者 北方 謙三 (著)

焔筒瓢矢、宙矢ヲ垂いて、大海を紅く染め、死刀跳剣、雹霹となりて、狼牙の〓(からだ)に注ぐ。【「BOOK」データベースの商品解説】各地で戦の機運が高まり、南宋水軍は梁山泊の...

もっと見る

岳飛伝 9 曉角の章

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「岳飛伝 9 曉角の章」が含まれるセット商品

岳飛伝 17巻セット

岳飛伝 17巻セット

  • 北方謙三 著
  • 税込価格:29,376272pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

焔筒瓢矢、宙矢ヲ垂いて、大海を紅く染め、死刀跳剣、雹霹となりて、狼牙の〓(からだ)に注ぐ。【「BOOK」データベースの商品解説】

各地で戦の機運が高まり、南宋水軍は梁山泊の交易路を潰す為、沙門島を急襲。呼応して金国軍も動き始めるが、梁山泊と本格的な交戦には至らない…。『小説すばる』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

南宋水軍は梁山泊の交易路を潰す為、沙門島を急襲した。呼応して、金国軍も動き始めるが、梁山泊と本格的な交戦には至らない。一方、南の小梁山を奇妙な武器を使う刺客が襲う。各地で戦の機運が高まっていた。


【商品解説】

著者紹介

北方 謙三

略歴
〈北方謙三〉1947年唐津市生まれ。中央大学法学部卒。81年「弔鐘はるかなり」でデビュー。「水滸伝」で司馬遼太郎賞、「独り群せず」で舟橋聖一文学賞、「楊令伝」で毎日出版文化賞特別賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

開戦!

2015/01/26 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよ梁山泊、金、南宋の三国の間で戦が始まる。
まだそれほど大規模なものでもないにしても、
あちこちで、はっきりした戦いである。

静かな展開の中でひとりひとりの心情を追うのも味わい深いが、
やはり戦いになると血が騒ぐ。
激しさという点ではまだまだなのだろうが、
そこにはどこを見てもバチバチの緊張感があって、これがいい。
要するにそこには、
この長い長い物語に蓄積されてきた
戦いに対する男たち(女も)の思いが滲み出てくるのだ。
そういう時空を越えたつながりによって、味わいは深い。

終わりの方では一個の英傑の死も描かれ、また裏の暗闘も描かれる。
要するにシリーズ全盛期のハイライトを彩った要素が盛りだくさんである。
これは愉しい。
人の絆が描かれるのはいつものことだが、
これら二つのエピソードをめぐるそれがまた心に染みた。
間違いなくもっと盛り上がるであろう次巻を読むのが待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/12 07:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/26 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/13 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/05 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/25 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 08:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/17 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/27 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/05 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/12 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る